更新日2013/06/15
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



0602636

プロジェクトID(旧)


0661168F0
 


925


南アジア




対象国名


スリランカ


14070












対象国(その他)







 





案件名(和)


保健システム管理強化計画調査

 





スキーム







名称(和)


開発調査


Development Study

 



協力期間20051026日20070930日
 









分野課題1


その他-その他


分野課題2




分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


保健医療プログラム


プログラムID


0660000000008


援助重点分野


脆弱性の軽減


開発課題


脆弱性軽減のための社会基盤整備






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)保健システム管理強化計画調査




(英)The Study on Evidence-Based Management for the Health System

 





対象国名


スリランカ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2004/09/16
 


プロジェクトサイト


 
協力期間20051026日200709月 30日
   


相手国機関名


(和)

スリランカ国保健省


相手国機関名


(英)

Ministry of Healthcare and Nutrition









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


スリランカ国(面積6万2705km2 人口1,925万人、1人当りGNP935$)は、社会福祉重点政策をとってきた結果、その所得レベルに比し先進国並みの良好な保 健指標(乳児死亡率11、平均余命73歳)を達成・維持してきたが、疾病構造が感染症優位型から慢性疾患優位型へ変わり、その対応のためコストが増大する中で、税金による 医療費無料制度を維持しているため財源不足が深刻になっている。また、縦割りで硬直的な保健行政や病院マネジメントに対する保守的な反応などのため、新たな保健ニーズへの 効果的な対応ができないでいる。 このように保健医療制度の見直しが求められるなかで、JICAが2002年から2003年にかけて実施した保健医療制度改善計画(開発調査フェーズ1)では、保健セクター 改革のための政策・戦略を定めたマスタープランを策定した。同プランでは5つの戦略目標のもと、個別の疾病対策からリソースマネジメントまで包括的な77のプロジェクトを 提案した。同プランの実施には保健省の力だけでは不十分であり、プロジェクトの実施のためのメカニズム検討や保健セクター改革のためのシステム整備を支援するためにも、さ らなる技術支援が必要となっている。


上位目標


スリランカ保健セクターにおける保健医療行政能力が向上する。


プロジェクト目標


1.Health Master Planにおいて提言された優先プロジェクトがスリランカ保健省に政策して取り入れられ、国家の事業として実行にうつされる。 2.Health Master Planの枠組みの中でスリランカ側の保健医療行政のマネジメント能力が向上する。


成果


1.5S-TQM運動を通じて病院の業務改善が改善する。 2.保健医療サービスのコスト分析がなされ、ユニットコストが明らかになる。 3.慢性疾患の予防策が提案される。


活動


(a) 5S-TQM導入による病院における業務改善 1 対象病院の選定及び現状調査 2 5S運動定着度の評価 3 選定病院における業務改善ユニットの編成 4 5S-TQM活動展開のためのセミナーの開催 5 選定病院における5S運動の展開 6 5S運動の評価 7 選定病院における評価指標モニタリング 8 全国展開に向けてのアクションプラン策定 9 外部向けセミナーの開催 (b) 保健医療サービスのコスト分析 1 対象病院の選定及び現状調査 2 コスト分析のトレーニング用マニュアルの作成 3 選定病院におけるコスト分析ユニットの編成 4 選定病院におけるコスト分析調査工程の作成 5 選定病院におけるスタッフ向けセミナーの実施 6 選定病院におけるコスト分析の実施 7 代表的疾患治療に必要な医療サービスの標準コストの作成 8 外部向けセミナーの開催 (c)包括的な慢性疾患調査とその予防策策定 1 生活習慣病対策に関する現状調査 2 生活習慣病リスク要因の調査 3 生活習慣病予防対策の国家レベルにおける戦略計画の策定 4 社会マーケティング活動に関するアクションプランの作成 5 地方における執行計画の策定支援 6 セミナーの開催


投入




日本側投入


調査団派遣 4名 (総括/保健計画、副総括/慢性疾患対策、病院管理/TQM、病院情報/病院財務)


相手国側投入


カウンターパートチームの編成、配置 ステアリングコミティの編成、配置 その他S/Wにおいて合意された便宜供与


外部条件


Health Master Planが閣議承認に向けてスリランカ側にて議論をされており、早ければ2006年春に白書として承認予定。 世銀がSLHDPという約65億円の無償資金協力を保健セクターに対し実施中であり、慢性疾患対策に関する協力を実施する予定。また、病院サービスのコンポーネントとし て、南部州、ウヴァ州の病院全の5S-TQM活動による業務改善に対し協力を実施する予定。
 


実施体制




(1)現地実施体制


JICAスリランカ事務所


(2)国内支援体制


国内支援委員会の編成

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1.JICA 1)保健医療制度改善計画(開発調査)2002.3~2004.1 スリランカの保健セクターのマスタープランを作 成。現在国家計画としてスリランカ側にて承認手続中。 2)ヘルス・プロモーション・学校保健改善プロジェクト(個別専門家;継続案件)2004.1.22~2005.12.25 3)保健政策アドバイザー(個別専門家)2005年~2007年の2年間 2.JBIC 1)Small-Scale Infrastructure Rehabilitation and Upgrading Project II(SIRUP II)予 算配分が十分 になされない地方部の公共活動に対し、貧困削減の観点から実施されるローン。2004年から2007年に保 健セクターには63億円の投入。


(2)他ドナー等の援助活動


1.世銀 1)Sri Lanka Health Sector Development(SLHSDP):保健セクターに対する無償資金協力で2004年から 2年間で約65億円の投入を予定。 2)Poverty Reduction Support Credit(PRSC):プログラムローンの一形態で、PRSPに基づくコンサ ルテーションとドナーコーディネーションの下で実施され、特にオーナーシップに基づくことを示 す借り手側のアクションを融資の条件(トリガー)としている。2年間で約178億円の投入を予定して いたが、2004年4月の政権交代に伴い現在実施を見合わせている。 2.WHO 1)National Quality Assurance Program 2004年に23の病院を対象に5S-TQM運動を実施し、2005年度も別の30病院に運動を導入すること を検討中。 3.UNICEF 1)Early Childhood Program:中期戦略プランに基き栄養、水と衛生の分野で協力を実施。その中の救急 産科プロジェクトでは病院における産科サービス改善のため、施設回収、機材供与、救急車供与 などを実施。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Jun.15,2013







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0602636


Title


The Study on Evidence-Based Management for the Health System






Country


SRI LANKA






Project Type


Development Study






Field 1


Others-Others


Field 2




Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


Health and Medical Sector Program


Program Number


0660000000008


Cooperation Priority Area


Mitigation of vulnerability


Development Issue


Social infrastructure development to mitigate vulnerability






Project Site







Sep.16,2004
Term of Cooperation2005/10 ~2007/09


Implementing Organization


Ministry of Healthcare and Nutrition


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To




Sep.08,2004

 ~

Sep.17,2004




































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ


レファレンスプロジェクト


コメント


Sri Lanka Health Sector Development Project (The World Bank)

 







各文書へのリンク

事前評価(平成16年度) (外部公開)2011/11/24
S/W(外部公開)2006/01/27
報告書(final report )(外部公開)2012/01/10
報告書(最終 和文要約)(外部公開)2012/01/10

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表

2

10/26/2005
09/30/2007