更新日2015/05/29
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



0901292

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


スーダン


41110












対象国(その他)







 





案件名(和)


北部スーダン職業訓練強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20110101日20131231日
 









分野課題1


教育-職業訓練・産業技術教育


分野課題2




分野課題3




分野分類


人的資源-人的資源-職業訓練

 





プログラム名


職業訓練支援プログラム


プログラムID


4720000000032


援助重点分野


平和の定着支援


開発課題


職業訓練支援






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)北部スーダン職業訓練強化プロジェクト




(英)Project for Strengthening Vocational Training

 





対象国名


スーダン


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/07/28
 


プロジェクトサイト


ハルツーム2職業訓練センター
 
協力期間20110101日201312月 31日
   


相手国機関名


(和)

労働・公共サービス・人材開発省 職業・徒弟訓練評議会(SCVTA)


相手国機関名


(英)

Ministry of Labour, Public Service and Human Resources Development GONU, SCVTA,Sudan









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


スーダンの2009年のGDP成長率は世界経済の落ち込みや石油価格の下落等により3.8%にとどまったものの、南北紛争が終結した2005年から2008年までは石油開発等が牽引役となり、平均で9.0%の成長を維持した。しかしながら、失業率は約17%と高く、この背景として、産業界の労働需要を満たすことができる技能労働者が質・量共に不足していること等が指摘されている。スーダン労働省(プロジェクト開始当時は、労働・公共サービス・人材開発省)傘下の職業・徒弟訓練評議会(SCVTA)は、その法令「Vocational Training and Apprenticeship Act 2001」の中で、「職業訓練は生産性の高い労働者を育成するための手法」と謳っているものの、職業訓練システムの現状は①旧態依然とした制度・カリキュラム、②職業訓練センター運営管理能力の不足、③職業訓練センター指導員の能力不足、④職業訓練センター施設・機材の老朽化、等の問題を抱えており、産業界における労働需要や訓練ニーズに応えていない状況である。 このような状況下スーダン政府は、産業界のニーズを反映した、より戦略的な産業人材育成計画を策定するために我が国に対して職業訓練システムのマスタープラン策定のための開発調査を要請した。我が国は、2008年11月から2010年3月にかけて「職業訓練システム開発調査」を実施し、スーダンの労働市場を踏まえた持続的な職業訓練システムの確立に向けたマスタープランの策定、マスタープランの実現に向けたアクションプランの作成、SCVTAと関係機関への各種提言、および計画策定・実施能力の強化支援を行った。
本プロジェクトは上記調査での提言に基づき、スーダンの職業訓練システム改善のためにSCVTAの職業訓練実施能力の強化支援が要請されたものである。
 なお、2011年7月の南部スーダン独立によって、それまで国家収入の大部分を占めていた石油による収入が激減し、石油収入に依存してきた産業構造の改革が求められているが、職業訓練はその一端を担うものとしてますます重要視されている。


上位目標


職業訓練システムが強化され、訓練修了生の就業機会が拡大する。


プロジェクト目標


社会および労働市場のニーズを踏まえたSCVTAの職業訓練統括能力が強化される。


成果


成果1) SCVTAの職業訓練センター支援機能が強化される。
成果2) SCVTAの各種職業訓練プロバイダー支援機能が強化される。


活動


1-1. カリキュラム開発のためのモデルコースを長期および短期コースの双方で選定する。
1-2. モデルコースにおいて産業界のニーズに合ったカリキュラム、訓練計画、教材が開発される。
1-3. 短期コースの訓練実施に必要な施設整備と機材を供与し、機材維持管理システムを構築する。
1-4. 短期モデルコースの新カリキュラムの下、指導員訓練を実施する。
1-5. 職業訓練センターにおいて短期モデルコースを実施する。
1-6. 短期モデルコースの実施結果を長期モデルコースへ反映し、長期モデルコースのカリキュラムを改訂する。
1-7. 訓練の評価を行い、プログラムへのフィードバックを行う。
1-8. 指導員訓練再編計画およびSCVTA年間活動計画についての助言を行う。

