更新日2013/07/03
中華人民共和国事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00372_中華人民共和国事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0602072

プロジェクトID(旧)


0335261E0
 


915


東アジア




対象国名


中華人民共和国


12010












対象国(その他)







 





案件名(和)


ワクチン予防可能感染症のサーベイランス及びコントロールプロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20061212日20111211日
 









分野課題1


保健医療-予防接種


分野課題2


社会保障-障害者支援


分野課題3


貧困削減-貧困削減


分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


感染症対策プログラム


プログラムID


0330000000004


援助重点分野


環境問題等地球規模の問題に対処するための協力


開発課題


感染症対策






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)ワクチン予防可能感染症のサーベイランス及びコントロールプロジェクト




(英)Project for Surveillance and Control for Vaccine-Preventable Diseases

 





対象国名


中華人民共和国


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2006/12/08
 


プロジェクトサイト


江西省、四川省、甘粛省、寧夏回族自治区、新疆ウイグル自治区
 
協力期間20061212日201112月 11日
   


相手国機関名


(和)

国家衛生部、中国疾病予防コントロールセンター


相手国機関名


(英)

Ministry of Health, Center for Disease Control and Prevention









日本側協力機関名


国立国際医療センター、国立感染症研究所
 


プロジェクト概要




背景


中国は広大な国土と多様な気候・地形、膨大な人口を有することから、様々な感染症の発生地であると同時に感染者数も多い。グローバル化が進む現代、感染症も国境を越えて広がりやすくなっており、日本を含む西太平洋地区において、中国の感染症対策は大きな課題とされている。
 中国政府は感染症対策として、これまで世界保健機関(WHO)主導のもと、1978年以降約30年に亘り、子どもを主たる対象とした予防接種事業を展開してきており、子供の感染症抑制に大きな役割を果たしてきた。このうちポリオに関して、日本はWHOやUNICEFと具体的な取組みの協調を図り、無償資金協力や技術協力を通じて中国側関係者の能力向上・体制整備を支援してきており、2000年中国におけるポリオ根絶宣言はその成果の一つである。 しかしながら、改革開放政策以降中国では著しい経済成長を遂げてきている一方、沿海地域・都市部と内陸部・農村部の格差が広がっており、感染症対策に関しても特に農村部においては感染症サーベイランスの能力・体制が不十分であるために感染拡大の大きな潜在的リスクとなっている。また、近年、経済格差を背景に農村部から都市部への人口流動が年々増大しており、こうした流動人口に対してどのように教育・保健衛生などの公共サービスを提供するかということが新たな課題として浮上している。こうした課題に対応するため、特に地方農村部におけるサーベイランス水準の向上及び予防接種事業の改善を図ることが喫緊の課題である。なお、2005年9月に開催されたWHO西太平洋地区の大臣級会合において、ポリオフリーの維持並びに2012年までの麻疹排除及びB型肝炎の感染抑制が合意されたが、この目標を達成するためにも、実験室診断能力などのサーベイランス体制強化が急がれており、これまでの協力の成果への高い評価もあって日本の協力への期待が大きい。
 このような背景に基づき、本プロジェクトは、中国中西部の5省(江西省、四川省、甘粛省、寧夏回族自治区、新疆ウイグル自治区)を対象として、①臨床診断・実験室診断を含むサーベイランス水準の向上、並びに②予防接種事業の改善によって、ポリオフリーの維持及び麻疹、B型肝炎、日本脳炎の発生率低減を図り、子供の健康を改善することを目的として実施される。


上位目標


プロジェクトの実施による関連疾病のコントロールを通じて、対象省の子どもの健康が向上する


プロジェクト目標


対象省におけるサーベイランスの水準と予防接種サービスの質が向上する


成果


1. フィールドサーベイランス(定期的モニタリング、監督指導、報告システム等)が強化される
2. ポリオ実験室ネットワーク、麻疹実験室のIgM診断機能、日本脳炎実験室が強化される
3. EPIに関する国内外の関係機関の連携・協調体制が確立される
4. 予防接種サービスが改善される
5. 予防接種に関する教育、啓発活動が強化される


