更新日2014/11/22
国内事業部(地球ひろば)

プロジェクト基本情報







30011


























主管区分


国内機関


本部/国内機関


00707_国内事業部(地球ひろば)


在外事務所






 


案件番号



0602671

プロジェクトID(旧)


0665107N0
 


925


南アジア




対象国名


スリランカ


14070












対象国(その他)







 





案件名(和)


プレスクール保育士トレーニングと子ども貯金支援事業

 





スキーム







名称(和)


草の根技協(支援型)


JPP(Support Type)

 



協力期間20050501日20070131日
 









分野課題1


その他-その他


分野課題2




分野課題3




分野分類


社会福祉-社会福祉-その他福祉

 





プログラム名


基礎教育プログラム


プログラムID


0660000000006


援助重点分野


貧困対策支援


開発課題


社会サービスの改善






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)プレスクール保育士トレーニングと子ども貯金支援事業




(英)Preschool Teacher Training and Child Savings Support in the

 





対象国名


スリランカ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2005/04/04
 


プロジェクトサイト


スリランカ南部・中部・東部
 
協力期間20050501日200701月 31日
   


相手国機関名


(和)

スランガニ・ボランタリー・サービス


相手国機関名


(英)

Surangani Voluntary Services









日本側協力機関名


スランガニ基金
 


プロジェクト概要




背景


スリランカでは近年、幼児教育の重要性が認識され、2003年に入ってからは、プレスクールを管轄する社会福祉省児童局が、設置基準化を進めている。保育者対象の研修会を開催し、質の向上を計画しているが、慢性的な資金不足で、開催は限られており、地方農村部の保育者にその機会はほとんどない。都市部には私立の研修コースなどもあるが、受講料が高く学びへの情熱はあっても受講することができず経済的に貧しい保育者の多くは、技術向上が困難な状況にある。
他方、上述の設置基準が制定された場合には、正規の保育士資格取得が必要となるが、その際には経済的理由、地理的理由により充分な技術訓練、学習を受けられなかった多くの地方の保育士達が、事業を断念しなければならなくなる恐れがあり、そのような事態のしわ寄せは教育を受ける児童たちにかぶさってくる。

 「こども貯金事業」は、政府の基準化方針にも重要視されている「積極的に父母を教育に参加させる」ツールとして、また親の経済状態による子どもの教育環境への影響を防ぐため非常に有効であり、貯蓄意識の低い多くの農村部の保護者へ貯蓄の啓蒙活動を行う意義は1石2鳥以上の効果が期待できる。
実際、試行的に「貯金事業」を導入した保育施設での効果は上がってきている。以前は預金の保管場所の安全性に問題があったため、利点を理解していながら実施を躊躇する施設が多くあったが、ロッカーの配置による安全性の改善によって積極的に導入する保育施設の増加が期待できる。


上位目標


保育士のネットワークが構築され技術、情報が共有される。スリランカの保育士全体の質が向上する。


プロジェクト目標


1.保育士が、保育士資格に必要な技術と知識を取得する。
2.保育士が教材を使った効果的な保育を行う。
3.保護者の幼児教育への理解が高まり、教育に参加する。


成果


1.保育者の保育技術が向上する。
2.絵画制作と音楽の教材が保育に活用される。
3.教育貯金が促進され、貯蓄の習慣が身に着く。
4.保育士同士の連帯が強まる。


活動


1.政府関係機関とも話合い、講師を集める。
  講師と話し合い8日間のプログラムを作る。
  5地区で4日間x2回の研修会を開催する。
2.講師陣と内容の検討をし、平和教育に役立つように他言語で作成する。
  製作、印刷製本を行う。
  研修会で使用するとともに、広範囲に配布する。
3.子ども貯金の方法を研修会で紹介する。
  スチールロッカーの引き渡しとともに保護者会を開く。
  貯金箱の配付とプログラム開始。
  巡回フォローアップ


投入




日本側投入


1.人材 プロジェクトマネージャー(日本人)
現地調整員(スリランカ人)1名
国内調整員(日本人)1名
2.資機材
教材、コンピューターおよび周辺機器、コピー機、貯金箱収納スチールロッカー


相手国側投入


人材

研修プログラムリーダー(スリランカ人1名)
研修プログラム・サブリーダー(スリランカ人1名)
貯金事業リーダー(スリランカ人1名)
テキスト編集要員 (スリランカ人1名)
研修会講師 (スリランカ人10名)


外部条件


治安によるプロジェクトへの支障が無い。
 


実施体制




(1)現地実施体制


Surangani Voluntary Services (SVS =スランガニ現地NGO)のスタッフが主となり、必要に応じ外部人材の協力を得る。現地に滞在するプロジェクトマネージャーは上記研修プログラムを総括、プロジェクトの運営、モニタリング、報告書作成を行う。


(2)国内支援体制


国内事務局がJICA八王子センターと現地の連絡、調整、団体ホームページを含む広報、経理の総括を行う。

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00707







Project Domestic Office in charge

As of


Nov.22,2014







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0602671


Title


Preschool Teacher Training and Child Savings Support in the






Country


SRI LANKA






Project Type


JPP(Support Type)






Field 1


Others-Others


Field 2




Field 3








Sector


Social Welfare Services-Social Welfare Services-Other Welfare Services






Program Title


Basic Education program


Program Number


0660000000006


Cooperation Priority Area


Poverty Alleviation and Regional Development


Development Issue


Improvement of Social Services






Project Site


Sri Lanka (Souther, Central and Eastern region)





Apr.04,2005
Term of Cooperation2005/05 ~2007/01


Implementing Organization


Surangani Voluntary Services


Background


The importance of early childhood education has been recognized recently and the child bureau under the social welfare department has been made responsible for preschool education. In 2003 they planned to standardize preschool education to improve its quality. However the chronic financial deficit has restricted the number of training sessions.

Teachers in isolated villages often do not have the opportunity to attend training sessions. There are private training courses in the cities, but it is hard for rural teachers to attend such courses. Although there is a passion for learning, there are many economically poor teachers who find it hard to participate in distant technical improvement courses. It is anticipated that the teachers with insufficient training or knowledge of teaching will not be able to acquire the qualification in the future under these circumstances, implimentation og the pre-school teachers training is required.

The Child savings program has been successful in rural areas where participating mothers are aware of the importance of savings. It has been successful in raising the consciousness of the benefits of saving for the future and through this to enabling improvements in life. The governmental standardized plan includes parent participation and this program is seen as an important part. However, there are many preschools which hesitate to implement this program because they are unable to provide a safe storage place for the piggybanks even though they understanding the advantage.


Overall Goal


To create and activate preschool teachers network islandwide. Many necessary information and teaching skills will be shared by the its net work. Thereafter quality of the teachers will be improved.


Project Purpose



The improvement in skill and build motivation of teacher to create better leaning enviroument for children.
Moreover, the woman of isolated village and a guardian participate in preschool activity to let them understand educational importance and improvement in a living environment.


Output


1. To organize Fourday training courses at least twice in each project site.
2. To produce and provide picture book and teaching materials.
3. To introduce saving scheme to children and their parents.
4. Provide steel locker to training participated preschools.
5. Provide money box (piggy bank) to children under trained preschool teachers.


Project Activities


1. To create better learning environment for preschool education Teacher training,
2. To organize preschool federation, Picturebook library, Health program etc.


Input Summary byJapanese Side


Project Manager, Coordinators, Utilities, Equipment and Materials










Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



JICA partnership program mission

Oct.13,2005

 ~

Oct.22,2005




































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


05/01/2005
01/31/2007