更新日2018/10/05
スリランカ事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00368_スリランカ事務所


本部/国内機関






 


案件番号



1000351

プロジェクトID(旧)


 


925


南アジア




対象国名


スリランカ


14070












対象国(その他)







 





案件名(和)


北・東部家畜飼育プロジェクト(現地国内研修)

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20110101日20130331日
 









分野課題1


農業開発-家畜衛生・畜産


分野課題2




分野課題3




分野分類


農林水産-畜産-畜産

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


0669999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)北・東部家畜飼育プロジェクト(現地国内研修)




(英)In-Country Training Program on Animal Husbandry in North & East Provinces

 





対象国名


スリランカ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/12/23
 


プロジェクトサイト


ワウニア、バティカロア、アヌラダプラ
 
協力期間20110101日201303月 31日
   


相手国機関名


(和)

家畜開発省家畜生産衛生局


相手国機関名


(英)

Ministry of Livestock Development Department of Animal Production and Health









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


スリランカ国では、2002年2月の停戦合意後、北東部地域への避難民の再定住が進んだ。生活の糧を持たない再定住民にとって、家畜・家禽飼育は即効的に収入を得ることのできる手段である。しかし、これら家畜・家禽飼育から収入を得るために必要な適切な知識・技術を、再定住民は持っていない。当機構では2008年11月まで3年間、本案件の先行案件として現地国内研修を中心としたプロジェクトを実施していたが、2009年の内戦終結とそれに伴う再定住住民の増加を背景に、引きつづき協力を行うものである。
 なお、研修指導を行う北・東部州家畜衛生局スタッフの中には畜産分野における本邦研修に参加した帰国研修員が7名程度含まれていることから、研修効果の周囲への波及という観点からも効果的な協力である。


上位目標


研修受講農家の畜産による収入が向上する。


プロジェクト目標


研修受講農家の家畜経営能力が向上する。


成果


1. 研修受講農家の家畜・家禽飼育技術が向上する。
2. 研修受講農家の家畜・家禽管理技術が向上する。
3. 研修受講農家の畜産物加工技術が向上する。


活動


1-1 家畜・家禽の繁殖技術の研修を実施する。
1-2 家畜・家禽の飼養技術の研修を実施する。
1-3 家畜・家禽の衛生管理技術の研修を実施する。
2-1 適正規模の牛舎、鶏舎の建築法についての研修を実施する。
2-2 レコーディングシステムについての研修を実施する。
3-1 畜産物加工技術の研修を実施する。
3-2 マーケティングシステムについての研修を実施する。


投入




日本側投入


1. 研修用資機材(各種プレゼンテーション用資機材等)
2.研修施設整備
3. 研修教材(印刷製本費等)
4. 研修諸費(日当、宿泊、旅費、外部講師謝金、研修旅行費、会議費等)
5. 技術フォローアップ用資機材
6.業務調整員


相手国側投入


1. 研修施設
2. 内部講師旅費、謝金
3. コストシェアリング(研修諸費の一部)


外部条件


・ 北・東部州の政情が安定している。
・ 研修受講農家が畜産業に従事し続ける。
・ 北・東部州で家畜伝染病が大発生しない。
・ 北・東部州に大規模な自然災害が起こらない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


北部州、東部州の家畜生産衛生局が各州の畜産研修センターで行う研修の実施・運営を行う。Seepukulam畜産研修センターで行う乳製品加工の研修については、家畜開発省家畜生産衛生局が実施・運営を行う。


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・ 家畜関連のJICA本邦研修
・ スリランカ小規模酪農改善プロジェクト


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Oct.05,2018







Overseas Office


JICA Sri Lanka Office


Headquarters
Domestic Office








Project Number


1000351


Title


In-Country Training Program on Animal Husbandry in North & East Provinces






Country


SRI LANKA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Agricultural Development-Animal Health Hygiene / Livestocks


Field 2




Field 3








Sector


Agriculture/Forestry/Fisheries-Livestock Industry-Livestock Industry






Program Title


-


Program Number


0669999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site







Dec.23,2010
Term of Cooperation2011/01 ~2013/03


Implementing Organization


Ministry of Livestock Development Department of Animal Production and Health


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


01/01/2011
03/31/2013