更新日2010/05/18
農村開発部

プロジェクト基本情報







20220


























主管区分


本部


本部/国内機関


00166_農村開発部


在外事務所






 


案件番号




プロジェクトID(旧)


0061355E0
 


910


東南アジア




対象国名


インドネシア


11020












対象国(その他)







 





案件名(和)


動物医薬品検定計画

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間198404198903
 
延長終了日199103
 
フォローアップ期間
専門家派遣
199404199603
 









分野課題1


(旧)農業開発・農村開発-(旧)農業開発


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名




プログラムID




援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考


評価表元に作成

 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)動物医薬品検定計画




(英)

 





対象国名


インドネシア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


 
協力期間198404198903月 
  
延長終了日199103
 
フォローアップ期間
専門家派遣
199404199603
 


相手国機関名


(和)

農業省畜産総局


相手国機関名


(英)










日本側協力機関名


農林水産省
 


プロジェクト概要




背景


1-1 協力の背景
インドネシア政府は、「第3次国家開発五ヵ年計画」(1979~83年)で、農村地域の生活水準向上
を目標に掲げ、その対策の一つとして、従来の炭水化物中心の食生活を改め、栄養価の高い動物
性たんぱく質の摂取を推進するために畜産業の振興を図った。しかし衛生管理が不十分であった
ため伝染病が蔓延し、その発展が妨げられる結果となった。そのため同国政府は、全国各地に家
畜衛生センターの建設を進めた。さらに、伝染病の的確な診断・予防・治療のため、優良な動物
医薬品の安定供給が望まれていたことから、同国政府は動物医薬品検査所の設立と技術協力を我
が国に対し要請した。
1-2 協力内容
生物学的製剤と抗生物質製剤を主な対象とし、動物医薬品に関する系統だった品質管理技術を
導入・開発するために、動物医薬品検査所に対する技術移転を行った。


上位目標


動物疾病の減少と生産性の向上による畜産業の振興とそれに伴う農村地域の生活水準が向上す
る。


プロジェクト目標


生物学的製剤と抗生物質製剤を主な対象とし、動物医薬品に関する系統的な品質管理技術の導
入と開発が行われる。


成果


1)動物医薬品行政分野で、規制と技術基準が確立する。
2)動物医薬品の流通に関する承認と、品質管理に関する調査研究が発展する。
3)動物医薬品(特に生物学的製剤と抗生物質)の試験・検査制度が確立する。
4)動物摂取試験に必要な実験動物の繁殖と飼育管理体制が確立する。
5)動物医薬品行政に関し、製造業者・薬事監視員・臨床獣医の職業訓練体制が整う。


活動




投入




日本側投入




相手国側投入




外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00166







Project Headquarters in charge

As of


May.18,2010







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number




Title








Country


INDONESIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


(Prev.)Agricultural/Rural Development-(Prev.)Agricultural Development


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number




Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Term of Cooperation1984/04 ~1989/03
End of Extension at Completion1991/03
Term of Follow-up
Dispatch of Experts
1994/04 ~1996/03


Implementing Organization




Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事後評価結果要約表(平成14年度) (外部公開)2011/05/30
報告書(総合)(外部公開)2013/08/27

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


04/01/84
03/31/91