更新日2014/12/18
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



0800872

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


ナイジェリア


41210












対象国(その他)







 





案件名(和)


ラゴス州母子健康強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20100201日20140131日
 









分野課題1


保健医療-母子保健・リプロダクティブヘルス


分野課題2


ジェンダーと開発-ジェンダーと開発


分野課題3


貧困削減-貧困削減


分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


ラゴス大都市圏活性化プログラム


プログラムID


5300000000004


援助重点分野


都市部における社会開発の促進


開発課題


都市機能の改善






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)ラゴス州母子健康強化プロジェクト




(英)Project for Improving Maternal, New Born and Child Health in Lagos State

 





対象国名


ナイジェリア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2008/11/13
 


プロジェクトサイト


ラゴス州地方政府6行政区(ラゴス・アイランド、ラゴス・メインランド、エティ・オサ、アジェロミ・イフェロドゥン、スルレレ、アパパ)
 
協力期間20100201日201401月 31日
   


相手国機関名


(和)

ナイジェリア連邦共和国 ラゴス州保健省


相手国機関名


(英)

Lagos State Ministry of Health









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


「ナ」国における保健状況は、総合保健システムパフォーマンス(Overall Health System Performance)がWHO加盟199カ国中187位 (World Health Report 2000)であり、予防可能な疾病が蔓延し、妊産婦死亡率・乳幼児死亡率ともにサブサハラ以南のアフリカ諸国の平均より高く、5歳未満児死亡の約26%は新生児死亡が占めている。母子保健を取り巻く状況は非常に厳しい。
ラゴス州の妊産婦死亡率は改善傾向にあるが、未だ種々の問題をかかえている。ラゴス州保健省は、「ラゴス州経済強化開発戦略(LASEEDS)」を策定し、その内容には連邦保健省の「包括的母子保健戦略」を取り入れて保健医療分野の戦略づくりを行っており、PHC機能強化による母子保健サービスの向上に着手したところである。しかしながら、まだPHC施設(以下「PHCセンター」)の未整備、機材・人材不足が著しく、妊産婦ケア・特に分娩サービスの提供は不十分といえる。
プロジェクト対象地域である6つの地方行政区には、34箇所のPHCセンターが設置されているが、24時間体制でサービスが提供されていない、医療従事者の技術力やモラルが低い、医療機材不足、不安定な電力供給等環境が悪いといった理由からPHCセンターの利用は低い。また、対象地域内に8つある二次医療施設の中でラゴス島産科病院が最終的な妊産婦のリファラル先となっているが、緊急産科の患者はほとんどが重篤で同病院における妊産婦の死亡率は極めて高い。さらに、PHCセンターを介さず直接二次医療施設を訪れる患者集中の状況も起こっており、同病院の緊急産科部門の体制が需要に追いつかない状況である。これに対し、PHCセンターの機能を強化することによって、妊産婦検診を通じた妊産婦の異常を早期発見するとともに、PHCセンターから産科病院への適切なリファラル体制を構築することで、二次医療施設の過度な患者集中を改善することが求められている。PHCセンターの機能強化は、PHCセンター自体が提供するサービスの向上とともに、適切なリファラルによる二次医療施設の過重負担を緩和し、母子保健サービス全体の向上に資するといえる。


上位目標


ラゴス州における妊産婦及び子供の健康が改善する。


プロジェクト目標


プロジェクト対象地域において、より質の高い母子保健サービスが提供される。


成果


成果1:州保健省、州PHC庁、地方行政区の母子保健サービスに関わる計画・実施・モニタリング能力が強化される。
成果2:ラゴス島産科病院における基本的な母子保健サービス(緊急産科を含まない)が強化される。
成果3:PHCセンターにおける母子保健サービスが強化される。


活動


1-1 州保健省が地方行政区とともに対象地域で現状調査・ニーズアセスメントを行い、モデルとなるPHCセンターを選定する。
1-2 州保健省が母子保健サービスに関するデータを収集・分析し、計画に活用する。
1-3 PHCセンタースタッフが求める研修ニーズを明確にする。
1-4 PHCセンターの看護師・助産師のための研修と研修教材を準備し、必要に応じて見直す。
1-5 コミュニティ啓発活動に関する研修を企画し、必要に応じて見直す。
1-6 IEC教材の見直しを行う。
1-7 栄養、新生児ケアに関する研修を既存の研修カリキュラムに組み入れる。
1-8 州保健省、州PHC庁が地方行政区に対し5S、WHC能力強化、コミュニティの意識向上等のTOTを実施する。
1-9 上記研修を実施後、研修内容を必要に応じて見直す。
1-10ラゴス州母子保健サービスモデルの紹介セミナーを全国レベルで開催する。
1-11 保健省、州PHC庁がPHCセンターにおける母子保健サービスのモニタリング・指導を実施する。
1-12 州PHC庁が開催するコミュニティにおける母子保健サービス強化に関する定期会合を支援する。
2-1 リファラルシステム強化に向けたケースレビューミーティングを開催する。
2-2 ラゴス島産科病院へのリファラル改善に関するワークショップを開催する。
2-3 ラゴス島産科病院における5S活動が定着する(病棟の動線の整備)。
2-4 ラゴス島産科病院に母子保健サービス向上に必要な基本的な機材が提供される。
3-1 対象PHCセンターにおいて助産師・看護師向け研修を実施する。
3-2 対象PHCセンターにおいて5S研修を実施する。
3-3 対象PHCセンターにおいてコミュニケーションスキル研修を実施する。
3-4 ケースレビューミーティングの結果に基づき、対象PHCセンターでのリファラルが促進される。
3-5 対象PHCセンターに対して、母子保健サービス提供に必要な最低限の機材を供与する。
3-6 コミュニティに対し母子保健に関する啓発活動を行う。(意識の向上化を図る)


