更新日2017/12/09
農村開発部

プロジェクト基本情報







20220


























主管区分


本部


本部/国内機関


00166_農村開発部


在外事務所






 


案件番号



0702252

プロジェクトID(旧)


 


400


中東地域




対象国名


エジプト


51180












対象国(その他)







 





案件名(和)


水管理改善プロジェクトII

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20080603日20120402日
 









分野課題1


農業開発-灌漑・排水


分野課題2


水資源・防災-総合的水資源管理


分野課題3


ジェンダーと開発-ジェンダーと開発


分野分類


農林水産-農業-農業一般

 





プログラム名


ナイルデルタ等の水利用・農業生産の効率化、小農の所得向上支援


プログラムID


4630000000007


援助重点分野


貧困削減・生活水準の向上


開発課題


農業・農村開発






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)水管理改善プロジェクトII




(英)Water Management Improvement Project II

 





対象国名


エジプト


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2008/03/09
 


プロジェクトサイト


ナイル河流域7サイト
 
協力期間20080603日201204月 02日
   


相手国機関名


(和)

水資源灌漑省


相手国機関名


(英)

Ministry of Water Resources & Irrigation









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


エジプト国(以下、「エ」国)では急激な人口増加(年率2%)による水消費の増大と、農業生産拡大と雇用拡大を目指した農地拡大により、水資源の需給が逼迫している。しかし、「エ」国水資源の大部分(97%)を賄うナイル河の利用可能水量は、スーダンとの2国間の国際水利協定により年間555億トンと規定され、新たな水資源の開発にも制約がある。
 「エ」国政府は2017年を目標年とする国家水資源計画を策定するとともに、水資源消費の8割以上を占める農業セクターにおいても、灌漑改善事業、農業排水の再利用、灌漑施設の改修等による水資源利用の効率化を推進し、新たな需要に対して必要な水資源を創出することを計画している。同政府は、ドナーの支援を受けながら、水資源を適切に管理するため水利組合(WUO)の設立や末端水路の改修を含む灌漑改善事業を1980年代から実施し、WUOに末端水管理の役割を担わせるための法律改正を含む施策を推進してきた。
 しかしながら、ドナーの資金援助による灌漑施設の整備は進んだものの、設立されたWUOの数は少なく、またWUOの設立に当たっては農家の合意形成などの活動は行ってこなかった。その結果、設立されたWUOは農家の必要水量や取水可能量を考慮せずに硬直的な水配分を行なっていたり、支線水路の上流側での過剰取水のために同一水路の下流側で水不足を生じさせるなど機能しておらず、他地域への広がりも見られず、同政府が国家水資源計画の中で定めた2017年の目標の達成は困難な状況にある。このため、設立したWUOの活動を促進、管理、評価、モニタリングし、また新規のWUOの設立を促進する行政組織である水資源灌漑省灌漑局灌漑指導部(CDIAS)の能力強化の必要性が指摘されており、本プロジェクトがエジプト政府より要請された。


上位目標


国家の重要課題である効率的な水資源管理を実現できるよう、全国のWUOが灌漑区、支線、圃場(メスカ)レベルで、技術的・組織的・財政的に自立している


プロジェクト目標


全国のWUOを設立支援、活動強化できるよう、CDIASの能力が向上する。


成果


成果1:灌漑区単位で取り組んでいる「統合水資源管理」が適切に実現されるよう、様々なレベルで形成される
    WUOのその地域や状況に即した現実的且つ理想的な姿や機能が明確になる。
成果2:灌漑区単位で取り組んでいる「統合水資源管理」が適切に実現されるよう、WUOの設立支援、活動強化を
するための方策が確立される。
成果3:国内のWUOの設立支援、活動強化をするために、全国レベルで政府機関の体制が整う。


活動


1-1 WUOのための既存のガイドラインやマニュアルの収集と分析、1-2 第1GサイトでのWUOとのPRAもしくはグループディスカッションの実施、1-3 第1Gサイトでの内規、議事録、水管理活動等に基づくWUOの活動評価、1-4 参加型農村調査(PRA)等によるWUOの活動内容、実績、問題点の把握、1-5 関係者とのワークショップ・協議を通じたサイトごとの活動計画(WUO設立支援、活動強化を含む)の作成、1-6 PDM1の作成、1-7 全国での適用を目指したWUO用の運営管理マニュアルの素案作成、1-8 WUO向け研修計画の立案、1-9 WUO向けの研修用教材の作成、1-10 第1グループ(第1G)サイトにおけるWUO向け研修の実施、1-11 成果1及び2の成果取りまとめ、1-12 WUO用の運営管理マニュアルの作成、1-13 第2Gサイトの活動計画作成に対するCDIASの指導、1-14 第2GサイトにおけるWUO用の運営管理マニュアルを活用したWUO向け研修の実施