2-1. 紛争の影響を受けた人々を含む社会的弱者に重視して各種職業訓練プロバイダー機関の訓練ニーズを確認する。
2-2. 紛争の影響を受けた人々を含む社会的弱者訓練に適当な各種職業訓練プロバイダー機関の特定を行う。
2-3. 各種職業訓練プロバイダー機関の指導員訓練を行う。
2-4. 各種職業訓練プロバイダー機関における短期訓練の実施に向けた支援を行う。
2-5. 訓練の評価を行い、プログラムへのフィードバックを行う。
2-6. 各種職業訓練プロバイダー機関への技術的助言を行う。


投入




日本側投入


①専門家派遣
・業務主任/訓練センター運営
・カリキュラム開発
・技術指導
・社会的弱者支援
・必要に応じてその他の分野
②本邦研修および第三国研修
③機材(ハルツーム2職業訓練センター)
④訓練実施経費の一部
⑤訓練施設の一部整備
⑥その他の経費


相手国側投入


①人材
・プロジェクトダイレクター
・プロジェクトマネージャー
・カウンターパート
②施設・機材
・プロジェクト実施に必要な執務室および施設設備の提供。
③プロジェクトに関わる現地経費
・訓練実施経費
・機材維持管理経費
・カウンターパートの給与


外部条件


1)前提条件;治安状況が安定している。
2)成果(アウトプット)達成のための外部条件;SCVTAのスタッフが継続的に在籍すること。
3)プロジェクト目標達成のための外部条件
  ・経済成長および産業人材への労働需要が継続すること。
  ・労働・公共サービス・人材開発省が必要な財的かつ人的リソースをSCVTAに継続して配賦すること。
4)上位目標達成のための外部条件
  ・スーダン社会の安定に向けて和平合意(CPA)プロセスが尊重されること。
  ・スーダンの経済状況が大幅に悪化しないこと。
 


実施体制




(1)現地実施体制


・労働省 職業・徒弟訓練評議会(SCVTA) スタッフ約40名
・SCVTA傘下の職業訓練センター、および公立職業訓練センター
・紛争の影響を受けた人々を含む社会的弱者支援を実施する各種訓練プロバイダー機関


(2)国内支援体制


関係省庁は特になし。

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・スーダン国職業訓練システム開発調査(M/P調査) (2008.11-2010.3)
・スーダン「ダルフール及び暫定統治三地域人材育成プロジェクト」(2009.6~2013.5)
・スーダン「カッサラ州基本行政サービス向上による復興支援プロジェクト」(2011.05-2014.04)


(2)他ドナー等の援助活動


・UNDPの支援にて武装解除・動員解除・社会復帰(DDR)を推進中。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


May.29,2015







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0901292


Title


Project for Strengthening Vocational Training






Country


SUDAN






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Educatio-Technical & Vocational Edu. & Training


Field 2




Field 3








Sector


Human Resources-Human Resources-Vocational Training






Program Title


Program for Vocational Training


Program Number


4720000000032


Cooperation Priority Area


Assistance for Consolidation of Peace


Development Issue


Assistance for Vocational Training






Project Site


Kartoum2 Vocational Training Center





Jul.28,2010
Term of Cooperation2011/01 ~2013/12


Implementing Organization


Ministry of Labour, Public Service and Human Resources Development GONU, SCVTA,Sudan


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成22年度) (外部公開)2012/09/26
中間レビュー(平成24年度) (外部公開)2013/12/19
終了時評価(平成25年度) (外部公開)2014/03/20
R/D(外部公開)2010/08/29
PDM(外部公開)2012/12/17
報告書(詳細計画策定調査報告書)(外部公開)2013/11/21
報告書(中間レビュー調査報告書)(外部公開)2014/01/21
報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2014/04/11
プロジェクトホームページ(日本語) 2012/08/07

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


01/01/2011
12/31/2013