活動


<フィールドサーベイランス強化>
 活動1-1:(ポリオ)AFPサーベイランスのトレーニングの実施
 活動1-2:(ポリオ)AFPサーベイランスの改善
 活動1-3:(麻疹)サーベイランスに必要な疫学及び臨床診断のトレーニングの実施
 活動1-4:(麻疹)フィールドサーベイランスの改善
 活動1-5:(ポリオ・麻疹)予防接種キャンペーン(SIAs)レビューへの協力
 活動1-6:(B肝)EPI活動に必要なトレーニングの実施
 活動1-7:(B肝)モデル地域における肝炎鑑別・分類・報告システムの確立
<実験室強化>
 活動2-1:(ポリオ)中央/省実験室実技トレーニングの実施
 活動2-2:(ポリオ)JICA/WHO/衛生部のポリオ実験室レビューへの参加
 活動2-3:(麻疹)IgM診断に係るトレーニングの実施
 活動2-4:(麻疹)IgM診断に係る実験室の精度管理改善
 活動2-5:(日本脳炎)日本脳炎の流行把握のための日本脳炎流行省の実験室診断への技術的支援
<関係機関との連携・協調体制構築>
 活動3-1:プロジェクト対象省合同会議の年1回実施(活動評価、情報交換、フィードバック)
 活動3-2:(ポリオ)全国ポリオ実験室会議への参加(活動評価、情報交換、フィードバック)
 活動3-3:日中感染症情報交流会議の実施
 活動3-4:正確な対象人口把握のための計画生育委員会・母子保健・居民(村民)委員会等国内関係機関との連携
 活動3-5:予防接種サービス改善のための計画生育委員会・母子保健・居民(村民)委員会等国内関係機関との連携
 活動3-6:流動人口、辺境地域等の適齢児童に対するルーチン予防接種率向上のための対策の検討
<予防接種サービス改善>
 活動4-1:(麻疹、B肝)安全注射のトレーニング実施
 活動4-2:(ポリオ、麻疹、B肝)ワクチン副反応モニタリングのトレーニング実施
 活動4-3:(ポリオ、麻疹、B肝)正しいEPI情報収集(ワクチンログ、ワクチン管理、接種率等)のためのトレーニング実施
 活動4-4:(ポリオ、麻疹、B肝)住民ボランティアに対するコミュニケーションの仕方、宣伝広報の方法のトレーニング実施
 活動4-5:(ポリオ、麻疹、B肝)予防接種サービスのモニタリング・評価、指導の実施
 活動4-6:(ポリオ、麻疹、B肝)末端のコールドチェーン整備
 活動4-7:(ポリオ、麻疹)予防接種キャンペーン実施上の支援提供
 活動4-8:(B肝)生後24時間以内初回接種への技術支援
<教育・啓発活動強化>
 活動5-1:居民(村民)委員会のEPI啓発活動に関する役割の明確化
 活動5-2:住民啓発活動用教材(VCD等)の作成
 活動5-3:キーパーソンとの連携
 活動5-4:住民ボランティアを対象としたトレーニング実施
 活動5-5:婚姻登録時、人口登録時、学校入学時に予防接種の宣伝教育の実施


投入




日本側投入


・専門家派遣
 長期専門家(チーフアドバイザー、業務調整、実験室診断、疫学サーベイランス)
 短期専門家(疫学サーベイランス、ポリオ実験室、EPI啓発活動、地域保健等)
・本邦研修(ポリオ実験室、麻疹実験室、予防接種疫学等)
・機材供与(コールドチェーン、実験室機材等)
・プロジェクト実施運営費


相手国側投入


・カウンターパートの配置 
・施設、土地の手配
・プロジェクト実施運営費
・その他


外部条件


1)前提条件
  中国の伝染病対策が維持される
  EPIワクチンの供給が確保される
2)成果達成のための外部条件
  研修を受けた人員が定着する
  予防接種対象人口の把握に関し、関連の行政機関の協力が得られる
  対象省の感染症対策への財政支援が確保される、対象地域のEPIワクチンの供給が確保される
3)プロジェクト目標達成のための外部条件
  対象省におけるワクチン予防可能感染症に関する政策が大幅に変更されない
4)上位目標達成のための外部条件
  中国政府の予防接種事業に関連する政策が大幅に変更されない
 


実施体制




(1)現地実施体制


中華人民共和国衛生部疾病予防コントロール局免疫計画処
中国CDC(疾病予防コントロールセンター)免疫計画センター
江西省、四川省、甘粛省、寧夏回族自治区、新疆ウイグル自治区の衛生庁および省CDC


(2)国内支援体制


国立国際医療研究センター(NCGM)
国立感染症研究所(NIID)

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・ポリオ対策プロジェクト(技術協力プロジェクト)1991~1999年
・予防接種事業強化プロジェクト(技術協力プロジェクト)2000~2005年
・公衆衛生基礎施設整備事業(円借款)2004年L/A調印


(2)他ドナー等の援助活動


WHO:ポリオ根絶、麻疹排除、B型肝炎コントロールの強化、ルーチン接種、新規ワクチン、安全注射等
UNICEF:中央レベルでの政策対話、ルーチン接種改善(貴州、チベット、広西、陝西の16県)、出稼ぎ世帯児童への接種
USCDC:四川省及び貴州省における麻疹強化接種キャンペーン
GAVI(Global Alliance for Vaccines and Immunization):
 B型肝炎ワクチン及びADシリンジ提供、政策支援、TOTトレーニング等
PATH(Program for Appropriate Technology in Health):B型肝炎、日本脳炎に関する協力
世界銀行:第7次医療分野支援事業(予防可能感染症のサーベイランス及びコントロールの支援)
KfW:西部8省での保健プログラム(CDC、病院での機材整備支援)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jul.03,2013







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0602072


Title


Project for Surveillance and Control for Vaccine-Preventable Diseases






Country


CHINA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-Immunization


Field 2


Social Security-Support for Persons with Disabilities


Field 3


Poverty Reduction-Poverty Reduction






Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


Measures to Prevent and Treat Infectious Diseases


Program Number


0330000000004


Cooperation Priority Area


Cooperation towards Resolving Environment and Global Issues


Development Issue


Measures to Prevent and Treat Infectious Diseases






Project Site


Jianxi, Sichuan, Gansu, Ningxia, Xinjiang





Dec.08,2006
Term of Cooperation2006/12 ~2011/12


Implementing Organization


Ministry of Health, Center for Disease Control and Prevention


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To




Feb.22,2006

 ~

Mar.19,2006




Dec.10,2006

 ~

Dec.21,2006






























































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成18年度) (外部公開)2011/11/28
中間レビュー(平成20年度) (外部公開)2011/11/28
終了時評価(平成23年度) (外部公開)2012/08/03
報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2013/10/18
報告書(中間評価調査報告書.)(外部公開)2013/10/18
報告書(事前評価調査及び実施協議報告書)(外部公開)2013/10/18
プロジェクトホームページ(日本語) 2010/02/09
プロジェクトホームページ(中国語) 2010/02/09

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


12/12/2006
12/11/2011