更新日2010/10/03
ベトナム事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00362_ベトナム事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0601731

プロジェクトID(旧)


0275089E0
 


913


東南アジア




対象国名


ベトナム


11100












対象国(その他)







 





案件名(和)


森林火災跡地復旧計画プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20040216日20070216日
 









分野課題1


その他-その他


分野課題2




分野課題3




分野分類


農林水産-林業-林業・森林保全

 





プログラム名


ベトナム その他プログラム


プログラムID


0279999999999


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考


普及に向けたデモファーム機能の強化及びその支援体制構築が今後の鍵を握る。

 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)森林火災跡地復旧計画プロジェクト




(英)Forest fire rehabilitation project

 





対象国名


ベトナム


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2004/02/16
 


プロジェクトサイト


カマウ省(首都ハノイから2,100km)及びホーチミン市(首都から1,700km)
 
協力期間20040216日200702月 16日
   


相手国機関名


(和)

農業・農村開発省林業開発局、森林科学研究所南部支部、カマウ省農業農村開発局、


相手国機関名


(英)

DOF/MARD, FSSIV, DARD Ca Mau









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


2002年3月、越国南部カマウ省のU Minh地区において森林火災が発生し、6000haの森林焼失、泥炭土壌、農地などへの被害が生じた。越国では、90年代初頭 までの過去約50年間で森林面積がほぼ半減しており、1998年より500万ha国家造林計画が実施されているが、越国政府は事態を重視し、特別な財政措置を図って 2002年7月より同地区の森林火災跡地復旧事業に着手している。  同復旧計画の内容は、焼失した6000haの植林の他、焼失地周辺を含む30,000haの森林の質的改善と、住民の生計向上対策から成っており、2010年までの実現 が目標とされている。量的な森林の復旧に加え、火災抑制効果の高い再造林方法や火災対策を複雑化させている貧困の多い同地区の生計向上効果を如何に図るかが鍵とされてい る。こうした対策は、過去の日本の技術協力(「メコンデルタ酸性硫酸塩土壌造林技術開発計画」)を通じて共同開発された技術に含まれていたことから、同事業の実施機関であ る越国森林科学研究所南部支所(FSSIV)では、これらの技術の適用化を図っている。<新技術の特徴としては、a.植栽樹木間に水路や農地を配置する地拵え・植栽方法 (=火災拡大抑制効果)、b.育成期間が比較的短く市場性の高い樹種(メラルーカ材等)選定(=収益性向上効果)などがある。>  しかしながら、2002年にベトナム側が自助努力にて実施した結果、面積的には4,000haの植林がなされたが、新技術の適用範囲はそのうちより500haのみに留ま った。これは、FSSIV自体でも先の技術協力サイトとやや異なる火災跡地の土壌条件(泥炭土壌が焼失した後の粘土質土壌)への応用ノウハウが不足していること、植林の事 業主体である林業公社や農民らが新技術についての知識・技能・経験が不足していること、新技術による再造林の地拵えに必要な重機等の機材が不足していることなどが原因とさ れている。  こうした背景から、ベトナム国政府より、ウ・ミンハ地区の森林火災跡地復旧事業に対する技術協力の要請がなされた。


上位目標


当該プロジェクトによって開発された森林造成、森林の利用・管理、木材の利用技術がメコンデルタ地帯の農民、林業公社によって活用される。


プロジェクト目標


カマウ省ウ・ミン・ハ地区の森林火災跡地復旧計画に必要な再造林技術が確立され、同技術の普及が促進される。


成果


1.対象地の再造林事業における技術的適正度が向上する。
2.復旧事業関係者のメラルーカ材の市場調査と利用加工に関する知識・技能が向上する。
3.同地区の火災予防体制が強化される。