投入




日本側投入


・専門家:総括/チーフアドバイザー、業務調整/健康教育、研修企画/看護管理、産科医、助産師、健康教育/IEC等
・研修員受入: 本邦研修、第三国研修等
・機材供与(パイロットPHC及びラゴス島産科病院に対する基本的な機材、車両等)
・在外事業強化費 (研修実施経費、現地コンサルタント傭上費等)


相手国側投入


・カウンターパートの配置
・カウンターパート経費
・モニタリング活動経費
・プロジェクト事務所スペースの提供、事務所維持経費(水道代、電気代等)
・研修、セミナー実施経費の一部


外部条件


・「包括的母子保健戦略」の政策に変化がない。
・プロジェクト実施期間中に研修を受けた職員が異動しない。
・JICAとラゴス州保健省によりプロジェクトに対して予算が執行される。
 


実施体制




(1)現地実施体制


連邦保健省、ラゴス州保健省、ラゴス州PHC庁、ラゴス島産科病院、地方行政区


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・2004-2007 技術協力プロジェクト「ラゴス州環境衛生改善マラリアコントロール(LESMAC)」
 (州保健省/環境省と現地NGOがパートナーを組み、3つの地方政府地域において排水路整備、殺虫剤浸漬蚊帳の普及、マラリアの疾病管理のためのキャパシティディベロップメントを実施。同地域では草の根無償での排水路建設を先行して実施。本プロジェクトの対象サイトが含まれるためLESMACの現地NGO活用も期待。)
・2005-2008 個別専門家「保健計画」
 (地方政府における保健医療サービス向上のためラゴス州保健省に派遣され、特にPHCレベルの活性化を助言。)
・2007-2008 アジア・アフリカ知識共創プログラム(AAKCP)「きれいな病院プロジェクト」


(2)他ドナー等の援助活動


・USAID支援のCOMPASS(Community Participation for Action in the Social Sector Project)は、2004年から5年の計画でラゴス州の14の地地域において教育・保健セクターを支援。保健においては住民レベルのリプロダクティブ・ヘルス、予防接種(モニタリングのみ)、マラリア対策などの活動を実施中。本プロジェクト対象サイトのうち5つはCOMPASSと同一サイトのため住民レベルでの啓発活動や対象地域でのモニタリングの連携を期待。
・WHO地域オフィスでは、ラゴス・アイランド(プロジェクトサイトの1つ)でサーベイランスを含むポリオの支援を実施中。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Dec.18,2014







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0800872


Title


Project for Improving Maternal, New Born and Child Health in Lagos State






Country


NIGERIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-MCH /Reproductive Health


Field 2


Gender and Development-Gender and Development


Field 3


Poverty Reduction-Poverty Reduction






Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


Lagos Maternal and Child Health Care Programme


Program Number


5300000000004


Cooperation Priority Area


Promoting Human Security and Achieving MDGs


Development Issue


Improving quality of maternal and child health care service






Project Site







Nov.13,2008
Term of Cooperation2010/02 ~2014/01


Implementing Organization


Lagos State Ministry of Health


Background


Nigeria is one of the highest maternal mortality (800 per 100,000) in Sub-Saharan Africa, and accounts for 10% of 525,000 world wide maternal death. The major causes of these deaths are severe bleeding, obstructed labour, unsafe abortion, pregnancy-induced hypertension, infection and malaria, which are preventable and treatable. The Federal Government of Nigeria developed the National Economic Empowerment and Development Strategy (NEEDS) in May 2004, and set out health as one of the high priority areas (and now NEEDS 2 is under drafting). Since then, the Federal Government has been struggling for enhancing policy and institutional framework in this area, and making good progresses such as (i) the National Policy on Reproductive Health revised in September 2004 to improve the access to quality of reproductive health service, (ii) the Integrated Maternal Newborn and Child Health Strategy developed in 2007, putting strong focus on maternal and child health, including newborn, and (iii) the National Primary Health Care Development Agency established in 2007 and so forth.
The Lagos State has relatively lower maternal mortality rate (650 per 100,000) than national average due to devoted interventions by the State government such as free antenatal care and awareness campaigns among the community people. LSMOH developed the State Economic Empowerment and Strategy (SEEDS) and formulate a strategy for improving Maternal and Child Health. However, there still remain many challenges such as mostly deliveries at traditional birth attendant(TBA) houses and faith based facilities with inadequate skilled attendants, dilapidated facilities, lack of equipment and inadequate skilled health personnel for basic/emergency obstetric care at primary health care level, and inefficient referral system between primary and secondary level.
Given the situations, it is necessary to develop the capacity relating to maternal and child health care at the state, LGA and PHC levels and to establish appropriate relationships between PHC and community (including efficient referral system and), thereby improving the maternal health service at primary health care centre (PHC) and to increase in the usage of PHC.


