更新日2015/06/26
国内事業部(地球ひろば)

プロジェクト基本情報







30011


























主管区分


国内機関


本部/国内機関


00707_国内事業部(地球ひろば)


在外事務所






 


案件番号



0601600

プロジェクトID(旧)


0265033N0
 


910


東南アジア




対象国名


東ティモール


11090












対象国(その他)







 





案件名(和)


東ティモール、エルメラ県における口腔健康管理と医療補助者育成プログラム

 





スキーム







名称(和)


草の根技協(支援型)


JPP(Support Type)

 



協力期間20051101日20061130日
 









分野課題1


その他-その他


分野課題2




分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


0269999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)東ティモール、エルメラ県における口腔健康管理と医療補助者育成プログラム




(英)The Cultivate Programs for Medical Assistants and Oral Health Control at Liquica

 





対象国名


東ティモール


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2005/12/08
 


プロジェクトサイト


 
協力期間20051101日200611月 30日
   


相手国機関名


(和)

ウダラモファウンデーション


相手国機関名


(英)

Uh Daramo Foundation









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


元来、経済や教育、医療・保健を含む全てのインフラの整備をインドネシアに依存してきた東ティモールは、独立後、ほとんどのインドネシア人が東ティモールを去り、極端な人材不足に陥っている。保健・医療に関しても、その殆どをインドネシアに頼ってきたため、東ティモール人の医療担当者は極端に少なく国民の健康を管理できる状況にはない。歯科医師・看護士やデンタルナースなど医療を担当する人材も極端に不足しており、且つ資格を持った医療従事者であっても仕事をすべき機関・システムがない状況である。
 保健・医療行政はそれぞれの国にとって最もプライオリティーが高い施策の一つである。しかし、同時に保健・医療を担う人材を供給するには長期的な戦略と多大な費用が掛かる。地勢的にみて、東ティモールは島の中央に山脈がとおり、道路網の整備が不十分な事に加え、奥地では治安の回復が思わしくない事情もあり、それが医療提供を妨げている要因の一つになっている。リキサ県は首都ディリより西側に面する隣の県で、海岸沿いではあるがその全土は山岳地帯である。不十分な道路網と未整備から村々を訪れるのは大変困難である。リキサ県はリキサ、マウバラ、バザルテテの3つの市(23村)135からなり、人口は2004年次で55058人(11099世帯、男27786人女27272人)である。医療環境は県庁所在地のリキサに病院を構え、ヘルスセンターはLIQUICA郡、MAUBARA郡、BAZARTETE郡にそれぞれ一ヶ所づつ3ヵ所、Health Postと言われる小規模の保健センターは9ヶ所ある。リキサの病院にはキューバ人医師が2名常勤している。月1度県行政府による巡回診療が実施されている。巡回診療の内容は母子健康保健、予防接種であり、また地域によっては教会のシスターによる薬品の配布をおこなっているところもあるが、月一回の診療では十分ではなく、保健センターといえども電気、水道の整備されているところはほとんどなく医療供給状況は十分とはいえない。
 今回リキサ県を対象地域としたのは、本件実施団体の行っている歯科医療復興プロジェクトへの積極的な参加をリキサ県知事より要請があったことに起因している。前述の通り、土地のほとんどが山岳地帯であるために人々の移動は困難で、各村々への医療の提供となると常駐する看護師がいないため訪問診療という形になるが、県の財政状況から必要性は認知していても行動できない状況である。


上位目標


リキサ県住民を対象とした口腔健康管理サービス(巡回型歯科医療システム、予防・啓発プログラム)が定着する。


プロジェクト目標


対象地域の医療担当者の口腔健康管理サービス(巡回型診療、予防・啓発プログラム)の実施に対する能力・知識が向上する。


成果


1.対象地域における医療従事者(医師・歯科医師・看護士・助産士・デンタルナース)の巡回型歯科医療手法への理解が高まり、実施される
2.対象地域の医療担当者の知識及び医療技術が向上する(口腔感染症に対する理解能力と予防プロジェクトの実施能力が向上する)


活動


1.予防・啓発プログラムを中心とした巡回型診療を実施する(リキサ県内におけるヘルスセンターあるいはコミューンをベースとする)。
予防・啓発プログラム :24回開催予定
プライマリーヘルスケア:週3回実施予定(歯周炎・歯肉炎の処置、う蝕症の治療、口腔感染症予防)

2.対象地域の医療担当者に対し医療知識・技術の向上のための研修会を実施する。
2-1.対象地域での研修会へ参加する医療担当者(医療担当者については前述)を確保する
2-2.医療担当者への研修会を実施する(研修会実施:24回予定)
2-3.対象地域での医療担当者のネットワーク組織を作る(対象地域での医療担当者のリーダーが育成される)


投入




日本側投入


人材: 
プロジェクトリーダー (日本人) 1名
現地調整員(日本人)1名
現地調整員補佐(日本人)1名
短期派遣専門家(4名、内1名は国内調整員と兼務)
国内調整員(日本人) 1名


相手国側投入


人材:  
現地調整員(東ティモール人看護師) 1名
現地調整員(東ティモール事務職員・ドライバーを含む) 4名

資機材:
検査用機材、プライマリー・ヘルス・ケアー用資材: 超音波スケーラー、ポータブル歯牙切削機、充填機器、研修用機材(コピー機、コンピューター、プリンター、プロジェクターなど)

施設:
事務所 ディリー市内


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00707







Project Domestic Office in charge

As of


Jun.26,2015







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0601600


Title


The Cultivate Programs for Medical Assistants and Oral Health Control at Liquica






Country


TIMOR-LESTE






Project Type


JPP(Support Type)






Field 1


Others-Others


Field 2




Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


-


Program Number


0269999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site







Dec.08,2005
Term of Cooperation2005/11 ~2006/11


Implementing Organization


Uh Daramo Foundation


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side












Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表


11/01/2005
11/30/2006