更新日2013/05/23
経済基盤開発部

プロジェクト基本情報







20190


























主管区分


本部


本部/国内機関


01685_経済基盤開発部


在外事務所






 


案件番号



0800948

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


ブルンジ


41100












対象国(その他)







 





案件名(和)


公共交通公社運営能力再生プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20090301日20120701日
 









分野課題1


平和構築-(旧)公共・インフラ社会サービス支援


分野課題2


運輸交通-全国交通


分野課題3


都市開発・地域開発-その他都市開発・地域開発


分野分類


公共・公益事業-運輸交通-陸運

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


5669999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)公共交通公社運営能力再生プロジェクト




(英)Rehabilitation of Public Transportation

 





対象国名


ブルンジ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2008/10/16
 


プロジェクトサイト


ブジュンブラ
 
協力期間20090301日201207月 01日
   


相手国機関名


(和)

運輸・郵政・通信省、公共交通公社(OTRACO)


相手国機関名


(英)

Ministry of Transport, Post and Telecommunications; Office of Transport in Common









日本側協力機関名


国土交通省
 


プロジェクト概要




背景


ブルンジ国(以下、「ブ」国)は1962年にベルギーから独立して以来、隣国ルワンダ同様、フツ族とツチ族の抗争が絶えず、1993年より10年以上続いた内戦の影響により国内のインフラの整備およびメンテナンスが十分に行なわれてこなかった。内戦は、最後まで和平合意に参加していなかった反政府武装勢力(FNL)と2006年9月に署名したことで終結を迎えており、「ブ」国では復興と開発に向けた取り組みが進みつつある。
 こうした中、「ブ」国政府は、国内のインフラ整備により経済・社会活動を活性化させて「持続的公平な成長の振興」というPRSPの方針の1つを達成しようとし、取り組みを始めている。この取り組みにおいては、人口の90%が居住する地方部を含んだ開発が重要であるが、首都ブジュンブラと地方をつなく重要な交通はバスによるものとなっており、そのバス運行サービスは公共交通公社(以下、OTRACO)がそのほとんどを担っている。
 OTRACOは、内戦前には100台超のバスを有しブルンジ全土にバス運行サービスを提供してきたが、内戦によりバスの適切な維持管理が行われず、また車両も老朽化しているため稼動率が低下している(稼働率61.8%)。内戦終結前後より自助努力により車両を購入しているものの、現在は68台のバスを所有するのみで(うち42台のみが運行可能)、現在は首都および主要な都市間に低頻度のバス運行サービスを行なうに止まっている。さらに、車両整備機材及び施設の老朽化も進んでいる。
 わが国は06年度緊急開発調査「ブジュンブラ市都市交通改善計画調査」(以下、緊急開調)の中で、OTRACOに対してワークショップを開催して機材の維持管理の技術支援を実施したが、同調査の中でOTRACOの将来計画として、運行および維持管理に関するデータ整備、予防保全、運行部門と維持管理部門間の情報共有、人材育成・適正配置などの改善が挙げられている。また、現在は予算の約10~30%が政府補助金によってまかなわれているものの、将来的に独立採算を目指しており、運営能力の向上も求められている。
 本件は、平和の定着に向けた生活環境の改善に資するものであり、上記のOTRACOの運営能力の再生により、OTRACOのバス運行サービスの質・量を向上させることを目的とする。


上位目標


・公共交通機関の構築により住民の移動が円滑になる。


プロジェクト目標


・OTRACOのバス運行サービスの質・量が向上する。


成果


成果1:OTRACOのバス運営能力が向上する。
成果2:OTRACOのバス維持管理能力が向上する。
成果3:OTRACOの運行管理能力が向上する。
成果4:OTRACOの支社の機能が再建される。


活動


1-1 公共交通の現状、OTRACOの運営・運行の現状を把握する。
1-2 OTRACOの運営の基本方針、運行計画の基本方針を検討する。
1-3 基本方針に沿ってOTRACOの運営能力の強化を行う。
2-1 OTRACOのバス維持管理の現状を把握する。
2-2 維持管理の基本方針を検討する。
2-3 基本方針に沿って維持管理能力の強化を行う。
3-1 OTRACOの運行管理の現状を把握する。
3-2 運行管理の基本方針を検討する。
3-3 基本方針に沿って、運行管理能力の強化を行う。
4-1 OTRACO支社の再建、運営の基本方針を検討する。
4-2 基本方針に沿って支社再建のための能力の強化を行う。


投入




日本側投入


・長期専門家派遣2名(総括/バス運行・運営、業務調整)
・短期専門家派遣3分野(バス運行管理、バス維持管理、財務管理)
・供与機材
・ルワンダ国公共交通公社(ONATRACOM)との共同ワークショップ開催費用


相手国側投入


・カウンターパートの配置
・執務スペース
・職員給与、管理経費


外部条件


・OTRACOに民営化の計画がない。
・能力向上したスタッフが辞職しない
・運輸・郵政・通信省から必要な承認が得られる
・ギテガ支社がOTRACOに返還される
・OTRACOに対する補助金が激減しない
・ギテガ支社に対する政府の方針が変更しない
 


