更新日2017/01/05
マラウイ事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00466_マラウイ事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0604844

プロジェクトID(旧)


5245054E0
 


500


アフリカ地域




対象国名


マラウイ


41390












対象国(その他)







 





案件名(和)


シレ川中流域における村落振興・森林復旧プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20071105日20121104日
 









分野課題1


自然環境保全-持続的森林管理


分野課題2


ジェンダーと開発-ジェンダーと開発


分野課題3


貧困削減-貧困削減


分野分類


農林水産-林業-林業・森林保全

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


5249999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)シレ川中流域における村落振興・森林復旧プロジェクト




(英)Project for community vitalization and afforestation in the Middle Shire

 





対象国名


マラウイ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2007/08/14
 


プロジェクトサイト


シレ川中流域
 
協力期間20071105日201211月 04日
   


相手国機関名


(和)

天然資源・エネルギー・環境省、林業局


相手国機関名


(英)

Department of Forestry, Ministry of Natural Resources, Energy and Environment









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


マラウイ国(以下、「マ」国と記す)シレ川中流域は、当国最大の商業都市ブランタイヤ市の北部に位置するため、同市への農産物、電力等の供給において重要な地位を占めるが、同地域の森林資源は人口増加に伴う薪の採取と畑作地の拡大により急激に減少していった。森林の伐採が進んだことにより同地域の土地は保水能力、地力が低下し、農業生産性の減少や、流出土砂の河床への堆積によって同水系にある発電施設の能力も低下するなど、同地域のみならず広範な地域に悪影響が発生するに至った。
 「マ」国政府は日本政府に対し、当地域の森林資源の減少を食い止める方策についての支援を依頼し、我が国は1999年から2000年までにマスタープラン調査を、2002年から2004年までに開発調査による実証調査を実施した。マスタープラン調査においてはコミュニティ参加による収入創出活動と植林作業を組み合わせた手法が提案され、開発調査ではその手法の有効性についての実証が行われた。調査の結果、同手法のパイロット地域における一定の成果が確認されたことから、「マ」国政府は我が国に対し、これまでの協力で有効性の実証された手法をより広範な地域に拡大することを目的とする技術協力プロジェクトの実施を要請した。


上位目標


プロジェクト対象村落において、村落住民が生計の向上を通じて持続可能な森林資源管理(土壌保全活動を含む)を実践する


プロジェクト目標


プロジェクト対象村落において、森林の保全復旧・土壌保全に配慮した育林と土壌浸食対策を含む生産的な各種活動が実施される


成果


1 プロジェクト対象村落において、参加住民が育林と土壌浸食対策を含んだ各種生産活動についての知識・技術を身につける

2 プロジェクト対象村落住民が、育林と土壌浸食対策を含んだ各種生産活動に必要な資源にアクセスできるようになる

3 プロジェクトカウンターパート機関(森林局、土地資源保全局、コミュニティ開発局等)の育林と土壌浸食対策を含む各種生産活動に係る支援能力が向上する


活動


1.1 プロジェクト対象地域の自然条件及び社会経済条件を調査する
1.2 上記調査結果を踏まえて、プロジェクト対象村落を選定する
1.3 プロジェクト対象村落内の詳細調査を実施する
(1.3.1) プロジェクト対象村落における潜在的可能性のある生産的な各種活動についての情報を収集する
(1.3.2) プロジェクト対象村落のベースラインデータの収集、及び住民の抱える課題、研修ニーズ等を調査する
1.4 育林と土壌浸食対策を含む各種生産活動に関する研修準備を行う
(1.4.1) プロジェクト対象村落周辺で活用できる人的・物的資源を調査する
(1.4.2) 上記活動で得られた情報を分析・検討し、各プロジェクト対象村落に適した研修計画を選定する
(1.4.3) 育林と土壌浸食対策を含む各種生産活動に係る研修内容を検討し、研修コースを策定する
(1.4.4) それぞれの対象村落において育林と土壌浸食対策の実演区画を準備する
1.5 育林と土壌浸食対策を含む各種生産活動に係る研修を実施する
(1.5.1) リードファーマーを育成する
(1.5.2) 村落住民に対する育林研修を実施する
(1.5.3) 村落住民に対する土壌浸食対策研修を実施する
(1.5.4) 村落住民に対する各種生産活動研修を実施する
1.6 プロジェクト対象村落の育林と土壌浸食対策を含む各種生産活動をモニタリングし、必要に応じ研修内容の修正等を行う
2.1 育林と土壌浸食対策を含む各種生産活動に必要な資源の供給可能機関にかかる情報を村落住民に提供する
2.2 育林と土壌浸食対策を含む各種生産活動を実施するために必要な最小限の資源を、主体的に活動に取組む村落住民が調達できるように、供給に係る調整を行う
3.1 上記活動に関連する普及スタッフに対し、普及技術向上のための研修コースを提供する
3.2 カウンターパートのための育林と土壌浸食対策を含む各種生産活動の促進に係るガイドラインを作成する
3.3 ガイドラインに基づいた育林と土壌浸食対策を含む各種生産活動のためにPIUへの技術支援とPIUの村民支援活動のモニタリングを行う


