更新日2015/05/16
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



1000368

プロジェクトID(旧)


 


100


大洋州地域




対象国名


フィジー


21020












対象国(その他)







 





案件名(和)


大洋州地域予防接種体制整備プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20110214日20140213日
 









分野課題1


保健医療-予防接種


分野課題2




分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-基礎保健

 





プログラム名


島嶼型保健医療プログラム


プログラムID


1060000000009


援助重点分野


脆弱性の克服


開発課題


保健医療サービスの向上






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)大洋州地域予防接種体制整備プロジェクト




(英)System Improvement of Expanded Programme on Immunization in the Pacific Region

 





対象国名


フィジー


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/12/02
 


プロジェクトサイト


 
協力期間20110214日201402月 13日
   


相手国機関名


(和)

保健省


相手国機関名


(英)

Ministry of Health









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


大洋州では、WHO西太平洋地域事務局(WPRO:Regional Office for the Western Pacific)の技術的支援の下、1977年から母子保健の向上を目的とした予防接種拡大計画(EPI:Expanded Programme on Immunization)を実施している。2000年には大洋州全域においてポリオの根絶が宣言され、2003年にWPROはポリオに続く重要疾患として麻疹とB型肝炎を掲げている。2003年9月に大洋州の各国政府は、予防接種プログラムを活性化するための宣言を採択し、WHO/UNICEF、日本、オーストラリアを始めとする各ドナー機関は、「大洋州における予防接種プログラム強化(PIPS:Pacific Immunization Programme Strengthening)」を枠組みとした支援を行うことに合意した。
 本PIPSにおいては、包括的なEPIプログラムの自立発展性を目的とする広域技術協力が計画されたが、効率的な予防接種事業を行う上で不可欠な、予防接種政策・計画に従った予防接種事業運営、ワクチンの必要量算出といったワクチン管理、ワクチンの品質を保持するためのコールドチェーン管理等の能力が不足している国・地域が多い。こうした状況を改善するため、大洋州の13カ国・地域(除PNG)から、日本に対し「大洋州地域予防接種事業強化プロジェクト」が要請され、2005年2月から2010年2月までの5年間、長崎大学熱帯医学研究所との業務実施契約による技術協力プロジェクトを実施した。具体的には、「大洋州予防接種事業強化プロジェクト」では、PIPSの枠組みを活用し関連ドナーとの密接な連携をおこなう中で、ワクチン管理、コールドチェーン機材管理、安全な接種管理分野において、研修コース及び専門家による技術指導を実施し、EPI活動従事者の育成を行った。 本プロジェクト実施の結果、多くの国々では、EPI事業実績が大きく改善されると共に、各国が主体的にEPIプログラムを実施・継続できるまでになった。
 しかしながら、バヌアツ、ソロモン国など保健システムの脆弱性などによりEPI事業の自立発展性がまだ確立していない国々においては、高い乳幼児死亡率の停滞、予防ワクチン接種率の伸び悩みなど、MDGsの指標達成に遅れをとっている。この課題を克服する対策として、これらの国々およびPIPS関連ドナー機関からJICAに対し、継続した研修事業への協力支援に対する期待が高い。また、フィジー国には、PIPSの枠組みの中で、周辺各国へのEPI事業強化に係る中心的な役割が期待されている。かつ、大洋州各国の主体的なEPI事業を維持するためにも、指導者を継続して養成する人材の必要性が認識されている。
 こうした背景から、フィジー国から日本国政府に対し、大洋州EPI事業にかかる技術支援(1.ワクチン管理、コールドチェーン機材維持管理の短期専門家派遣、2.第3国研修の実施、3.第3国専門家派遣)の要請がなされた。これを受けて、日本政府は、予防接種事業の体制整備を図る目的で、総合的な支援がより効果的との判断の基に、これらの個別の3要請を合体し技術プロジェクトとして採択した。


