更新日2015/06/06
モロッコ事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00444_モロッコ事務所


本部/国内機関






 


案件番号



1000578

プロジェクトID(旧)


 


400


中東地域




対象国名


モロッコ


51200












対象国(その他)







 





案件名(和)


水産物輸出力強化

 





スキーム







名称(和)


個別案件(第三国研修)


Third-country Training

 



協力期間20100401日20140331日
 









分野課題1


農業開発-水産


分野課題2




分野課題3




分野分類


農林水産-水産-水産加工

 





プログラム名


仏語圏アフリカ支援プログラム


プログラムID


4690000000009


援助重点分野


南南協力の促進


開発課題


仏語圏アフリカ支援






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)水産物輸出力強化




(英)Enhancement of exportation capacity of seafoods

 





対象国名


モロッコ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


スース・マッサ州アガディール県アンザ市
 
協力期間20100401日201403月 31日
   


相手国機関名


(和)

農漁業省 アガディール水産高等学院(ISPMアガディール)


相手国機関名


(英)

Sperior institute of maritime fisheries in Agadir (ISPM-Agadir)









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


アフリカ沿岸諸国ではEU向けの水産物輸出が活発であるが、EUはHACCP、トレーサビリティー、衛生管理等を重視しており、食品公社(OAV)の検査官が各国の輸出関係機関に立ち入り検査を実施している。このような背景から、水産物を輸出する国では衛生品質管理の体制強化が課題となっている。
 モロッコでは、農漁業省と専門機関が協力し、この国際基準に合致するように体制改善のアクションプランを実施してきた。モロッコはこの知見を他のアフリカ諸国に波及させるべく、JICAに対し第三国研修実施に係る支援を要請した。


上位目標


研修参加国の水産物輸出による収益が伸びる


プロジェクト目標


研修参加国において水産物輸出にかかる人材育成が促進される


成果


以下の研修テーマが実施され、研修参加国の体制整備(案)が作成される
(1)製品検査の手順と体制
(2)加工技術
(3)国際基準(ISO17025:2005)に沿った公的ラボの認証


活動


・第三国研修実施
【対象国】
 第1グループ(仏語圏):コートジボワール、ギニア、モーリタニア、セネガル
 第2グループ(仏語圏):カーボヴェルデ、アンゴラ、カメルーン、ガボン
 第3グループ(英語圏):ガンビア、ガーナ、リベリア、ナイジェリア(2013年度のみ)
 
・研修指導調査団の派遣


投入




日本側投入


・研修経費の一部負担
・研修指導調査団派遣経費の一部負担
・研修基盤整備


相手国側投入


・研修経費の一部負担
・研修指導調査団派遣経費の一部負担
・研修講師
・研修施設(ISPMアガディール)


外部条件


EUの輸出基準が大幅に変更されない
 


実施体制




(1)現地実施体制


ISPMアガディールが研修計画を立て、同施設で研修を実施する。
研修講師はISPMアガディールの教員を優先的に採用するが、研修テーマによって外部機関にも協力を求める。


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1)我が国の援助活動

無償「アガディール漁業高等技術学院拡充計画」によってインフラ整備を行ったほか、技プロ「水産専門技術訓練センター計画及びF/U」によって研修カリキュラムの改善と研修講師の能力向上に協力した。また、類似の第三国研修として、「水産加工」フェーズ1、2を実施しており、研修の実施能力を向上させると共に、参加国の信頼を得た。

その他の協力として、無償「漁業技術者養成計画」、無償「漁業訓練機材整備計画」、無償「漁業訓練船建造計画」により資機材の拡充を図った他、第三国研修「漁業訓練計画」、技プロ「西アフリカ諸国水産教育・行政強化」においても研修能力を向上させた。


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jun.06,2015







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1000578


Title


Enhancement of exportation capacity of seafoods






Country


MOROCCO






Project Type


Third-country Training






Field 1


Agricultural Development-Fisheries


Field 2




Field 3








Sector


Agriculture/Forestry/Fisheries-Fisheries-Fisheries Processing






Program Title


Assistance for Francohone African Countries


Program Number


4690000000009


Cooperation Priority Area


Promotion of South South Cooperation


Development Issue


Assistance for Francophone African Countries






Project Site







Term of Cooperation2010/04 ~2014/03


Implementing Organization


Sperior institute of maritime fisheries in Agadir (ISPM-Agadir)


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


04/01/2010
03/31/2014