投入




日本側投入


総額約4.1億円
1 長期専門家 3名 (チーフアドバイザー/森林資源管理(土壌浸食対策)、農村開発、業務調整/森林資源管理(流域管理) 
2 短期専門家 2名 (参加型村落開発アドバイザー/PRODEFIモデル監督・管理、プロジェクト広報強化、必要に応じてその他の分野)
3 資機材
  ・プロジェクト用車両
  ・プロジェクト事務所用事務機器
  ・普及員用自動二輪車
  ・研修用資機材
  ・その他必要な資機材
4 現地活動費
 ・プロジェクト活動費の一部


相手国側投入


総額約0.5億円
1 人員の配置
 ・カウンターパート(プロジェクトディレクター、プロジェクトマネージャー、その他のカウンターパート)
 ・プロジェクト運営に必要な人員(秘書、プロジェクト車両用運転手) ・プロジェクト普及員(林業普及員、農業普及員等)
2 建物・施設
 ・安全なプロジェクト事務所スペース ・安全なプロジェクト車両用駐車スペース・安全なプロジェクト用資機材保管スペース ・プロジェクト専用電話回線  ・電気、水道の供給 ・両者の合意に基づいたその他必要な施設
3 プロジェクト予算
 ・プロジェクトの円滑な実施に必要な予算の確保


外部条件


・「マ」国経済状況が危機的な状況まで悪化することがない
・「マ」国政府の政策が急激な変化を起こさない
・研修を受けたプロジェクト対象村落の住民(人材)の多数が都市部へ流出しない
 


実施体制




(1)現地実施体制


<合同調整委員会>
天然資源・エネルギー・環境省 森林局/農業食糧安全保障省、土地資源保全局/男女平等・児童育成・地域開発省、地域開発局
ブランタイヤ県県知事/JICAマラウイ事務所
<運営委員会>
天然資源・エネルギー・環境省 森林局 / 南部営林局 /ブランタイヤ県営林事務所 / ブランタイヤ農政局
ブランタイヤ県農業開発事務所 / ブランタイヤ県地域開発事務所


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


①開発調査:「シレ川中流域森林復旧計画調査」(1999年-2000年)
      「シレ川中流域における森林復旧・村落振興モデル実証調査」(2002年4月-2005年3月)
②JOCV  :村落開発普及員(2004年4月-2006年4月)
      植林(2006年6月-2008年6月)
③個別専門家:森林保全管理アドバイザー
④環境プログラム無償:森林保全計画


(2)他ドナー等の援助活動


・GTZ「原生林管理」(-2006)
・アフリカ開発銀行「リロングウェ林業プロジェクト」(-2005)
・EU「Improved Forest Management for Sustainable Livelihoods Programme」(2006-2009)
・世界銀行「Irrigation, Rural Livelihoods and Agricultural Development Project」(2006-2012)
・USAID「Community Partnerships for Sustainable Resource Management (COMPASS II)」(2004-2009)
・UNDP・ICRAF「Sustainable Land Management in the Shire River Basin Project」(2010-2014)
・Millenium Challenge Corporation (MCC) 「MCC Energy Project: Environment and Natural Resources Management (ENRM) Component」(2011-2016)
・世界銀行「Shire River Basin Development Project」(2011-2023)(予定)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jan.05,2017







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0604844


Title


Project for community vitalization and afforestation in the Middle Shire






Country


MALAWI






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Nature Conservation-Sustainable Forest Management


Field 2


Gender and Development-Gender and Development


Field 3


Poverty Reduction-Poverty Reduction






Sector


Agriculture/Forestry/Fisheries-Forestry-Forestry/Forest Preservation






Program Title


-


Program Number


5249999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


Middle Shire





Aug.14,2007
Term of Cooperation2007/11 ~2012/11


Implementing Organization


Department of Forestry, Ministry of Natural Resources, Energy and Environment


Background


The Middle Shire area is adjacent to Blantyre, the largest commercial city in the country, thus has provided the city with firewood and charcoal as most common sources of domestic energy. As the local population has exploited forest resources, customary land has been deteriorated to a great extent. It resulted in soil erosion and a huge amount of silt deposited in the dams along Shire River, thus narrowed the capacity of power generation and urban water supply for the area.

