更新日2019/02/01
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



1600240

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


ガーナ


41150












対象国(その他)







 





案件名(和)


北部3州におけるライフコースアプローチに基く地域保健医療サービス強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20170531日20220702日
 









分野課題1


保健医療-保健医療システム


分野課題2




分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-基礎保健

 





プログラム名


アッパーウエスト州母子保健サービス強化プログラム


プログラムID


5120000000032


援助重点分野


保健・理数科教育


開発課題


保健






実施状況


実施中


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)北部3州におけるライフコースアプローチに基く地域保健医療サービス強化プロジェクト




(英)Project for Strengthening Community based Health Services focusing on the Life-Course Approach in the three Northern Regions

 





対象国名


ガーナ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2016/11/29
 


プロジェクトサイト


アッパーウエスト州、アッパーイースト州、ノーザン州
 
協力期間20170531日202207月 02日
   


相手国機関名


(和)

ガーナ保健サービス


相手国機関名


(英)

Ghana Health Service









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


(1)当該国における保健セクターの開発実績(現状)と課題
ガーナ共和国(以下、ガーナという)の保健セクターにおいては、母子保健、感染症等のサービスは改善されつつあり、MDG目標値は達成しなかったものの、一定の成果をあげてきた(1990年から2013年に妊産婦死亡率は760から380(出生10万対)に低減、5歳未満児死亡率は128から78(出生千対)に低減、WHO)。近年ガーナは、社会の移行期、すなわち人口的には高齢化の進行、疾病疫学的には慢性疾患の増大やコレラ等の突発的な流行、社会経済的には低中進国への移行と政府の財政管理難、行政的には地方分権化が進んでいる。特に、開発の恩恵が届かない北部では貧困度が高く(70%)、基礎的保健サービスも他の都市部と比較し、北部州では医師1名あたりのカバー人口が約5万7千人(アクラ約4千8百人)等となっており保健サービスにおいても地域間格差が拡大しており、同地域に対する取り組みが急務とされている。また、あらゆる年齢層の健康増進や予防保健を図るライフコースアプローチを通じて、母子保健や感染症等の従来の保健課題に比して保健財政への負荷が大きい慢性疾患に対応していくことは、地域保健のみならず保健財政の観点からも重要課題となっている。
同国では、これらの課題に対し、1999年に国家政策として「Community-based Health Planning and Services (CHPS)」を策定した。これに基づき、プライマリ・ヘルス・ケアを基本とした地域保健サービスを推進していくこととしている。また、CHPS政策の実施機関であるガーナ保健サービスの計画及び実施能力の向上、地域保健サービスにおける慢性疾患や高齢化、栄養などのポスト2015開発課題対策の導入、地域住民や地方政府の参画等によるCHPS政策の推進が必要とされている。さらに、CHPS政策実施に伴う知見や教訓等を州間や他州へ共有し、政策に反映させていくこと等が望まれている。
(2)当該国における保健セクターの開発政策と本事業の位置づけ
ガーナ政府は、中期国家開発政策「Ghana Shared Growth and Development Agenda II (GSGDA II) 2014-2017」にて、保健セクターを重点分野の一つに位置づけている。それを受けて、保健セクターの中期開発計画「The Health Sector Medium Term Development Plan (HSMTDP) 2014-2017」において、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の達成を目標に、保健サービスの地理的アクセスの是正、持続的な保健財政、保健システムのマネジメント強化、非感染性疾患の対策強化等の6つの戦略を定めた。
本事業では我が国の「国際保健政策2011-2015」でガーナがパイロット国となって実施された「EMBRACE(Ensure Mothers and Babies’ Regular Access to Care)実施研究」(2012年~2016年)の成果(母子継続ケアには、保健システムと地域社会の連携が重要であることが確認されたこと)を、ライフコースアプローチの一環として活用し、サービスへのアクセス拡大を図っていくこと、ひいてはUHCの達成に貢献することが期待されている。
(3)保健セクターに対する我が国及びJICAの援助方針と実績
本案件は、我が国の対ガーナ国別援助方針(2012年4月)の重点分野のうち、「ガーナ北部におけるコミュニティ保健システム強化プログラム」に位置付けられる。本案件はUHC推進への貢献案件であり、「国際保健外交戦略」、「国際保健のためのG7伊勢志摩ビジョン」に続き、「TICAD VIナイロビ宣言」では当該国はUHC推進重点国に選定され、継続してアフリカにおけるUHC推進に向けた取り組みに合致する。
これまでの支援実績は以下のとおり。
ガーナ国「貧困削減戦略支援無償(保健)」(2011-実施中)
ガーナ国「アッパーウエスト州地域保健機能を活用した妊産婦・新生児保健サービス改善プロジェクト」(2011-2016)
ガーナ国「EMBRACE実施研究」(2012-2016)及び同研究フォローアップ(実施中)
ガーナ国「アッパーウエスト州地域保健施設整備計画」(2012-2016)
ガーナ国「ガーナにおける感染症サーベイランス体制強化とコレラ菌・HIV等の腸管粘膜感染防御に関する研究」(2016-2021)
ガーナ国「野口記念医学研究所先端感染症研究センター建設計画」(2016-)
(4)他の援助機関の対応
 USAIDはノーザン州を含む5州で保健システム強化に係る支援、世界銀行はCHPSに係る支援、DFIDはCHPSへの財政支援、KOICAはアッパーイースト(UE)州におけるCHPS政策、UNICEFは栄養と新生児ケア、UNFPAはリプロダクティブへルスの分野で北部3州の支援を行っている。


