更新日2009/10/23
パラグアイ事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00402_パラグアイ事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0603636

プロジェクトID(旧)


3245018E0
 


200


北米・中南米地域




対象国名


パラグアイ


31350












対象国(その他)







 





案件名(和)


食品安全衛生・栄養ラボ強化計画プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20041206日20071205日
 









分野課題1


その他-その他


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名


その他


プログラムID


3240000000018


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)食品安全衛生・栄養ラボ強化計画プロジェクト




(英)

 





対象国名


パラグアイ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2004/12/01
 


プロジェクトサイト


 
協力期間20041206日200712月 05日
   


相手国機関名


(和)



相手国機関名


(英)










日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


国内消費者向けの食品、輸出品の安全性を確保するため、現在INTNでは国内外の顧客に対し多数の食品関連検査サービスを提供している。食品微生物分野(サルモネラ等) では、年間約4800件の試供品分析及び約21500件の食品試験を実施している。栄養分野(ビタミン等)では、年間約3600件の試供品分析及び約18000件の食品試 験を実施している。試験依頼者の内訳は、個人経営者(50%)、中小企業(30%)、国内産品輸出業者(20%)である。  しかし、各分野のラボは、ISO/ICE17025に基づいて設計されておらず、技術職員のラボ品質管理についての知識不足、機材の老朽化等により検査結果の精度が低 く、近隣諸国と比較すると信頼性に乏しいのが現状である。また、技術者は食品検査の技術・能力は優れているが、国際基準に基づいたラボの運営については十分なノウハウを有 していない。  現在、INTNは、ラボを強化し、国際基準に準じるラボの認証取得を試みている。本プロジェクトの実施により、技術者の能力向上をはじめとしたラボ運営等の知識を習得す ることにより、パ国唯一の認証ラボとして国際的な信頼を得ることが可能となる。また、産業、農産業、中小企業及び社会(消費者保護)に資する検査サービスが拡充されること で、国内外の需要を満たすことが可能となり、国際レベルでの競争力が強化されることが期待できる。本件は、こうした背景の下、当該分野の技術ノウハウの高い我が国に対して 技術協力が要請されたものである。


上位目標


国内リファラルラボ、そして国際的に国際基準に基づいた認証ラボとして認められる。


プロジェクト目標


食品微生物ラボの試験・分析手法の認証取得及び栄養ラボの試験・分析手法の品質向上をもって競争力向上に資する技術・運営の改善がなされる。


成果


1.品質・プロセスマニュアルが作成される。 2.品質規格に基づき両ラボが検証・評価され修正される。 3.品質・バイオセキュリティー技術が確立される。 4.GNP、標準プロセス、検査手法についての人材が育成される。


活動


成果1 1.品質マニュアルが検証、更新され17025規格に適合する。 2.プロセスマニュアルが検証、更新される。 成果2 1.GMP及びバイオセキュリティーシステムが監査・確立される。 成果3 1.検査手法を確認し検査手法の確立根拠・クリティカルポイントを定め、品質規格に適合させる(POESに標準化・適合させる) 成果4 1.人材が育成されラボ相互・内部検査が実施される。


投入




日本側投入


1 第三国専門家(食品微生物分野)10MM(675千円×10ヶ月=6750千円)          マニュアル作成 4MM×1回(4MM)          検査技術 0.5MM×2回(1MM)          食品微生物検査技術 0.5MM×2回(1MM)          ラボ組織体制 1MM×4回(4MM)          (栄養分野)11MM(675千円×11ヶ月=7425千円)          ラボ検証・評価 1MM×2回(2MM)          物理検査 2MM×1回(2MM)          化学検査 2MM×1回(2MM)          ラボ組織体制 1MM×5回(5MM) 2 第三国研修 (食品微生物)4.25MM(300千円×4.25MM=1275千円)          ラボ運営管理 0.25MM          認証ラボ施設 0.5MM          マニュアル作成 0.5MM          微生物分析技術 3MM         (栄養分野)3.75MM(300千円×3.75MM=1125千円)          検査技術 0.75MM          化学検査技術 3MM 3 機材供与   食品微生物部門・栄養部門分概算額(実績)


相手国側投入


1 プロジェクト運営に係る人事配置   プロジェクトディレクター(INTN 院長)、プロジェクトマネージャー(分野部長)、カウンタ  ーパートの配置(各分野4名) 2 執務室及び業務用車輌の提供 3 運営管理に係るローカルコスト負担及び人事の配置(秘書・運転手等) 4 関連分野ラボに係る既存建物の改修経費負担(亜国日系第3国専門家を派遣した際(2003年3月~4   月)、ラボの評価を行い基本的な改修案は策定されている)


外部条件


品質検査・認証体制強化のパ国の基本政策に大きな変化がない
 


実施体制




(1)現地実施体制


国立技術標準院(INTN)が総括・調整(法律・規制)業務を担う。


(2)国内支援体制


人間開発部

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


食品微生物分野支援で亜国日系第三国専門家 (Dra. Silvia Susana Miyazaki)の派遣(2003年3月~4月) 微生物学・栄養学試験 ラボのGMP(Good Management Practice)の導入 検査手法の有効化、検査手法に係る参考微生物の利用、衛生企画の徹底、HACCP等の適用


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Oct.23,2009







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0603636


Title








Country


PARAGUAY






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Others-Others


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number


3240000000018


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Dec.01,2004
Term of Cooperation2004/12 ~2007/12


Implementing Organization




Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表


12/06/2004
12/05/2007