2-1 WUO強化のための既存の評価・モニタリング(M&E)システム及び手法の収集と分析、2-2 第1Gのサイトで用いる暫定M&Eシステムの作成、2-3 M&Eシステムを実行するためのチームの形成等の実施体制の整備、2-4 第1Gへの暫定M&Eシステムの適用、2-5 WUO強化のための教訓の抽出、2-6 全国展開のためのM&EシステムとWUO強化手法を盛り込んだM&Eマニュアルの作成、2-7 IAS職員の研修ニーズ調査を実施、2-8 IAS職員への研修計画策定、2-9 IAS職員への研修教材作成、2-10 IAS職員への研修実施、2-11 第2GサイトへのWUO強化のためのM&Eマニュアル適用

3-1 WUO強化に関する全国レベルのデータベース作成に対するCDIASへの助言、3-2 全国でのDIAS設置についての計画策定、3-3 全国でのDIAS職員及びWUOを強化するための活動計画をCDIASと作成、3-4 DIAS設置及び強化に関するフォローアップ会議をCDIASと開催、3-5 RMCがWUO強化に関し、関係機関間の調整機能を果たせるよう助言
※プロジェクトサイトは、第1G(日本人専門家が重点的に活動を実施するサイト)4サイト、第2グループ(第2G)(第1Gの経験等を基に作成したマニュアル等を運用してエジプト側が主体的に活動を行うサイト)2サイトから成っている。


投入




日本側投入


長期専門家(3名)
 総括/組織開発、水資源管理、水管理組織/業務調整
短期専門家
 灌漑排水等、必要に応じて派遣
供与機材
 車輌、パーソナルコンピューター、各種測定機器等
研修
 必要に応じて本邦及び第3国にて実施


相手国側投入


カウンターパート人件費、施設・土地手配など


外部条件


-WUOを強化する役割をCDIASに付与するとのエジプト政府の方針に変更がない。
-本プロジェクトの活動を通じて指導を受けたCDIAS職員の多くが現職位に留まる。
-WUOの強化を全国レベルで進めるのに必要な予算をエジプト政府が配分する。
-供与機材について免税措置がとられる
 


実施体制




(1)現地実施体制




(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・ナイルデルタ水管理改善計画(技プロ2000年3月~2007年2月)
 本プロジェクトのフェーズ1案件。


(2)他ドナー等の援助活動


1)統合型灌漑改善管理プロジェクト(IIIMP)(2006-2013年)
世銀、ドイツ復興金融公庫(KfW)、オランダ政府の融資または無償による支援を受けて水資源灌漑省が実施するプロジェクト。灌漑排水管理の改善と灌漑用水の利用にかかるサービスの効率化とを目的とする。
2)ファユーム水利組織プロジェクト(FaWUOP)(2007-2010年)
 ファユーム県内の全9灌漑区の水管理の改善を目的とするオランダ政府による支援である。
3)統合型水管理プロジェクトIntegrated Water Resources Management (IWRM) Project(2004-2008年)
水資源灌漑省 が米国国際開発庁(USAID)の支援によって実施するプロジェクトで、水利用効率と生産性の向上を目的とする。
4)灌漑改善プロジェクト(IIP)(フェーズ1:1996-2006年)
 世銀、ドイツ復興金融公庫(KfW)、OPECが資金援助して水資源灌漑省が実施するプロジェクトである。ナイルデルタにおける従来の灌漑システムを改善し、農業生産と農業所得を向上させることを目的とする。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00166







Project Headquarters in charge

As of


Dec.09,2017







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0702252


Title


Water Management Improvement Project II






Country


EGYPT






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Agricultural Development-Irrigation/Drainage


Field 2


Water Resources / Disaster Risk Reduction-Comprehensive Water Resources Management


Field 3


Gender and Development-Gender and Development






Sector


Agriculture/Forestry/Fisheries-Agriculture-Agriculture/General






Program Title


Effective Water Use and Higher Agricultural Productivitiy and ~ in the Delta and other Areas