Overall Goal


Maternal, newborn and child health is improved in Lagos State


Project Purpose


Quality maternal, newborn and child health services are provided in the targeted area
*Target area :
(i) Lagos Island, (ii) Lagos Mainland, (iii) Eti-Osa, (iv) Ajeromi-Ifelodun, (v) Surulere and (vi) Apapa


Output


(1) The capacity of LSMOH in planning, executing and monitoring maternal, newborn and child health services is enhanced.
(2) The capacity of the target LGAs planning, executing and monitoring maternal, newborn and child health services is enhanced.
(3) Basic maternal, newborn and child health services (not including EmOC) at the Lagos Island Maternity Hospital are improved.
(4) The maternal, newborn and child health services at the Pilot PHCs are improved.
* 12 Pilot PHCs will be selected in the target areas during the initial year of the Project duration.


Project Activities


1)
0 To conduct a base line survey for the target areas and set specific goals at LSMOH for indicators of the PDM.
1 To collect and analyze data at the LSMOH for formulating plans to strengthen MNCH services.
2 To prepare at LSMOH the SOP (Standard Operating Procedures) in line with the Nigerian IMNCH strategy concerning PHC's MNCH services, including the job description of MOHs and PHC's staff, and medical waste, and formulate and review SOP's training curriculum and guidelines.
3 To add value at LSMOH to the referral guidelines, which includes emergency cases, through the implementation of referrals for MNCH services in the target areas.
4 To prepare and review at LSMOH the in-service training and its guidelines concerning activities to raise awareness at the community level.
5 To conduct at LSMOH the TOT for the LGA staff on supportive supervision, monitoring and training.
6 To organize at LSMOH seminars to disseminate the model MNCH services executed through the Project for stakeholders in the Lagos State as well as the other states.
2)0 To conduct rapid assessment on the present status of PHCs in the target areas and select Pilot PHCs based on the results of the assessment and through consultations with LGAs.
1 To support the development of the SOP on the MNCH services at PHCs with the participation of relevant stakeholders.
2 To conduct at the LGAs the SOP training for PHC staff members and Lagos Island Maternity Hospital staff members.
3 To conduct at the LGAs training on raising awareness at the community level.
4 To upgrade supportive supervision and monitoring conducted by the LGA staff for PHCs' MNCH services.
5 To organize regular meetings among the LGA staff for strengthening MNCH services at PHCs.
3)1 To do referrals at the Lagos Island Maternity Hospital and the General Hospitals in the target areas in line with the value-added referral guidelines.
2) To strengthen the 5S activities, including improvement in the line of delivery services, at the Lagos Island Maternity Hospital.
3 To provide basic equipment necessary for the improvement in the MNCH services at the Lagos Island Maternity Hospital.
4) 1 To provide MNCH services in line with the SOP mainly by the Pilot PHCs staff members who have received its training.
2 To conduct referrals at the Pilot PHCs in line with the upgraded guidelines.
3 To do reporting at the Pilot PHCs under the guidance by the LGAs' MOHs.
4 To provide equipment at the level of the minimum requirement for the Pilot PHCs.
5 To conduct activities to raise awareness on MNCH and prevention from malaria at the community level in collaboration between the Pilot PHCs and existent community organizations.


Input Summary byJapanese Side


1)Experts
2)Basic Equipment
3)Local cost






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Preparatory Survey

Aug.05,2008

 ~

Aug.30,2008




































































Related Project




(1)Japanese side


-2004-2007 The Lagos Environmental Sanitation and Malaria Control Project (LESMAC)
(Technical Cooperation Project)
-2005-2008 Health Planning (Individual Expert)
-2007-2008 Asia-Africa Knowledge Co-Creation Programme For Total Quality Management for Better Hospital Services (AAKCP)


(2)Collaboration with Other Donors


-2004-2009 The Community Participation for Action in the Social Sector Project (COMPASS) [USAID]






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成21年度) (外部公開)2011/09/08
中間レビュー(平成23年度) (外部公開)2013/05/23
終了時評価(平成25年度) (外部公開)2014/12/18
R/D(外部公開)2008/11/13
報告書(中間レビュー調査報告書)(外部公開)2013/10/17
報告書(事前調査報告書)(外部公開)2013/10/17
報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2015/01/09
プロジェクトホームページ(日本語) 2010/07/06

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


02/01/2010
01/31/2014