更新日2014/06/03
地球環境部

プロジェクト基本情報







20210


























主管区分


本部


本部/国内機関


00153_地球環境部


在外事務所






 


案件番号



0900215

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


インドネシア


11020












対象国(その他)







 





案件名(和)


ジャカルタ汚水管理マスタープランの見直しを通じた汚水管理能力強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20100701日20120630日
 









分野課題1


環境管理-水質汚濁


分野課題2




分野課題3




分野分類


計画・行政-行政-環境問題

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


0069999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)ジャカルタ汚水管理マスタープランの見直しを通じた汚水管理能力強化プロジェクト




(英)Project for Capacity Development of Wastewater Sector through reviewing the Wastewater Management Master Plan in DKI Jakarta

 





対象国名


インドネシア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/06/18
 


プロジェクトサイト


ジャカルタ首都圏
 
協力期間20100701日201206月 30日
   


相手国機関名


(和)

インドネシア国公共事業省 居住総局


相手国機関名


(英)

Directorate General of Human Settlements, Ministry of Public Works









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


インドネシア共和国(以下、「イ」国)の首都であるジャカルタ首都圏の人口は、1975年には約460万人であったが、2004年には約875万人まで増加している。この急速な人口増加により、河川の汚濁や自動車増加による大気汚染、都市部における不適切な廃棄物処分などの都市型公害問題が顕在化してきており、環境対策や環境管理体制の整備の遅れが「イ」国政府の課題となっている。
 下水道・排水分野においては、予算不足等により下水の適正な処理が進んでいなく、排水施設の不備による浸水被害も発生している。特にジャカルタ首都圏は、深刻な浸水被害、劣悪な公衆衛生、水不足、過度の地下水の取水による地盤沈下などの環境問題が都市活動や市民生活に深刻な影響を与えている。
 このような状況の中、JICAは1991年に公共事業省居住総局と、ジャカルタ首都圏を対象とした排水及び衛生施設・下水道計画のマスタープランを策定し、一部の地域では、排水及び衛生施設・下水道計画フィージビリティ調査を実施した。本マスタープランは目標年次を2010年と設定しており、ジャカルタ首都圏は、同マスタープランに沿ったフィージビリティ調査等を実施し、また、独自の取り組みとして小規模下水道整備や建設許可制度を活用した住宅等に対する個別処理施設の義務付けを進めているが、既成市街地については有効な改善策が実施されておらず、下水道普及率は2%に留まっている。
以上のような状況を改善するため、インドネシア政府公共事業省は2014年までの中期目標として、ジャカルタ特別州を含む15都市における下水道普及率を20%に改善することを目標として掲げて、ジャカルタ特別州の下水道整備のための追加調査を実施すると共に、法律・制度面においても汚水法の策定に着手しており、水環境改善に向けたインドネシア政府の活動は近年非常に活発となってきている。
このような背景から、インドネシア政府は、ジャカルタ特別州の汚水管理マスタープランの改定を行うとともに、その知見を活用して汚水管理法規制の改善を進めるための技術協力の実施を我が国に要請した。
2009年12月に詳細計画を実施し、2010年6月にR/Dの署名が行われた。


上位目標


1.汚水セクターにかかる適切な政策、システム及び計画が構築される。
2.ジャカルタ特別州が汚水セクターの現状を改善する十分な能力を獲得する。


プロジェクト目標


公共事業省とジャカルタ特別州の汚水セクターの政策、汚水管理計画を策定する能力が強化される。


成果


成果 1 汚水法とその関連法規が準備される。
成果 2 ジャカルタ汚水管理マスタープランが改定される。


活動


(1-1) 国家的な汚水セクターに係る基本情報を収集・分析する、また、既存のデータや過去の調査をもとに、制度的・技術的課題を抽出する。
(1-2) 作成または改定の対象となりえる標準、規範、指針、基準を含めた優先度の高い法や制度を抽出する。
(1-3) 活動(1-2)で抽出された標準、規範、指針、基準を含めた法や制度の案を作成する。
(1-4) 汚水セクターにおける関係機関に対してセミナーを開いて、活動(1-3)で作成された法や制度案について情報の共有及び協議を行う。
(1-5) 活動(1-4)及び(2-2-13)に基づいて、活動(1-2)で抽出された法や制度を作成、または、改定する。

