更新日2012/01/05
経済基盤開発部

プロジェクト基本情報







20190


























主管区分


本部


本部/国内機関


01685_経済基盤開発部


在外事務所






 


案件番号



0603209

プロジェクトID(旧)


2481036F0
 


200


北米・中南米地域




対象国名


ニカラグア


31200












対象国(その他)







 





案件名(和)


防災地図・情報基盤整備計画調査

 





スキーム







名称(和)


開発調査


Development Study

 



協力期間20031001日20061201日
 









分野課題1


その他-その他


分野課題2




分野課題3




分野分類


公共・公益事業-社会基盤-測量・地図

 





プログラム名


ニカラグア その他プログラム


プログラムID


2489999999999


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)防災地図・情報基盤整備計画調査




(英)undefined

 





対象国名


ニカラグア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2003/10/01
 


プロジェクトサイト


 
協力期間20031001日200612月 01日
   


相手国機関名


(和)

国土調査院


相手国機関名


(英)

Nicaraguan Institute of Territory Studies (INETER)









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


「ニ」国太平洋側地域はハリケーン、地震、火山噴火等の自然災害の危険に常に晒されている。古い例では1972年のマナグア大地震、最近の例では1998年のハリケーンミッチにより多大な犠牲者が出ている。「ニ」国が策定した貧困削減戦略ペーパー(PRSP)の第三の柱として弱者保護が挙げられており、災害保護、救済等も含まれている。 特にハリケーンミッチ以降「ニ」国として災害への対策が急務となり、2000年に副大統領府に関連国家機関の連絡委員会である国家防災委員会(National System for the Prevention,Mitigation and Attention of Disasters;SINAPRED)が創設され、国土調査院(Nicaraguan Institute of Territory Studies;INETER)は、防災地図の中の災害予測図(ハザードマップ)及び国土基本図の作成を担当している。
 しかしながら、防災、災害対策の基本となる災害、気象情報データベース、防災地図は一部地域を除き整備されていない。肝心の1/50,000の国土基本図も1980年代の内戦の混乱でその原版はINETERになく、等高線データについても1946年~1972年に精度上問題のある旧型のアナログ図化機でつくられたものから更新されてなく、変化率も30%以上である。 
その様な状況下、INETERは、人口及び生産活動が集中する「ニ」国太平洋側地域の約20,000km2の新たな最新のデジタルの国土基本図・GISデータ基盤の整備、防災地図の作成、更には、それらを活用しての地方防災計画の策定について、当方に要請してきたものである。
 これを受け、我が国は事前調査団を派遣し、2003年8月27日にS/Wを署名交換し、国土基本図(1/50,000)の新規作成(約20,000km2)と防災地図(災害予測図;ハザードマップ)の作成協力について、本調査を実施することになったものである。
 なお、2年次においては、別途JICAで実施中であったマナグア市中長期上水道施設改善計画において、マナグア市内のGISデータ基盤が必要となったため、1/5,000の地形図を200km2作成を開始し、第3年次においても引き続き、マナグア市内1/5,000の地形図200km2を完成させるべく、現地補測以降の業務及びそれらに関する技術移転業務を実施した。


上位目標


当該国における防災管理能力及びGISを含む地形図作成管理技術の向上がはかられること


プロジェクト目標


1)「ニ」国太平洋側地域の約20,000km2において、デジタル国土基本図(1/50,000)及びマナグア市都市基本図(1/5,000)200km2のデジタルデータを作成するとともにGISデータ基盤の整備を行う。
2)GISデータ基盤を活用した防災地図(災害予測図;ハザードマップ)の作成


成果


1)空中写真(白黒1/40,000) ネガフィルム及び密着印画写真
2)空中写真(カラー1/20,000)ネガフィルム(火山地形判読用)
3)国土基本図(1/50,000)印刷図及びデジタルデータ
4)都市基本図(1/5,000)デジタルデータ
5)防災地図(災害予測図;ハザードマップ)印刷図及びデジタルデータ


