更新日2017/12/01
農村開発部

プロジェクト基本情報







20220


























主管区分


本部


本部/国内機関


00166_農村開発部


在外事務所






 


案件番号



0702186

プロジェクトID(旧)


 


400


中東地域




対象国名


イラン


51030












対象国(その他)







 





案件名(和)


ゴレスタン州住民参加型農業開発促進プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20090116日20140115日
 









分野課題1


農業開発-農業サービス(普及,研究,金融,農民組織等)


分野課題2


貧困削減-貧困削減


分野課題3




分野分類


農林水産-農業-農業一般

 





プログラム名


都市と農村の格差是正プログラム


プログラムID


4120000000003


援助重点分野


都市と農村の格差是正


開発課題


都市と農村の格差是正






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)ゴレスタン州住民参加型農業開発促進プロジェクト




(英)Establishment of participatory water management system in Golestan province

 





対象国名


イラン


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2008/08/06
 


プロジェクトサイト


ゴレスタン州
 
協力期間20090116日201401月 15日
   


相手国機関名


(和)

ゴレスタン州農業局


相手国機関名


(英)

Jihad-e-Agriculture Organization, Golestan Province









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


イラン国の農業分野はGDPの約10%、就業人口の約30%を占める重要なセクターであるが、国土の3/4が年平均降水量300mmに満たない地域で、国全体の年平均降水量も250mm程度に留まっており、農業にとって水の確保が重要な課題である。こうした中でJICAはこれまでに、北東部カスピ海沿岸の年平均降水量が多く水田稲作が盛んなマザンダラン州及びギラン州を主たる対象として、稲作の生産性の向上のため、技術協力プロジェクト「カスピ海沿岸地域農業開発計画(1990年~1996年)」及び「ハラーズ農業技術者養成センター計画(1999年~2004年)」を実施し、①圃場整備及び機械化稲作にかかる農業関係機関職員への技術移転、②これら技術の普及のための研修実施体制の整備、③農業関係機関の他職員や中核農民に対する研修を行なった。その結果、これら地域においては、圃場整備と機械化が進み、生産性向上(単位面積あたりの米収量の増加等)が図られてきている。
一方、その他の地域のうち、カナート(地下水源からの導水)を利用した農業以外の地域では、従来より天水農業が行なわれていたが、イラン国は、こうした地域を中心に、灌漑開発を進めてきた。ゴレスタン州はこうして灌漑開発が進められてきた重要な州のうちの一つで、州内の灌漑農地面積は1996年からの10年で約4割増加した。農業就業人口比率は46%(全国一位)、州面積に占める農地面積(約54万ha)の比率は26%と高く、農業が基幹産業であり、主に飼料作物や小麦、大麦が栽培されている。
 JICAは、このゴレスタン州のゴルガン平原を対象に、2002年に水資源の有効利用と塩害防止策を考慮した灌漑排水計画の策定のための開発調査「ゴルガン平原灌漑排水及び農業開発計画調査」を実施し、その中で本プロジェクトの支援対象地であるタザ・アバッド灌漑地区など2灌漑地区の詳細開発計画を含む開発計画が策定され、①営農、②灌漑排水、③農業生産組合強化の方向が示された。イラン政府は、同開発計画を受けて独自の予算で、施設整備を実施してきているが、農民への営農指導や農民組織の強化(特に水管理機能)が不十分なこともあって、整備された灌漑設備が十分に機能しておらず、地域の農業生産性は低く、農民収入も低い水準に留まっている。この様な背景のもと、イラン国政府は、我が国に本技術協力プロジェクトを要請した。


上位目標


1. 住民参加型水管理モデルの導入によりタザ・アバッド地区における水生産性が向上する。
2. タザ・アバッド地区での経験と知識がゴレスタン州の他地域およびイラン国内における参加型水管理システムを普及するにあたり活用される。


プロジェクト目標


タザ・アバッド灌漑地区に参加型水管理を普及させるための体制が整備される。


成果


成果1:タザ・アバッド地区全体の水管理計画がペイバンド生産組合によって作成される。
成果2:パイロットサイトにおいて、水の最適利用および改良型営農システムを適用した参加型水管理のモデルが作成される。
成果3:ゴレスタン農業局の住民参加型水管理に関する能力が開発される。
成果4:ゴレスタン州内の他地域へ参加型水管理を普及させる準備ができる。


