更新日2010/10/03
ベトナム事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00362_ベトナム事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0601716

プロジェクトID(旧)


0271146E0
 


913


東南アジア




対象国名


ベトナム


11100












対象国(その他)







 





案件名(和)


遭難救助システム プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20060207日20070206日
 









分野課題1


その他-その他


分野課題2




分野課題3




分野分類


公共・公益事業-運輸交通-運輸交通一般

 





プログラム名


ベトナム その他プログラム


プログラムID


0279999999999


援助重点分野




開発課題








実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)遭難救助システム プロジェクト




(英)Project on Search and Rescue System (AIS & SARCS)

 





対象国名


ベトナム


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2006/01/17
 


プロジェクトサイト


ハノイ
 
協力期間20060207日200702月 06日
   


相手国機関名


(和)

ベトナム海運総局


相手国機関名


(英)

Vietnam Maritime Administration(VINAMARINE)









日本側協力機関名


海上保安庁
 


プロジェクト概要




背景


ベトナムの遭難救助については、ベトナム遭難救助委員会(VINASARCOM)が1996年に設置され、同委員会の調整のもとで遭難救助活動が行われている。そのうち 海難救助については、ベトナム海運総局(VINAMARINE)の下に、ベトナム船舶通信公社(VISHIPEL)と海難救助調整センター(MRCC)とがあり、VISHIPELが遭難信号を受信し、MRCCがVINASARCOMの指示を受け、救助活動を行う仕組みとなっている。 海上船舶航行に係る捜索・救助システムは、以前は、遭難船舶が遭難信号・警報を送信し、受信した船舶が捜索救助を行う船舶相互間救助を基本としてきたが、1988年の SOLAS(Safety of Life at Sea:海上人命の安全のための国際条約)条約改正により、新たな救難通信システムであるGMDSS(海上における遭難 および安全に関する世界的な制度)が導入されることとなった。 このため、わが国は、ベトナム国政府の要請を受け、円借款事業でGMDSSに対応した船舶用無線局及び衛星通信設備を北部地域に整備し(「沿岸無線整備事業」(1997-2002)、実施機関:VISHIPEL)、右事業と連携し、沿岸無線運用指導のため個別専門家(2001-2003)を派遣した。さらに、円借款事業に より「南部沿岸無線整備事業」を2002年から実施し、ベトナム全土において、SOLAS条約及びSAR条約(「海上における捜索及び救助に関する国際条約」)に対応した 通信設備を整備した。 ベトナム国政府は「南部沿岸無線整備事業」の残余金を活用し、船舶自動識別装置(AIS)を導入するにあたり、その導入支援および海難救助の基礎的能力向上を目的とし、短期専門家派遣と本邦研修を要請してきた。 なお、AISについては、海上交通管理システム(VTS)の中で活用される動向にあり、既にベトナムでも一部VTSシステムが導入されていることから、AIS/VTSとして対応する。


上位目標


ベトナムにおける海上交通の安全が向上する。


プロジェクト目標


ベトナム海運総局関係者が海難救助・航行安全に係る能力を向上させる。


成果


ベトナム海運総局関係者が海難救助・航行安全に必要な知識・技能を取得する。


活動


1.AIS/VTSに係る研修を実施する。 2.海難救助に係る研修を実施する。


投入




日本側投入


1.AIS/VTS 本邦C/P研修3名  専門家1名
2.海難救助 短期専門家1名、
 本邦C/P研修については、5名をR/Dに先立ち「海難救助」集団コースの一部を活用して実施。


相手国側投入


1.カウンターパートの配置 2.事務室の提供


外部条件


上位目標  ベトナムの海難救助・航行安全に係る関係機関において海難救助体制が整備される。
 


実施体制




(1)現地実施体制


ベトナム海運総局国際部が調整窓口となる。


(2)国内支援体制


海上保安庁による支援

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


北部沿岸無線整備事業(有償) 南部沿岸無線整備事業(有償) 沿岸無線運用(個別専門家、2001-2003) 航路標識・航行安全システム(個別専門家、2004-2005)


(2)他ドナー等の援助活動


カナダがVTS(海上交通管制業務)システムの支援を実施(一部故障のため利用不能)。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Oct.03,2010







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0601716


Title


Project on Search and Rescue System (AIS & SARCS)






Country


VIET NAM






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Others-Others


Field 2




Field 3








Sector


Public Works/Utilities-Transportation/Traffic-Transportation/Traffic/General






Program Title




Program Number


0279999999999


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site


Hanoi





Jan.17,2006
Term of Cooperation2006/02 ~2007/02


Implementing Organization


Vietnam Maritime Administration(VINAMARINE)


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

プロジェクト実施計画書
FM0203XX03
案件概要表


02/07/2006
02/06/2007