(2-1)ジャカルタ特別州における汚水管理マスタープランの見直しのために調査を行う。
(2-1-1)マスタープランの進捗、関連計画、方針を含めた既存データと資料を確認する。
(2-1-2) ジャカルタ特別州及びジャカルタ下水道公社の汚水分野における能力を評価する。
(2-1-3)浸水状況と主な雨水排水施設を確認する。
(2-1-4)現地調査を行い、収集資料を解析する。
(2-1-5) マスタープラン策定のために社会経済情報を解析する。
(2-1-6)ジャカルタ特別州の汚水管理に係る制度上(組織、財務、人材)の課題を把握する。
(2-1-7)下水処理場選定のための現地調査を行う。
(2-1-8)水質分析を行う。
(2-1-9)現況を評価し、課題を把握する。
(2-2) マスタープランを改定する。
(2-2-1) 目標、戦略、活動を含めた汚水管理のための基本計画を作成する。
(2-2-2) 汚水管理システムのための枠組みを作成する。
(2-2-3) 地域毎の計画諸元(汚水発生量と水質)を作成する。
(2-2-4)オフサイト方式とオンサイト方式の区域分けを行う。
(2-2-5)下水処理場用地の選定を行う。
(2-2-6)建設費、維持管理費、環境面等を考慮してマスタープランの代替案調査を行う。
(2-2-7)最適案を選定する。
(2-2-8)組織機能の改善計画を作成する。
(2-2-9)汚水分野における環境教育活動計画を作成する。
(2-2-10)経済、技術、社会環境の視点において選定した最適案を評価する。
(2-2-11)マスタープランを実施するための優先事業を抽出し、フィージビリティー調査の実施と利害関係者の人材育成を含めたアクションプランを作成する。
(2-2-12)初期環境影響調査(IEE)を行う。
(2-2-13) 修正したジャカルタ特別州の汚水管理マスタープランを発行する。


投入




日本側投入


専門家派遣
(1) 長期専門家 全体総括/下水道政策アドバイザー、短期専門家
(2) 短期専門家チーム:1) 総括/下水道計画、2) 副総括/オンサイトシステム、3) 都市計画、4) 下水処理計画、5) 下水道施設計画、6) 雨水排水、7) GIS、8) 組織制度、9) 経済財務分析、10) 環境社会配慮、11) 環境教育、12) 業務調整/下水道計画補助
供与機材(GIS用コンピュータ、プリンタ)、
研修員受け入れ、活動経費


相手国側投入


カウンターパート人件費、施設(公共事業省居住総局とジャカルタ特別州政府内にプロジェクト執務スペース)、活動経費


外部条件


1 汚水管理を改善することが、公共事業省及びジャカルタ特別州の優先事項であり続ける。
2 マスタープラン実施のための財源が確保される。
3 下水処理施設のための用地が確保される。
 


実施体制




(1)現地実施体制


カウンターパート機関 公共事業省居住総局、ジャカルタ特別州政府、ジャカルタ下水道公社


(2)国内支援体制


国土交通省

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


【JICA】
治水関連:1997年「ジャボタベック総合水管理計画調査」、2002年「ジャボタベック地域緊急洪水被害調査」、「ジャカルタ首都圏水害軽減組織強化プロジェクト」(2007.3 - 2010.3)、「ジャカルタ首都圏総合治水能力強化プロジェクト」(2010.9 - 2013.9)

下水道:1991年ジャカルタ市都市排水・下水道整備マスタープラン
    2009年下水道運営に係る基準(案)の基礎デザイン作成支援業務

【JETRO】
2007年地球環境・プラント活性化事業等調査「ジャカルタ特別市地下貯留施設整備事業調査」


(2)他ドナー等の援助活動


世銀による主要排水路・放水路の浚渫事業(Jakarta Emergency Dredging Initiative;JEDI)(2009-2012年予定)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00153







Project Headquarters in charge

As of


Jun.03,2014







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0900215


Title


Project for Capacity Development of Wastewater Sector through reviewing the Wastewater Management Master Plan in DKI Jakarta






Country


INDONESIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Environmental Management-Water Pollution


Field 2




Field 3








Sector


Planning/Government-Government-Environment Issue






Program Title


-


Program Number


0069999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site







Jun.18,2010
Term of Cooperation2010/07 ~2012/06


Implementing Organization


Directorate General of Human Settlements, Ministry of Public Works


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成21年度) (外部公開)2010/01/13
終了時評価(平成23年度) (外部公開)2012/10/25
R/D(外部公開)2012/05/25
PDM(外部公開)2012/06/28
プロジェクト・ドキュメント/PO(外部公開)2012/06/28
報告書(ファイナルレポート(和))(外部公開)2012/08/29
報告書(Final report)(外部公開)2013/01/28

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


07/01/2010
06/30/2012