更新日2016/08/05
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



1200182

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


マレーシア


11030












対象国(その他)







 





案件名(和)


障害者の社会参加支援サービスプロジェクト(フェーズ2)

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20120901日20150831日
 









分野課題1


社会保障-障害者支援


分野課題2




分野課題3




分野分類


社会福祉-社会福祉-社会福祉

 





プログラム名


国民生活向上プログラム


プログラムID


0090000000050


援助重点分野


先進国入りに向けた均衡のとれた発展の支援


開発課題


経済高度化推進と生活の質改善






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)障害者の社会参加支援サービスプロジェクト(フェーズ2)




(英)The Project to Support Participation of PWDs (Phase 2)

 





対象国名


マレーシア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2012/07/06
 


プロジェクトサイト


クアラルンプール
 
協力期間20120901日201508月 31日
   


相手国機関名


(和)

女性・家族・社会開発省


相手国機関名


(英)

Ministry of Women, Family and Community Development









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


-


上位目標


雇用に関する障害者の社会参加が促進され、改善される


プロジェクト目標


援助付き雇用の一環であるジョブ・コーチプログラムの持続的発展のための体制が確立され、ジョブ・コーチプログラムが適切な障害理解とともに全国で実施される


成果


1.マレーシア全土でジョブ・コーチサービスプログラムが持続的に運用される
2.ジョブ・コーチに係る人材育成が持続的に行われる
3.ユニットジョブコーチがジョブ・コーチプログラムの主要実施機関として強化される
4.障害平等研修が民間セクターや他機関の適切な障害理解の向上のために活用される
5.ジョブ・コーチと障害平等研修の実施を通じ得た教訓を様々な手段で周辺地域と共有する


活動


1-1.マレーシア全土を6地域に分け、ジョブ・コーチプログラムを実施する
1-2.企業及びジョブ・コーチサービス提供団体とパートナーシップ関係を築く
1-3.ジョブ・コーチサービスプログラム活用の進捗と雇用定着率をモニタリングする
1-4.企業及び障害者/NGO/CBRに対しジョブ・コーチサービスに関する広報活動を行う

2-1.政府機関、民間企業、NGOを含む全ての関連機関に対しジョブ・コーチ研修を実施する
2-2.ジョブ・コーチトレーナー研修を実施する
2-3.ジョブ・コーチシニアトレーナー研修を実施する
2-4.ジョブ・コーチトレーナー研修のモジュールを開発する

3-1.ジョブ・コーチプログラムの実施・調整機関として社会福祉局内に新設されたユニットジョブコーチの機能が明確となる
3-2.ユニットジョブコーチとジョブコーチネットワークマレーシア(JCNM)を始めとした関連機関との連携が強化される。

4-1.民間企業や団体に対し障害平等研修を実施する
4-2.障害平等研修シニアトレーナーを育成する
4-3.障害平等研修トレーナーを育成する
4-4.障害平等研修を提供する団体を強化する

5-1.障害平等研修トレーナーの域内研修を実施する
5-2.ジョブ・コーチと援助付き雇用に関する域内セミナーを実施する
5-3.ジョブ・コーチと障害平等研修に関する情報の普及活動を行う


投入




日本側投入


1.長期専門家:チーフ・アドバイザー(1名×3年間)
       業務調整(1名×3年間)
2.短期専門家:ジョブコーチ(1名×2週間×3回)
       援助付雇用(1名×2週間×3回)
障害平等研修(1名×2週間×3回)
3.本邦研修 :6名×2週間×3回
4.資機材 :必要に応じて
5.現地活動費:必要に応じて


相手国側投入


1.カウンターパートの人材配置
・プロジェクト・ディレクター(女性・家族・地域開発省事務次官)
・プロジェクト・マネージャー(社会福祉局局長)
・プロジェクト・マネージャー補佐(障害者開発局長)
・プロジェクト担当オフィサー
2.プロジェクト実施に必要な執務室および施設設備
3.プロジェクト活動経費
4.その他資機材・経費(必要に応じて)


外部条件


プロジェクト実施のための十分な予算と人材の配分が女性・家族・地域開発省、社会福祉局、障害者開発局、及び関連機関により確保される
 


実施体制




(1)現地実施体制


女性・家族・地域開発省、社会福祉局、障害者開発局、関連NGO等


(2)国内支援体制


厚生労働省
ジョブコーチネットワーク

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


技術協力プロジェクト「障害者福祉プログラム強化のための能力向上計画プロジェクト」 2005.7~2008.6

技術協力プロジェクト「障害者の社会参加支援サービスプロジェクト(フェーズ1)」   2009.9~2012.8


(2)他ドナー等の援助活動


特になし

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Aug.05,2016







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1200182


Title


The Project to Support Participation of PWDs (Phase 2)






Country


MALAYSIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Social Security-Support for Persons with Disabilities


Field 2




Field 3








Sector


Social Welfare Services-Social Welfare Services-Social Welfare Services






Program Title


Program for Improvement of Quality of Life


Program Number


0090000000050


Cooperation Priority Area


Supporting a balanced development towards Malaysia becoming a high-income nation


Development Issue


Promotion for Advancing the Economy and Improvement of Quality of Life






Project Site







Jul.06,2012
Term of Cooperation2012/09 ~2015/08


Implementing Organization


Ministry of Women, Family and Community Development


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

報告書(詳細計画策定調査報告書)(外部公開)2013/01/30
報告書(事業完了報告書(英))(外部公開)2016/05/16

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


09/01/2012
08/31/2015