活動


1.適正技術の確立・普及 (1)「メコンデルタ酸性硫酸塩土壌造林技術開発計画」の応用技術を確立する。 (2)上記応用技術に関するデモンストレーション・ファーム(農民によるアグロフォレストリーモデル及び林業公社による産業造林モデル)を造成する。 (3)対象地農民、林業公社職員等を対象にした再造林技術に関する研修(技術講義、デモ・ファームでの実地研修)を実施する。 (4)林業公社の森林造成事業に対する技術支援を行う。
2.メラルーカ材の市場調査・利用加工促進活動 (1)メラルーカ材に関する市場調査及びFSSIV職員等に対する市場調査の研修 (2)メラルーカ材の利用推進計画を策定する。 (3)対象地域においてメラルーカ材の利用推進計画を試行する。
3.火災予防 (1)森林管理、森林火災予防(生活向上も含む)に関する研修を行う。 (2)火災予防体制を見直し、強化する。  
*尚、本件運営の効率性の観点から、現在実施中の「メコンデルタ酸性硫酸塩土壌造林技術普及」と一体化させ、運営することが望ましい。


投入




日本側投入


1.専門家派遣 合計:30.50M/M(内、国内作業1.26M/M)
(1)参加型森林管理(1)12.47M/M(内、国内作業1.26M/M)
(2)森林土壌/計画分析1.37M/M
(3)森林土壌/計画分析(2)0.26M/M
(4)参加型森林管理(2)6.50M/M
(5)マーケティング3.30M/M
(6)木材用途開発3.87M/M
(7)森林火災予防1.03M/M
(8)アグロフォレストリー/農業1.70M/M
2.研修員受入
3.資機材・設備供与:
  デモ・ファーム造成用機材(重機類)、森林火災予防機材、用途開発・施行用資機材


相手国側投入


1.C/P
プロジェクトディレクター、プロジェクト調整、カマウ省マネージャー、デモ・ファーム造成マネジャー、木材利用マネジャー、研修マネジャー等の配置
2.事務所、設備、資機材
・森林科学研究所支部(FSSIV)及びカマウ省農業農村開発局(DARD)内の執務室
・機材保管スペース
・電気、電話回線、水道設備等


外部条件


ベトナム政府の森林政策が変更されないこと。
 


実施体制




(1)現地実施体制


MARD・DFDは2003年現在スタッフ43名 予算500mil.VNDで事業を実施している。カマウ省DARDは2003年現現在、39名のスタッ フ、596mi.VNDの予算で実施。FSSIVは2003年現在、38名のスタッフ、629mil.VNDの予算で事業を実施。ウ・ミン・ハ林業公社は2001年時点で スタッフ46名、予算375mil.VNDにて事業実施。


(2)国内支援体制


本部地球環境部内に課題別支援委員会を設置予定

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


本件プロジェクトは、「メコンデルタ酸性硫酸塩土壌造林技術開発計画」で開発された技術を応用するものである。また、右案件のフォローアップとして現在実施されている現地 国内研修「メコンデルタ賛成硫酸塩土壌造林技術普及」(2002~2004)を本件と連携させることも検討。


(2)他ドナー等の援助活動


CARE Internationalがウ・ミン・トン国立公園のバファーゾーンで住民の生活改善に関するプロジェクトを行っていたが、現在は活動は終息している模様。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Oct.03,2010







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0601731


Title


Forest fire rehabilitation project






Country


VIET NAM






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Others-Others


Field 2




Field 3








Sector


Agriculture/Forestry/Fisheries-Forestry-Forestry/Forest Preservation






Program Title




Program Number


0279999999999


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


U Minh District, Ca Mau Province





Feb.16,2004
Term of Cooperation2004/02 ~2007/02


Implementing Organization


DOF/MARD, FSSIV, DARD Ca Mau


Background


In March 2002, a forest fire occurred in the U Minh District, Ca Mau Province in the southern part of Vietnam and destroyed forests occupying an area of 6,000 ha. It caused tremendous damage to peat soil and farmland. The area of forest in Vietnam almost halved in the fifty years leading up to the beginning of the 1990s. The National Reforestation Plan aims to reforest 5 million ha and has been implemented since 1998. The Vietnamese government takes any situation which would severely affect the national plan very seriously. It therefore launched the Forest Fire Rehabilitation Project in the district under a special financial measure in July 2002.

