更新日2019/02/02
農村開発部

プロジェクト基本情報







20220


























主管区分


本部


本部/国内機関


00166_農村開発部


在外事務所






 


案件番号



1500304

プロジェクトID(旧)


 


920


中央アジア




対象国名


キルギス


13040












対象国(その他)







 





案件名(和)


一村一品・イシククリ式アプローチの他州展開プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20170112日20200111日
 









分野課題1


民間セクター開発-その他民間セクター開発


分野課題2




分野課題3




分野分類


商業・観光-商業・貿易-商業経営

 





プログラム名


農産品・農産加工品輸出促進プログラム


プログラムID


7450000000015


援助重点分野


運輸インフラ維持管理と地域間格差の是正


開発課題


農業・ビジネス振興






実施状況


実施中


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)一村一品・イシククリ式アプローチの他州展開プロジェクト




(英)Project for dissemination of OVOP Issyk-Kul Model to other regions of the country

 





対象国名


キルギス


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2016/07/29
 


プロジェクトサイト


 
協力期間20170112日202001月 11日
   


相手国機関名


(和)

経済省


相手国機関名


(英)

Ministry of economic









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


キルギス共和国は、1991年のソビエト連邦からの独立後、中央アジア諸国の中でもいち早く市場経済化を推進してきたが、金以外の有力産品がなく、投資環境が未整備であったことなど十分な外国投資を誘致できなかったこともあり、天然資源に恵まれた他の中央アジア諸国に比較して経済成長は出遅れている。特に、人口の約7割弱が居住する農村・山岳地域では多くの住民が貧困状態での生活を余儀なくされている。
2010年の経済構造は鉱工業部門が19%、農業部門が18%、商業・サービス部門が37%である。このうち鉱工業については金を中心とした鉱物資源がキルギスの最大の輸出品でありが、産地が限定されるため雇用創出効果は必ずしも高くない。地方の主産業である農業は労働力人口の3割以上(地方部では6割以上)、重要産業であり、ユーラシア経済同盟に加盟するロシアやカザフスタンなどの所得水準の高い消費地が近接することから輸出ポテンシャルが高いものの、ソ連崩壊に伴う集団農場制の消失以降、生産、加工、販売、輸出の各段階において、効果的なバリューチェーンが整っておらず、国内での付加価値付けは必ずしも成功していない。
加えて、独立後20年以上たった今でも近代的な経営を行える企業家の数は十分ではなく、産業振興政策を立案・実施する経験・能力を有した行政官や予算も十分ではない。地方にも恩恵がもたらされるよう地域の商品を国内外の市場へ繋げるとともに、そのために必要な品質向上やブランド化などの高付加価値化を行う産業政策と施策の実施と人材の育成が必要となっている。


上位目標


一村一品センターを活用した地場産業振興のための政策が持続的に実施される。


プロジェクト目標


官民連携のもと、一村一品センターを活用した地場産業振興政策を実施する体制が整備される。


成果


【成果1】官民連携のもとで地場産業振興のアクションが実施され、地場産業振興政策が作成される。
 (指標)①官民プラットフォームの発足、②官民プラットフォームの開催回数、③立案・実施されたアクション数、④地場産業振興政策文書の作成

【成果2】一村一品センターが他機関と連携しつつ地場産品販路開拓支援センターとして十分なサービスが提供できるようになる。
(指標)①商品発掘・商品化の実績、②ビジネスマッチング・販路開拓の実績、③機関のプロジェクトとの連携の実績

【成果3】一村一品センターの持続性が確保できる枠組みが構築される。
 (指標)①一村一品センターの収支の状況、②一村一品センターの組織能力

【成果4】イシククリ州の地場産業振興機能を持ったOVOP+1の経営が安定するとともに、モデル事例として活用される。
(指標)①OVOP+1の収支や損益の状況、②他機関との連携数/活動資金の確保


活動


1-1. 地場産業振興を推進する官民プラットフォームを設立する。
1-2. 地場産業の現状やBDSプロバイダーに関するベースライン調査を実施する。
1-3. 地場産品販路開拓支援センターとして一村一品センターを設立する。
1-4. プロジェクト期間中に一村一品センターを中心とする地場産業振興のための官民のアクションプランと実施体制を構築され実施される。
1-5. 地場産業振興上の知見や教訓を抽出し、地場産業振興政策を作成策定する。
2-1. 一村一品センターにおいて産品販路開拓のための情報の集約化及び関係者のネットワーク化を行う。
2-2. 一村一品センターにおいて生産者等に対して産品販路開拓のための情報やアドバイスを提供する。
2-3. 一村一品センターにおいて関係者にビジネスマッチング等の機会を提供する。
3-1. 一村一品センターの組織・事業運営能力を構築・強化する。
3-2. 一村一品センターの財務能力を構築・強化する。
3-3. 一村一品センターのマーケティング能力/営業能力を強化する。
3-4. 一村一品センターの事業実施能力を構築・強化する。
4-1. これまでの協力で明らかになったイシククリ州のOVOP+1の経営課題を解決する。
4-2. イシククリ州のOVOPの経験を提供する(講義やOJT)。


投入




日本側投入




相手国側投入




外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Rural Development Department00166Rural Development Department







Project Headquarters in charge

As of


Feb.02,2019







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Rural Development Department






Project Number


1500304


Title


Project for dissemination of OVOP Issyk-Kul Model to other regions of the country






Country


KYRGYZ






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Private Sector Development-Other Private Sector Development Issues


Field 2




Field 3








Sector


Business/Tourism-Business/Trade-Business Management






Program Title




Program Number


7450000000015


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Jul.29,2016
Term of Cooperation2017/01 ~2020/01


Implementing Organization


Ministry of economic


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成28年度) (外部公開)2018/08/28
案件概要表(外部公開)2016/07/28

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


01/12/2017
01/11/2020