更新日2018/05/12
産業開発・公共政策部

プロジェクト基本情報







20225


























主管区分


本部


本部/国内機関


02144_産業開発・公共政策部


在外事務所






 


案件番号



1200259

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


インドネシア


11020












対象国(その他)







 





案件名(和)


市民警察活動(POLMAS)全国展開プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20121001日20170930日
 









分野課題1


ガバナンス-公共安全


分野課題2




分野課題3




分野分類


計画・行政-行政-行政一般

 





プログラム名


その他


プログラムID


0060000000080


援助重点分野


その他


開発課題


その他






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)市民警察活動(POLMAS)全国展開プロジェクト




(英)Project on Nationwide Capacity Development of Police Officers for POLMAS - Indonesian Civilian Police Activities

 





対象国名


インドネシア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2012/09/17
 


プロジェクトサイト


ジャカルタ、ブカシ
 
協力期間20121001日201709月 30日
   


相手国機関名


(和)

インドネシア国家警察本部


相手国機関名


(英)

Indonesian National Police (INP)









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


インドネシア国においては、国軍(陸・海・空・警察)が過去30年余りにわたって治安維持の責任を担ってきたが、2000年8月の国民協議会の決定により国家警察は国軍から正式に分離独立し、国内治安の責任を委ねられる大統領の直轄機関として再編された。警察改革はスハルト政権以降の一連の改革の中でも、国家の民主化を示す上で極めて重要な位置を占めるものであり、分離独立後の国家警察にとって、国内治安を維持するとともに国内で多発する一般犯罪に対応して市民の安全を確保し、市民に信頼される市民警察としてのサービスを提供することが大きな課題となっている。
 インドネシア政府からの協力要請を受けて、JICAはブカシ警察署を拠点とした「市民警察活動促進プロジェクト」を2002~2007年(フェーズ1)及び2007~2012年(フェーズ2)の二期にわたり実施してきた。同プロジェクトでは、組織運営、交番活動、現場鑑識等の分野での人材育成を行うとともに、インドネシア型交番(BKPM)を拠点とする市民や地域社会に密着した警察活動の導入を通じて、ブカシ警察署を市民警察活動のモデルとするための取り組みを行ってきた。
 我が国や他ドナーによる市民警察化への協力を踏まえて、インドネシア国家警察は2005年、「インドネシア国家警察の責務遂行におけるPOLMASモデルの運用に関する政策及び戦略」(長官通達第7号)を発出し、住民や地域社会との協働によるインドネシア版市民警察活動「POLMAS」推進を掲げている。しかしながら、現場レベルでは、理念と実践の乖離、実際の制度・運用面の格差などの問題が指摘されており、地域社会・市民へのPOLMASに関する政策の周知並びに国家警察職員の市民警察活動にかかる知識・意識の向上が課題となっている。
 本プロジェクトは、これらインドネシア国家警察によるPOLMAS政策の推進を、①POLMAS活動の全国制度化、②教育訓練を通じた人材育成、③現場活動(鑑識や交番活動を含む)にかかる先行モデルであるブカシ警察署の機能強化を通じてのPOLMAS好事例の提示(国家警察本部へのフィードバック)、という3側面から支援することを目指すものである。


上位目標


インドネシア版市民警察活動(POLMAS)を実践する州が増える。


プロジェクト目標


POLMASを全国レベルで継続的に実施するための体制が構築される。


成果


1. POLMAS活動強化のための具体的な運用規程・制度が整備される。
2. POLMAS活動を指導可能な警察官が継続的に育成される。
3. ブカシ警察署における先進モデルとしてのPOLMAS活動が強化される。


活動


1-1. 実効性ある巡回連絡・立寄活動の内容・体制を検討し、全国への導入を支援する。
1-2. 国家警察本部における鑑識の検定制度化及び研修体制を確立する。
1-3. タスクフォースにおいてPOLMAS担当官業務のプロトタイプ を作成し、導入を支援する。

2-1. 教育総局所管教育訓練プログラムにおけるPOLMAS研修実施計画を策定する。
2-2. POLMAS研修に必要なカリキュラム・教材を整備する。
2-3. POLMAS研修指導者を育成する。
2-4. 幹部候補を対象としたPOLMAS研修の教授手法を教官に指導する。