上位目標


大洋州地域の(すべての乳幼児への)安全なワクチン接種事業が継続して効果的、効率的に実施される(大洋州地域の予防接種率の向上とその維持)。


プロジェクト目標


大洋州予防接種強化事業の枠組みの中で、ワクチン管理及びコールドチェーン(CC)維持管理分野において、重点5カ国(ソロモン、バヌアツ、キリバス、サモア、ミクロネシア)を中心とした対象国が主体的に運営管理する体制整備される。


成果


1.重点5カ国を中心とした太平洋地域のワクチン管理の実施体制が改善される。
2.重点5カ国を中心とした太平洋地域のコールドチェーン機材修理並びに維持管理の体制が改善される。
3.「大洋州予防接種強化プログラム(PIPS)」が継続して円滑に運営される。


活動


1.1 重点国における各国のワクチン管理実務者養成の国内研修を開催する支援を行う
1.2 重点国における各国のワクチン管理実務者養成の国内研修において、講師として指導する
1.3 重点国における各国のワクチン管理指導者に対して、国内研修などの現場において、管理・指導・研修に関する助言指導を  行う(各国管理EPI指導者に対するOJT)
1.4 他のPIPSドナーと連携し、ワクチン管理に関する地域研修を実施する
2.1 重点国における各国のコールドチェーン機材修理並びに維持管理のための地域研修を開催する
2.2 重点国における各国のコールドチェーン機材修理並びに維持管理の技術者に対する国内研修を支援する
2.3 重点国における各国のコールドチェーン機材修理並びに維持管理の技術者に対する国内研修において、実務者への指導を   補佐する
2.4 重点国における各国のコールドチェーン機材修理並びに維持管理の主任技術者に対して、国内研修などの現場において、   管理・指導・研修開催に関する助言指導を行う(各国のコールドチェーン機材維持管理主任技師に対するOJT)
3.1 PIPS会議開催の支援を行い、各国の的確な予防接種計画に対する協力を行う
3.2 PIPSドナー定例会を支援し、継続したPIPSパートナー連携の強化を図る


投入




日本側投入


短期専門家2名(ワクチン管理:14.93MM、コールドチェーン機材維持管理:16.86MM)
研修計画・業務調整の短期専門家:15.96MM
コールドチェーン機材修理用の工具等


相手国側投入


対象国のEPIマネージャー、調整官 各1名
対象国のコールドチェーン機材維持管理の主任技術者 各1名
研修会場、機材等移動に係る車両、研修資機材


外部条件


・日常の活動に必要なEPI予算が確保できること。
・ワクチンが各国政府にとって調達可能であり続ける。
 


実施体制




(1)現地実施体制


研修運営委員会の議長:フィジー保健省保健局長
研修実施運営委員会:JICAを中心としたPIPSパートナーメンバー(保健省EPI職員、JICA、UNICEF、WHO等)


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


技術協力プロジェクト:
大洋州予防接種事業強化プロジェクトを2005年2月から5年間実施
地域保健看護師のための「現場ニーズに基づく現任研修」強化プロジェクト(2010-2014)
無償資金協力「フィジー国新医薬品供給センター建設計画」(1982-1984):上記技プロの拠点
感染症対策特別機材供与「大洋州地域感染症対策特別機材(フィラリア)」(2000-2014)
ボランティア事業(大洋州各国)


(2)他ドナー等の援助活動


上記プロジェクトは麻疹掃滅とB型肝炎の制圧を目指すPIPSとの連携で実施されている。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


May.16,2015







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1000368


Title


System Improvement of Expanded Programme on Immunization in the Pacific Region






Country


FIJI






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-Immunization


Field 2




Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Basic Healthcare






Program Title


Islands Area Health and Medical Program


Program Number


1060000000009


Cooperation Priority Area


Overcoming Vulnerabilities


Development Issue


Improvement of Health and Medical Services






Project Site







Dec.02,2010
Term of Cooperation2011/02 ~2014/02


Implementing Organization


Ministry of Health


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


02/14/2011
02/13/2014