活動


(1)地形図分野に係る既存資料及び状況の確認並びに協議
(2)空中写真撮影(縮尺1:40,000の白黒航空写真)約12,000km2
空中写真撮影(縮尺1:20,000のカラー航空写真)約1,400km2;火山地形判読用
(3)「ニ」国太平洋岸のデジタル国土基本図(縮尺1:50,000)の新規作成 約20,000km2
 1)標定点測量(刺針)
 2)空中三角測量
 3)現地調査・写真判読
 4)数値図化
 5)数値編集・構造化
 6)現地補測調査・補測編集
 7)GIS構造化
 8)成果品の作成(CD-ROM、製版フィルム、印刷図等)
(4)マナグア市のデジタル都市基本図(縮尺1:5,000)の新規作成 約200km2
 1)標定点測量(刺針)
 2)空中三角測量
 3)現地調査・写真判読
 4)数値図化
 5)数値編集・構造化
 6)現地補測調査・補測編集
 7)GIS構造化
 8)成果品の作成(CD-ROM等)
(5)防災地図(災害予測図;ハザードマップ)の作成
 GISデータ基盤を活用した防災地図(災害予測図;ハザードマップ)の作成
 1)火山(1/50,000):テリカ、エルオーヨ火山帯 約1,300km2
 2)地震(1/50,000):マナグア都市圏 約700km2
 3)洪水(1/50,000):ラ・マラビラ川(マサチャパ市)約100km2
 4)津波(1/50,000):コリント市、プエルト・サンディーノ市、マサチャパ市、サン・ファン・デル・スル市                                      海岸線延長約120km  
 5)成果品の作成(CD-ROM、製版フィルム、印刷図等等)
(6)その他
 1)デジタル国土基本図及び防災地図作成に係る技術移転
 2)GISを始めとするデジタルデータの活用についての技術移転


投入




日本側投入


1.調査団員
1)総括
2)副総括(撮影監督・地形図編集監督)
3)評定点測量・現地調査1監督
4)評定点測量・現地調査2監督
5)数値図化・編集監督
6)GISデータベース構造化監督
7)GIS解析監督
8)印刷用データ記号化監督
9)副総括・地震・地質調査
10)火山
11)洪水・地形調査
12)津波調査
13)シミュレーション技術移転
 人月88.40M/M
2.技術評価審査団員
 基本図計画/機材計画、技術移転計画/調査事業計画 … 2名
 人月7.00M/M
3.調査監理団員
 調査監理 … 1名
4.機材調達
 デジタル写真測量システム、デジタルマップ編集システム、データベース構築システム、地図記号化システム、GIS応用システム(ハザードマップ用)及びGISシュミレーションシステム(ハザードマップ用)


相手国側投入


1.カウンターパートの配置(実質的な作業の一部分担)
2.施設(オフィススペース等)
3.その他(機材等に対する免税措置)


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


調査団員の指導の下、主にカウンターパートが実施する。


(2)国内支援体制


技術評価審査

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1.南南協力によりメキシコ自治大学による火山ハザードマップ(コンセプシオン)を作成している。
2.開発調査「北部太平洋岸地域防災森林管理計画」(00-05)
3.開発調査「主要道路網の自然災害に対する脆弱性診断及び道路防災計画」(01-02)


(2)他ドナー等の援助活動


1.チェコによるマナグア市の地震防災地図の作成
2.USGSによるモンバチョのラハール(火山泥流)調査
3.WBにより30の自治体に於いて、地震、地すべり、洪水、火山の被害想定図(リスクマップ)の作 成を実施予定。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
01685







Project Headquarters in charge

As of


Jan.05,2012







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0603209


Title


undefined






Country


NICARAGUA






Project Type


Development Study






Field 1


Others-Others


Field 2




Field 3








Sector


Public Works/Utilities-Social Infrastructure-Measurement/Map






Program Title




Program Number


2489999999999


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Oct.01,2003
Term of Cooperation2003/10 ~2006/12


Implementing Organization


Nicaraguan Institute of Territory Studies (INETER)


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事業事前評価表(平成15年度) (外部公開)2010/03/15

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表

2

10/01/2003
12/01/2006