3-1. ブカシ警察署管内のPOLMAS活動を改善強化する。
3-2. ブカシ警察署においてPOLMAS視察・研修受入体制を整備する。
3-3. 研修教材としてのPOLMAS好事例情報を提供する。


投入




日本側投入


1)長期専門家:プロジェクトリーダー/人材練成、サブリーダー/組織運営・現場人材練成、総合現場警察活動、総合鑑識技能練成、業務調整/研修
2)短期専門家:現場警察活動、現場鑑識等
3)本邦研修:組織運営、POLMAS関連分野、鑑識等
4)在外事業強化費:世論調査費用、現地国内研修、教材作成等


相手国側投入


1)カウンターパートの配置(治安確立局、教育総局、刑事局、ブカシ警察署)
2)プロジェクト実施に必要な執務室及び施設整備の提供
3)光熱費、プロジェクト活動に必要な資機材等


外部条件


1)前提条件
 ・インドネシア国家警察がPOLMAS政策を推進する。
2)成果達成のための外部条件
 ・JICA専門家が、教育総局のコンサルタントとして国家警察より継続的に指名される。
3)プロジェクト目標達成のための外部条件
 ・研修を受けた警察官の配属先がPOLMAS実践に理解を示す。
4)上位目標達成のための外部条件
 ・プロジェクトを通じて導入された通達や運用ルールが大幅に変更されない。
 ・POLMASの全国実施に関する予算措置が継続される。
 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


2001年より「国家警察改革支援プログラム」において、国家警察の組織・制度・人員の改革を通じた民主的な国家警察への変革を支援する活動を継続的に実施している。現在は、本案件に加えて、個別専門家「国家警察長官アドバイザー」、国別研修「警察行政セミナー」を実施している。
 また、これまでに、技プロ「市民警察活動促進プロジェクト(フェーズ1:2002年~2007年、フェーズ2:2007年~2012年)」、「バリ島、安心なまちづくりプロジェクト(2007年~2012年)」、無償資金協力「市民警察強化支援計画(2004年)」、「国家警察組織能力強化計画(2005年)」などを実施してきた。
 市民警察活動促進プロジェクトでは、インドネシア型交番活動や現場鑑識に関する技術移転が行われ、市民や地域社会に密着し、鑑識活動を通じての証拠に基づいた警察活動の定着を図ってきた。


(2)他ドナー等の援助活動


国際移住機関(IOM)、アジア財団等の援助機関が警察改革に対する協力事業を実施しているほか、米国司法省、オーストラリア連邦警察からも法執行に関する研修や薬物捜査、テロ対策等の分野での支援が行われている。IOMは、2003年から人権とコミュニティポリーシングの分野で人材育成に焦点を当てた協力を実施してきており、アチェでは全警察署に研修センター施設を建設して国家警察のPOLMAS政策の周知と人権教育を行うほか、国家警察教育総局及び国家警察所管の各教育機関におけるPOLMAS及び人権関係のカリキュラム編成・教材作成・教官研修などを実施してきている。また、アジア財団も、IOMが作成した教材を使って士官学校等、幹部候補向けのPOLMAS研修を支援している。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Industrial Development and Public Policy Department02144Industrial Development and Public Policy Department







Project Headquarters in charge

As of


May.12,2018







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Industrial Development and Public Policy Department






Project Number


1200259


Title


Project on Nationwide Capacity Development of Police Officers for POLMAS - Indonesian Civilian Police Activities






Country


INDONESIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Governance-Public Safety


Field 2




Field 3








Sector


Planning/Government-Government-Government/General






Program Title


Others


Program Number


0060000000080


Cooperation Priority Area


Others


Development Issue


Others






Project Site







Sep.17,2012
Term of Cooperation2012/10 ~2017/09


Implementing Organization


Indonesian National Police (INP)


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成24年度) (外部公開)2013/03/05
中間レビュー(平成26年度) (外部公開)2018/03/05
終了時評価(平成28年度) (外部公開)2018/03/05
R/D(外部公開)2012/10/12
報告書(専門家活動報告)(外部公開)2018/01/17

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


10/01/2012
09/30/2017