更新日2018/10/13
農村開発部

プロジェクト基本情報







20220


























主管区分


本部


本部/国内機関


00166_農村開発部


在外事務所






 


案件番号



1203109

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


コートジボワール


41350












対象国(その他)







 





案件名(和)


農業技術アドバイザー

 





スキーム







名称(和)


個別案件(専門家)


Aid in singular form (Expert)

 



協力期間20130315日20150315日
 









分野課題1


農業開発-農業政策


分野課題2




分野課題3




分野分類


農林水産-農業-農業一般

 





プログラム名


一次産業振興プログラム


プログラムID


5870000000008


援助重点分野


持続的な経済成長の推進


開発課題


一次産業の振興






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)農業技術アドバイザー




(英)Technical Advisor on Agriculture

 





対象国名


コートジボワール


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


コートジボワール全土及び周辺国
 
協力期間20130315日201503月 15日
   


相手国機関名


(和)

農業省


相手国機関名


(英)

Ministry of Agriculture









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


コートジボワール(以下「コ」国)は、独立以降、安定的な政権運営のもと、カカオ、コーヒー、天然ゴムなどの輸出や運輸交通・貿易により高い経済発展を遂げ地域の経済大国となったが、90年代後半に始まった政治的混乱は、2002年に内戦に発展し、国が南北に分断される事態となった。2010年の大統領選挙後再び内戦化し、翌年最終的に武力による終結を見た。その後、一連の民主化プロセスを経て、情勢及び国の経済状況は回復の兆しを見せている。
 「コ」国において、農業はGDPの22%を占める産業であり、国家の持続的な成長のためには農業開発の推進が必要不可欠である。「コ」国政府は農業セクターを強化するために、2010年に①農業生産性と農業生産にかかる競争力の向上②農業産業(Filieres)の開発③農業セクターのガバナンス強化④農業関係者の能力強化を柱とする国家農業投資計画(PNIA)を策定するとともに、その後計画実現のために詳細投資計画(PID)を策定し、同計画の効果的な実施のために各国に協力を求めている。
我が国は、1990年代以降、農業・農村開発支援を行っており、2000年以降は技術協力プロジェクト「小規模灌漑稲作営農改善計画」、「稲作振興計画(低湿地改修、種子生産、事務機材支援プロジェクト)」を実施するなど稲作への支援を強化してきたが、2002年11月以降は協力を中断している。現在、「コ」国に対する本格的な協力再開に向けた準備を進めており、「第一次産業(農業・水産業)を中心とする経済成長回復プログラム(暫定)」を検討中である。「コ」国は、我が国による農業・農村開発分野の過去の支援を高く評価しており、農業・農村開発セクターにおける組織能力強化、二国間協力の更なる推進、アフリカ稲作振興(CARDイニシアチブ)の推進に向けた技術支援を実施する個別専門家派遣(2年間)を要請した。
 本専門家は、「コ」国農業省に常駐し、JICAと農業省(及び「コ」国関係機関)、農業・農村開発ドナー等との恒常的な連絡・調整、協議実施、調査団・特命事項対応等を行うとともに、「コ」国の農業・農村開発セクターに係る現状調査・課題分析を行い報告書にまとめる。また、我が国が推進するアフリカ稲作振興(CARDイニシアチブ)のための協力案件の具体化、及び「コ」国の豊富なポテンシャルを生かしたアグリビジネスを含む他作物に関する協力計画策定、新規案件発掘・形成の可能性を検討し、上記「第一次産業(農業・水産業)を中心とする経済成長回復プログラム(暫定)」を具現化するために中心的な役割を果たすことが期待されている。


上位目標


「コ」国及び周辺国における農業・農村開発分野での協力を通じて同地域農業セクターが発展し、経済開発が促進される。


プロジェクト目標


・「コ」国及び周辺国において、経済開発の促進に資する農業セクターへの協力が促進される。
・「コ」国及び周辺国のコメおよび他作物の産業開発に貢献する。


成果


・「コ」国及び周辺国の農業セクターの産業開発戦略に沿って課題及び解決策が具体化される。
・「コ」国及び周辺国の国家稲作開発戦略(SNDR)に沿った稲作協力案件が形成される。
・「コ」国及び周辺国の農業を管轄する省の計画担当職員の政策・制度策定、事業形成能力が強化される。


活動


・実施済みの農業分野基礎情報収集調査の結果をもとに、農業省を始めとする政府関係機関の組織体制、政策、制度及び農業農村開発に関する他ドナー、NGO、民間企業(外国企業、ローカル企業)の動きについて把握する。
・「コ」国周辺国における上記情報を収集する。
・「コ」国及び周辺国の稲作開発関係者に助言・指導を行い、「コ」国及び周辺国におけるCARD推進に向けた取り組みを支援する。
・「コ」国及び周辺国の農村開発ドナー会合の開催支援を行い、C/P機関と関係機関、ドナー間における情報共有及び意見交換の促進を図る。
・我が国と「コ」国及び周辺国の現在及び今後の取り組みにおける協力関係強化に向け、収集した情報を分析し、「コ」国及び周辺国の政府として取り組むべき農業・農村開発分野の主な課題について整理する。
・我が国と「コ」国及び周辺国のの現在及び今後の取り組みにおける協力関係強化に向け、我が国と「コ」国及び周辺国との間で実施が予定される政策協議・実務者協議に出席し助言・提言等の支援を行う。


投入




日本側投入


・専門家の派遣
・在外事業強化費(アフリカ部より別途執行依頼予定)
・携行機材(車輛など)


相手国側投入


・農業省内執務室の提供
・執務室の維持管理
・会議室の供用


外部条件


アビジャン市の治安は、警察、軍、及び国連コートジボワール活動(ONUCI)による巡回等により、国内他地域と比べると比較的保たれているものの、前政権派によるクーデター計画や治安関連施設への襲撃事件等がいまだ発生しており、治安情勢には十分注意のうえ、深夜、早朝の外出はしないなどの安全対策にも十分に留意する必要がある。
 


実施体制




(1)現地実施体制


農業省企画・計画管理・統計総局


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・我が国はこれまで「コ」国に対して「グラン・ラウ農業機械化センター建設計画(無償)」「小規模灌漑稲作営農改善計画(フェーズ1)」等を通じて稲作協力を行っており、本専門家要請と並行して2002年に中断した技術協力プロジェクト「小規模灌漑稲作営農改善計画(フェーズ2)」の再開要請が提出されている。
・2009年KR見返り資金を活用した「稲作振興計画(低湿地改修、種子生産、事務機材支援プロジェクト)」が国家稲作開発公社
(ONDR)により実施されている。


(2)他ドナー等の援助活動


・「コ」国の農業セクターには世銀、アフリカ開銀、イスラム開銀、FAO、IFAD、EU、AFD、GIZ、中国等多くのドナーが協力している。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Rural Development Department00166Rural Development Department







Project Headquarters in charge

As of


Oct.13,2018







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Rural Development Department






Project Number


1203109


Title


Technical Advisor on Agriculture






Country


COTE D'IVOIRE






Project Type


Aid in singular form (Expert)






Field 1


Agricultural Development-Agricultural Policy


Field 2




Field 3








Sector


Agriculture/Forestry/Fisheries-Agriculture-Agriculture/General






Program Title


PROGRAMME DE PROMOTION DU SECTEUR PRIMAIRE


Program Number


5870000000008


Cooperation Priority Area




Development Issue


PROMOTION DE SECTEUR PRIMAIRE






Project Site







Term of Cooperation2013/03 ~2015/03


Implementing Organization


Ministry of Agriculture


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


03/15/2013
03/15/2015