Program Number


4630000000007


Cooperation Priority Area


Poverty Reduction / Improvement of Life Quality


Development Issue


Agricultural and Rural Development






Project Site







Mar.09,2008
Term of Cooperation2008/06 ~2012/04


Implementing Organization


Ministry of Water Resources & Irrigation


Background


Egypt faces many challenges in managing water resources because of drastic increase of population and expansion of farmland to increase agricultural production and job opportunities. Because available water from the River Nile is limited to 55.5 billion ton by an international agreement with Sudan (Nile Water Treaty), it is difficult to obtain new water provision.
To face these challenges, the government of the Egypt enacted the National Water Resources Plan (NWRP) aiming to increase water resources, to utilize the available water efficiently, and to conserve environment and public health. NWRP refers to developing necessary water resource by efficient use of Agricultural water which dominates more than 80% of water use through irrigation improvement projects, reuse of the agricultural water, rehabilitation of the irrigation facilities, etc. The government of Egypt has implemented those irrigation improvement projects with donor agencies from 1980s, which include participatory irrigation management alongside facility rehabilitation.
According to these facts and the effect of the Japanese Technical Cooperation, Water Management Improvement Project implemented from 2000 to 2007, the government of Egypt decided to submit to JICA the Proposal of the Project for enhancing the capacity of the staff of Central Department of Irrigation Advisory Service (CD-IAS) which supervise and manage Water Users Organizations (WUOs).


Overall Goal


WUOs at the district, branch and mesqa levels are technically, organizationally and financially self-operational nationwide to meet the national agenda of efficient water resource management.


Project Purpose


The capacity of CDIAS staff is enhanced to be able to establish and strengthen WUOs nationwide.


Output


1. Ideal forms and functions of WUOs at the different levels are identified for the realization of proper district-based integrated water resource management.
2. Methods of strengthening WUOs are developed for the realization of proper district-based integrated water resource management.
3. Institutions are built nationwide among the government agencies for strengthening WUOs in the country.


Project Activities


Output 1 (at the Project Sites 1 and 2)
1-1. To review existing guidelines and manuals, which describe the roles and mandates of WUOs at the different canal levels and at the different development stages
1-2. To conduct PRA or group discussions with WUOs at the Project Sites 1
1-3. To review theWUOs' performances at the Project Sites 1 through the internal regulations, records of the regular meetings and their group activities, water management practice, etc.
1-4. To identify the WUOs' problems, issues to be considered for each of the Project Sites 1
1-5. To make PO (Plan of Operations) for each of the Project Sites 1 (including agreement with JSC)
1-6. To make PDM-1 for the Project by indicating expected Outputs at each of the Project Sites 1
1-7. To prepare a tentative operation manual for WUOs, that indicates their ideal forms and functions, to be applied nationwide
1-8. To make a training plan for WUOs members (e.g. O&M planning, water management planning, organizational management planning, etc.)
1-9. To prepare training materials
1-10. To conduct trainings to WUOs in the Project Sites 1 (Outputs shall be O&M plan, water management plan, organizational management plan, etc.)
1-11. To combine and analyze the results of Outputs 1 and 2
1-12. To prepare an operation manual for WUOs
1-13. To provide advice to CDIAS for making an activity plan for each of the Project Sites 2
1-14. To conduct trainings to WUOs in the Project Sites 2 by applying the operation manual

Output 2 (at the Project Sites 1 and 2)
2-1. To review existing M&E systems and methods for strengthening WUOs
2-2. To draft a tentative M&E system and method to be applied for existing WUOs at the Project Sites 1
2-3. To set up an implementation structure, including an implementation team, for applying the tentative M&E system
2-4. To apply the tentative M&E system to existing WUOs at the Project Sites 1
2-5. To extract lessons learnt necessary to strengthen WUOs for enabling them to realize proper district-based integrated water resource management
2-6. To prepare a M&E manual that indicates M&E system and method for strengthening WUOs, to be applied nationwide
2-7. To conduct training needs assessment for the IAS staff
2-8. To make a training plan for the IAS staff
2-9. To prepare training materials for the IAS staff
2-10. To conduct trainings
2-11. To apply a M&E manual for strengthening WUOs at the Project Sites 2

Output 3 (nationwide)
3-1. To provide advice to CDIAS for making a national database related to the strengthening WUOs
3-2. To make a plan to set up DIAS nationwide
3-3. To make an action plan with GDIAS for strengthening DIAS staff as well as WUOs nationwide
3-4. To conduct follow-up meetings with GDIAS for DIAS set up and strengthening
3-5. To provide advice to Regional Management Committees (RMCs) for enabling them to coordinate the related agencies for strengthening WUOs


Input Summary byJapanese Side


1.Dispatch of Japanese Experts
Three Japanese experts are dispatched
2.Provision of Machinery and Equipment
3.Training of Egyptian Personnel in Japan






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



preliminary study







































































Related Project




(1)Japanese side


Water Management Improvement Project, 2000-2007


(2)Collaboration with Other Donors


IIIMP: Integrated Irrigation Improvement Project






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

中間レビュー(平成21年度) (外部公開)2012/04/05
終了時評価(平成23年度) (外部公開)2015/05/25
プロジェクトホームページ(日本語) 2009/07/21

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


06/03/2008
04/02/2012