The restoration plan consists of measures to restore the burned area of 6,000 ha, qualitatively improve the existing forests extending 30,000 ha, including the area surrounding the burned-out area, and raise the living standard of local people. It is planned to achieve these targets by 2010. Along with quantitative forest restoration, the key to success in this plan is how to improve community life in the district, particularly in view of the problem of poverty in the district complicating the effective implementation of fire countermeasures and reforestation methods.


Overall Goal


Techniques developed by the project are utilized by people and Forestry Enterprises in some areas of Mekong Delta


Project Purpose


Necessary techniques for implementation of the rehabilitation and forest fire prevention program of U Minh Ha area are developed and disseminated


Output


a. Appropriate techniques of silviculture activities in U Minh Ha area are established and expanded.
b. Knowledge and techniques related to market research and the wider-use and processing of Melaleuca timber are improved among those who engaged in silviculture activities.
c. Fire prevention situation is improved.


Project Activities


0.1 To agree on PDM and PO.
0.2 To establish Joint Coordinating Committee.
0.3 To prepare seedling supply system.
a.1 To establish applied techniques from "Afforestation Technology Development Project on Acid Sulphate Soil in the Mekong Delta"
a.2 To establish demonstration farm(agroforestry model for local people,industrial plantation model for Forest Enterprises) in order to expand applied techniques as described a.1
a.3 To implement training of the plantation techniques for local people in target area and Forest Enterprise staffs(technical lecture, on-the-job training in the demonstration farm)
a.4 To provide technical supports for plantation activities by Forest Enterprise.
b.1 To implement market research of Melaleuca timber and provide staff related to the project with training on the market research.
b.2 To make the promotion plan on wider-use of Melaleuca timber.
b.3 To conduct trail to implement the promotion plan on wide-use of Melaleuca timber.
c.1 To review and recommend forest fire prevention system and measures respectively in U Minh Ha
c.2 To implement training and publicity activities related to forest fire prevention.
c.3 To implement training on the livelihood improvement of local people.


Input Summary byJapanese Side


1personal(Short term experts)
(1)Project manager/participatory forest management(1)
(2)Participatory forest management(2)
(3)Forest soil/Planning analysis
(4)Forest fire prevention
(5)Development of wider-use of timber
(6)Agroforestry/agriculture
(7)Timber use plan/trial
(8)Monitoring and evaluation

1 personal(Short term experts)
(1)Project manager/participatory forest management(1)
(2)Participatory forest management(2)
(3)Forest soil/Planning analysis
(4)Forest fire prevention
(5)Development of wider-use of timber
(6)Agroforestry/agriculture
(7)Timber use plan/trial
(8)Monitoring and evaluation

2 Seminar/Trainig

3 Training in Japan

4 Equipment
Equipment for establishment of demonstration farms
Heavy duty machine






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Preliminary Survey Mission

Jun.29,2003

 ~

Jul.05,2003



Consultative Mission

Jun.11,2004

 ~

Jun.17,2004



Consultative Mission

Oct.16,2005

 ~

Oct.21,2005



Final Evaluation Mission

Oct.01,2006

 ~

Oct.17,2006


















































Related Project




(1)Japanese side


Afforestation Technology Developmant Project on Acid Sulfate Soils in the Mekong Delta
In-country Training course Afforestation Technology on Acid Sulfate Soils in the Mekong Delta


(2)Collaboration with Other Donors


Information sharing with FSSP&P and donor community






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

R/D(署名日:2004年2月16日)(外部公開)2007/01/11

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

M/M
FM0203XX05
M/M
案件概要表

2

02/16/2004
02/16/2007