To find a solution to this exigent problem, "the Pilot Study on Community Vitalization and Afforestation in Middle Shire" (hereinafter referred to as "the Pilot Study"), supported by JICA, was conducted from the year 2002 to 2005. The Pilot Study had verified the effectiveness of a pilot model of coupling afforestation activities and income generating activities for the sustainable forest resource management.

The Government of the Republic of Malawi (hereinafter referred to as "GoM") requested further cooperation to the Government of Japan (hereinafter referred to as "GoJ") to extend the pilot model to neighboring villages in the Middle Shire area. On March 2nd, 2007, both governments agreed to start "the Project for Community Vitalization and Afforestation in Middle Shire".


Overall Goal


Villagers in the target villages practice sustainable forest management through the improvement of livelihoods


Project Purpose


Productive activities including tree growing and soil erosion control are implemented with consideration of forest conservation and rehabilitation in the target villages


Output


1. The target villagers acquire knowledge and skills regarding productive activities including tree growing and soil erosion control.
2. Capacity of the target villagers is enhanced to access necessary resources for productive activities including tree growing and soil erosion control.
3. Capacity of the counterparts is enhanced in supporting productive activities including tree growing and soil erosion control.


Project Activities


1-1 To survey bio-physical and socio-economic conditions in the target area.
1-2 To select target villages based upon the above survey results.
1-3 To conduct detailed survey in the target villages.
1-3-1 To collect information on potential productive activities for the target villages.
1-3-2 To collect baseline data, and survey problems/constraints and needs for training of the target villagers.
1-4 To prepare the training for productive activities including tree growing and soil erosion control.
1-4-1 To identify and analyze locally available resources (including human and financial resources) around the target villages for the training.
1-4-2 To analyze and examine the information collected in the above activity, and identify appropriate training plans for each target village.
1-4-3 To examine the training contents regarding various productive activities and elaborate the training courses.
1-4-4 To prepare demonstration plots in each target village for tree growing and soil erosion control
1-5 To conduct training for productive activities including tree growing and soil erosion control.
1-5-1 To train lead farmers
1-5-2 To train villagers on tree growing
1-5-3 To train villagers on soil erosion control
1-5-4 To train villagers on other productive activities
1-6 To monitor the activity progress and revise training programs when necessary.

2-1 To provide the target villagers with information about resource providing organizations for productive activities including tree growing and soil erosion control.
2-2 To co-ordinate the supply of necessary minimal resources for productive activities to which villagers show their initiatives and commitments.

3-1 To conduct on-the-job training (OJT) through the above activities.
3-2 To prepare guidelines for the counterparts to enhance villager's initiatives on productive activities including tree growing and soil erosion control.
3-3 To provide technical supports to PIU members and monitor PIU's supports for productive activities including tree growing and soil erosion control based upon the guidelines.


Input Summary byJapanese Side


1. Personnel
-Chief advisor
-Project coordinator
-Forest resource management
-Rural development
-Other experts in specific fields
2. Provision of Machinery and Equipment
-Vehicle(s)
-Motorbikes(s)
-Office equipment
-Training equipment
-Other necessary equipment
3. Training of Malawian personnel
4. Necessary project activity cost






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Evaluation Team

Feb.17,2007

 ~

Mar.04,2007




































































Related Project




(1)Japanese side


-The Master Plan Study on Watershed Rehabilitation in Middle Shire in Malawi (1999-2000)
-Pilot Study on Community Vitalization and Afforestation in Middle Shire in Malawi (2002-2005)
-JOCV on Rural Development (2004-2006)
-JOCV on Forestry (2006-2008)


(2)Collaboration with Other Donors


-GTZ, Sustainable Forests Management and Conservation Project(1996-2006)
-African Development Bank, Lilongwe Forestry Project (1995-2004)
-EU, Improved Forest Management for Sustainable Livelihoods Programme (2006-2009)
-World Bank, Irrigation, Rural Livelihoods and Agricultural Development Project (2006-2012)
-USAID, Community Partnerships for Sustainable Resource Management (COMPASS II) (2004-2009)
-Millennium Challenge Corporation (MCC), MCC Energy Project: Environment and Natural Resources Management (ENRM) Component (2011-2016)






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

終了時評価(平成24年度) (外部公開)2015/07/06
R/D(外部公開)2008/10/01
PDM(外部公開)2010/07/13
プロジェクトホームページ(日本語) 2010/12/10
プロジェクトホームページ(英語) 2010/12/10

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

M/M
FM0203XX05
M/M
案件概要表

2

11/05/2007
11/04/2012