活動


1-1 地域全体の現状を把握するためのベースライン調査を実施する。
1-2 タザ・アバッド灌漑地区内に、プロジェクト推進のための協議会を設置する。
1-3 タザ・アバッド灌漑地区の全体営農計画を策定する。
1-4 タザ・アバット灌漑地区の土壌・水の保全に配慮した改良営農計画及び最適水利用のための灌漑計画を策定する。
1-5 タザ・アバッド灌漑地区の灌漑排水施設の運用管理計画を策定する。
1-6 タザ・アバッド灌漑地区で活動するペイバンド農業生産組合に、水管理組織を設置する。
1-7 2次水路ごとの「水管理グループ」を設立する。
1-8 タザ・アバッド灌漑地区のGISデータベースを作成する。
1-9 主要灌漑排水施設の運用管理セミナーおよび研修を実施する。
2-1 タザ・アバッド地区における住民参加型水管理モデル設立のためのパイロットサイトを選定する。
2-2 パイロットサイトにおいて、「水管理グループ」を組織する。
2-3 パイロットサイトの灌漑排水計画を策定し、実践する。
2-4 パイロットサイトの灌漑施設運用管理計画を策定し、実践する。
2-5 パイロットサイトの営農計画を策定し、実践する。
2-6 パイロットサイトにおいて、必要最小限の灌漑排水施設を整備する。
2-7 タザ・アバッド地区農家に対する水管理及び作付管理の知識と技術共有のためのセミナーおよび研修を実施する。
2-8 パイロットサイト内の展示圃場において適切な水管理の実践による改良型営農を実践する。
3-1 参加型水管理の現状分析を行い、基本方針をたてる。
3-2 農業局CPが参加型水管理の能力開発研修計画を作成する。
3-3 農業局CPが研修教材を作成する。
3-4 農業局CPが研修を試行する。
3-5 農業局CPが研修の検証をする(PDCAサイクルの仕組みづくり)。
4-1 ゴレスタン州内の他地域やイラン国内他地域へ参加型水管理を普及させるために、農業局内に参加型水管理普及部門を設立する。
4-2 ゴレスタン州内に参加型水管理を普及させるための普及計画を作成する。
4-3 水質および水量の保全を考慮したゴルガン川流域の水利調整のための適正な手法を検討する。


投入




日本側投入


ア)専門家派遣
長期専門家 4名
1)チーフアドバイザー/参加型水管理
2)灌漑排水
3) 営農システム
4) 業務調整/研修
短期専門家
1)水文気象
2)農民組織強化
3)視聴覚教材作成
4) その他
イ)機材供与
1) 実証農業用資機材
2) プロジェクト事務所用資機材
3) 普及及び研修用機材
4) 気象、水文、水質、土壌測量に必要な機材
ウ)本邦研修
イラン側カウンターパートに対する研修


相手国側投入


ゴレスタン州農業局における必要なカウンターパートの配置
タザ・アバッド灌漑地区内の展示圃場用地の提供
プロジェクト事務所スペースの提供、他


外部条件


①前提条件
イラン政府の農民組織及び水管理にかかる政策が変更されない。
②成果及びプロジェクト目標達成のための外部条件
タザ・アバッド灌漑地区への水の配分が悪化しない。
気候条件が大幅に変化しない。
農産物市場が安定している。
③上位目標達成のための外部条件
イラン政府においてゴレスタン州農業局への予算配分が十分に維持される。
 


実施体制




(1)現地実施体制


関係機関によって以下の委員会が組織されている。

中央レベル:ステアリングコミッティー
地方レベル:ファシリテーターグループ
プロジェクトサイトレベル:プロジェクト推進組織(タザ・アバッドコミッティー)


(2)国内支援体制


課題アドバイザーを部内に配置

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


「ゴルガン平原灌漑排水及び農業開発計画調査」(2002年1月~2003年2月)


(2)他ドナー等の援助活動


特になし

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00166







Project Headquarters in charge

As of


Dec.01,2017







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0702186


Title


Establishment of participatory water management system in Golestan province






Country


IRAN






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Agricultural Development-Agricultural Services


Field 2


Poverty Reduction-Poverty Reduction


Field 3








Sector


Agriculture/Forestry/Fisheries-Agriculture-Agriculture/General






Program Title


Reduction of Urban and Rural Community Income Disparities Program


Program Number


4120000000003


Cooperation Priority Area


Reduction of Urban and Rural Community Income Disparities


Development Issue


Establishment of Sustainable Agricultural Production to Increase the Income of Farmers






Project Site


Golestan province





Aug.06,2008
Term of Cooperation2009/01 ~2014/01


Implementing Organization


Jihad-e-Agriculture Organization, Golestan Province


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To




Oct.22,2007

 ~

Nov.11,2007




Jul.31,2008

 ~

Aug.09,2008






























































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事業事前評価表(平成20年度) (外部公開)2010/03/11
中間レビュー(平成23年度) (外部公開)2012/10/17
R/D(6/Aug./2008)(外部公開)2010/07/21
プロジェクトホームページ(日本語) 2010/06/15
プロジェクトホームページ(ペルシャ語) 2010/06/15

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


01/16/2009
01/15/2014