更新日2009/12/05
ブラジル事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00404_ブラジル事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0603447

プロジェクトID(旧)


3095033E0
 


200


北米・中南米地域




対象国名


ブラジル


31310












対象国(その他)







 





案件名(和)


セラード生態コリドー保全プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20030201日20060131日
 









分野課題1


その他-その他


分野課題2




分野課題3




分野分類



 





プログラム名


気候変動対策プログラム


プログラムID


3090000000002


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)セラード生態コリドー保全プロジェクト




(英)

 





対象国名


ブラジル


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2002/12/30
 


プロジェクトサイト


パラナ・ピリネウス生態系コリドー地域(ブラジリア連邦区、ゴイアス州、トカンチンス州)
 
協力期間20030201日200601月 31日
   


相手国機関名


(和)

ブラジル環境再生可能天然資源院


相手国機関名


(英)










日本側協力機関名


環境省
 


プロジェクト概要




背景


ブラジル・セラード地帯は生物多様性が富み、ブラジル主要河川の水源地帯として重用視され、その一部がUNESCOの「生物圏保存地域」にも選定されている。現在農牧業 等の急激な進展に伴い、生態系の分断、生物多様性や水資源の減少等の自然環境の破壊が問題視されており、自然環境保全と持続可能な開発の両立を目指した対策が求められてい る。  セラード地帯及び本件対象地域は、伯連邦環境再生可能天然資源院(IBAMA)が伯連邦政府の多年度計画(2001~2003)に基づき、「生態系コリドー計画」を実施 している。「生態系コリドー計画」では分断されている保全地域の連続性を確保することにより生態系機能・生物多様性の総合的保全を目指し、保護地域の組み替えや新設、社会 経済分析、地域参加型の保護区管理、環境教育等の活動を計画・実施している。  本件は「生態系コリドー計画」を、“パラナピレネウス生態系コリドー地域”において支援するものであり、具体的には関係機関の連携の枠組みの強化、情報収集・管理、環境 教育等に係る活動を実施する。


上位目標


「パラナーピリネウス生態コリドー地域」において、自然資源の持続可能な利用に資する統合的生態系管理が促進される。


プロジェクト目標


パラナ?ピリネウス生態系コリドー地域の統合的生態系管理が、パイロット地域における活動を通して改善される。


成果


成果1:コリドー・レベル及びパイロット・エリア・レベルにおいて、統合的生態系管理に関する関係機関および地元コミュニティの連携が促進される。 成果2:コリドー・レベルにおいて、持続的自然資源管理に関する技術的提言が、関係機関に明示される。 成果3:関係機関の環境教育/意識啓発の活動を実施する為の能力が向上する。


活動


1-1 コリドー・レベルにおいて、コリドー調整委員会を結成する 1-2 コリドー・レベルにおいて、コリドー調整委員会を機能させる 1-3 コリドー・レベルにおいて、統合型生態系保全の為の活動に関連したセミナー/ワークショップを開催する 1-4 パイロット・エリア・レベルにおいて、既存の保護区調整委員会を強化する 1-5 パイロット・エリア・レベルにおいて、統合型生態系保全の為の活動に関連したセミナー/ワークショップを開催する 2-1 評価図の作成に必要な情報を収集する 2-2 既存のゾーン・マップと関連情報を分析・整理する 2-3 評価図を作成する 2-4 評価図に付随する技術的提言を作成する 3-1 環境教育/意識啓発の活動に必要な情報を収集する 3-2 環境教育の活動計画を策定する 3-3 環境教育のプログラム及び教材を作成する 3-4 環境教育のプログラムを実施する 3-5 テクニカル・ペーパーを作成する


投入




日本側投入


専門家派遣(長期)
統合型生態系管理/チーフアドバイザー(1名)
参加型自然資源管理/業務調整(1名)計2名
(短期)2~3名/年(GIS、環境情報管理、環境教育等)
研修員受入 2~3名/年(GIS、環境情報管理、環境教育等)
機材供与 車両、GIS機材等


相手国側投入




外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Dec.05,2009







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0603447


Title








Country


BRAZIL






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Others-Others


Field 2




Field 3








Sector








Program Title




Program Number


3090000000002


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Dec.30,2002
Term of Cooperation2003/02 ~2006/01


Implementing Organization




Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To




Jul.14,2002

 ~

Aug.09,2002




































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事業事前評価表(平成14年度) (外部公開)2011/07/08
事後評価(平成20年度) (外部公開)2013/05/28
R/D(署名日:2002年12月30日署名)(外部公開)2007/07/20

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

M/M
FM0203XX05
M/M
案件概要表


02/01/2003
01/31/2006