上位目標


北部3州においてCHPSを通じたプライマリ・ヘルス・ケアのアクセスと利用が改善されることにより、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジの達成に貢献する。


プロジェクト目標


北部3州においてライフコースアプローチに基づく地域保健医療サービスが強化される。


成果


成果1.健康教育・住民参加促進・リファラルなどのPHCサービスを地域住民に提供する駐在地域保健師(Community Health Officers(CHO))及び亜郡・郡・州の保健医療チームの国家基準に基づいたCHPSの計画及び実施の能力が強化される。
成果2.CHPSのコミュニティ活動が強化される。
成果3.地元政府(郡議会)及び関係者によるCHPSのガバナンスが強化される。
成果4ライフコースアプローチがCHPSのサービスパッケージ(ミニマムパッケージ)の中で取り組まれるようになる。


活動




投入




日本側投入


JICA専門家(チーフアドバイザー、保健システムマネジメント/ガバナンス、地域保健/ヘルスプロモーション/IEC、地域保健/栄養/非感染性疾患、業務調整/研修管理等 総計154M/M)、日本での研修(地域保健、栄養、保健行政等)、事務所・活動に必要な機材(基礎医療器材、研修機材、車両、オフィス家具等)、現地活動費等(ガーナ側負担事項以外のプロジェクト活動実施に必要な運営経費)


相手国側投入


カウンターパート人員(プロジェクトディレクター(ガーナ保健サービス総裁、プロジェクトマネージャー(各州保健局長:計3名)プロジェクトコーディネーター(ガーナ保健サービス 政策計画・モニタリング・評価局長))、事務所、運営経費、車両、機材など


外部条件


①CHPS政策がガーナ政府の主要保健政策であり続ける。
②地方分権化が保健システムを滞らせずにスムーズに実施される。
③他ドナーの既存の活動形態との差異によらず計画時の活動が維持される。
④ガーナ経済が、現状と比較して極度に悪化しない。
⑤想定外の疫病が流行しない。
⑥社会・政治的な安定が維持される。
 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


ガーナ国「EMBRACE実施研究」(2012~2016) 及び同研究フォローアップ(実施中) では、母子継続ケアの推進には保健システムと地域社会の連携が重要であることが確認された。本プロジェクトでは、保健システムと地域社会の連携を推進すると共に、母子継続ケアを統合したライフコースアプローチの導入・普及を図る。


(2)他ドナー等の援助活動


他ドナーの主な援助活動として以下がある。本プロジェクトでは、UE州においてCHOやヘルスチームの研修とファシリテーティブスーパービジョン(FSV)の研修を全郡で実施する予定であるが、USAIDやKOICAも以下のプロジェクトにおいてCHO研修を行う予定であり、相乗効果が期待できるとともに、研修内容に齟齬が発生しないよう、調整を図る。
・USAID System for Health: CHPSコンパウンドの建設を含む保健システム強化プロジェクト。ノーザン(N)州、ボルタ州などで支援
・Maternal and Child Health Nutrition Improvement Project/ 世銀: DFIDと全国における母子保健・栄養の運営費を提供。パイロットでResult based Financing (RBF)をUE・アッパーウェスト(UW)・N州で実施
・Ghana Essential Health Intervention Project/KOICA:UE州のCHPSへの支援

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Human Development Department00138Human Development Department







Project Headquarters in charge

As of


Feb.01,2019







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Human Development Department






Project Number


1600240


Title


Project for Strengthening Community based Health Services focusing on the Life-Course Approach in the three Northern Regions






Country


GHANA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-Health System


Field 2




Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Basic Healthcare






Program Title


Programme for Promoting Mother and Child Health Services Focusing on the Upper West Region


Program Number


5120000000032


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Nov.29,2016
Term of Cooperation2017/05 ~2022/07


Implementing Organization


Ghana Health Service


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価表(外部公開)2017/03/03

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


05/31/2017
07/02/2022