実施体制




(1)現地実施体制


・プロジェクト・ディレクター:OTRACO総裁
・プロジェクト・マネージャー:OTRACO局長
・JCC
 -議長:運輸・郵政・通信省(MTPT)大臣官房長
 -ブルンジ側メンバー:運輸・郵政・通信総局長(運輸・郵政・通信省)、総裁、局長、運行部長、管理・法務            部長、財務部長、技術部長、内部監査室長(以上、OTRACO)
 -日本側メンバー:専門家、JICAブルンジフィールドオフィス代表


(2)国内支援体制


必要に応じて、外務省および国土交通省を含む関係機関への報告を行う。

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


【無償資金協力】
81年公共輸送力増強計画(2.80億円)、83年公共輸送力増強計画(3.20億円)、85年バス整備工場建設計画(6.00億円)、86年バス整備工場建設計画(4.89億円0、87年公共輸送力増強計画(7.00億円)、89年ギテガ市バスガレージ等建設計画(1/2期)(4.58億円)、90年ギテガ市バスガレージ等建設計画(2/2期)(3.89億円)、08年度公共輸送整備計画(予定)
【本邦研修】
01年~04年アフリカ地域大型ディーゼル車整備技術(国別研修)(各年1名、03年のみ2名)
【開発調査】
08年ブジュンブラ市都市交通改善計画調査


(2)他ドナー等の援助活動


なし

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
01685







Project Headquarters in charge

As of


May.23,2013







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0800948


Title


Rehabilitation of Public Transportation






Country


BURUNDI






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Peace-building-(Prev.)Infrastructure and Social Services


Field 2


Transportation-National Transportation


Field 3


Urban/Reginal Development-Other Urban &Regional Development Issues






Sector


Public Works/Utilities-Transportation/Traffic-Road Transport






Program Title


-


Program Number


5669999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


Bujumbura





Oct.16,2008
Term of Cooperation2009/03 ~2012/07


Implementing Organization


Ministry of Transport, Post and Telecommunications; Office of Transport in Common


Background


OTRACO (Office of Transport in Common), which is responsible and executive agency for public transportation in Burundi under the Ministry of Transport, Post and Telecommunications, procured buses through Japan's Grant Aid Scheme as well as financial resourcce from the Government of Burundi, and it had created new networks of public transportation.
Due to 13-year civil conflict since 1994, OTRACO have not been able to maintain most of the buses and equipments properly and cannot conduct its bus operation sufficiently. As most of population lives outside of the capital, it is essential to reestablish the transportation network all over the country, which was destroyed by the civil conflict, in order to promote economic development. Thus, the OTRACO's bus operation, as a public transportation agency, becomes a key for the development of the entire country.
In the beginning of 2007, JICA started to conduct "Emergency Study on Urban Transport in Bujumbura," to improve the overall situation of the urban transport system in the capital by formulating an urban transport plan, including technical support to OTRACO. As a result of the study, it was revealed that OTRACO has challanges in the management of the agency as well as bus operation and maintenance.
In July 2007, OTRACO has applied for Japan's Grant Aid to procure about 100 new buses, in order to rehabilitate the number of the buses and the bus network and, at the same time, it also has requested the technical cooperation project to strengthen the capacity of management, operation and maintenance of OTRACO. Therefore, the project aimes at the comprehensive capacity building of OTRACO.


Overall Goal


The movement of people will be increased through improvement of public transportation.


Project Purpose


The service of bus operation by OTRACO is improved quantitatively and qualitatively.


Output


1. Capacity of bus management of OTRACO is improved.
2. Capacity of bus maintenance of OTRACO is improved.
3. Capacity of bus operation control of OTRACO is improved.
4. Function of branches of OTRACO is reactivated.


Project Activities


1-1 To study current situation of public transportation and system of operation and management of
OTRACO.
1-2 To elaborate basic management policy and bus operation plan of OTRACO.
1-3 To improve the management capacity of OTRACO based on the policy.
2-1 To study current situation of maintenance management of OTRACO.
2-2 To elaborate basic policy of maintenance.
2-3 To improve capacity of maintenance based on the policy.
3-1 To study current situation of operation control of OTRACO.
3-2 To elaborate basic policy of operation control.
3-3 To improve capacity of operation control based on the policy.
4-1 To elaborate basic policy of reactivation and management of the branches.
4-2 To improve the capacity to reactivate the function of the branches.


Input Summary byJapanese Side


* Long term Expert
- Chef advisor/ Bus operation and management
- Administrative coordinator
* Short-term experts
- Bus maintenance
- Bus operation control
- Financial management
* Training of C/P in Japan
* Workshop in Bujumbura
* Provision of equipment






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Preparatory Study

Oct.09,2008

 ~

Oct.17,2008




































































Related Project




(1)Japanese side


<Grant Aid>
Pubric Transportation Reinforcement Project(1981), Public Transportation Improvement Project(1983), La construction du garage pour autobus (1985), La construction du garage pour autobus (1986), Le projet pour le renforcement des moyens de transport en commun (1987), Project pour la construction du garage des autobus a Gitega et d'amenagement de trois stations de bus a Bujumbura (1989-1990)
<Training>
2001-2004: Technique d'entretien des Vehicles Poids Lourds a Moteur Diesel
<Development Study>
2008: Emergency Study on Urban Transport in Bujumbura


(2)Collaboration with Other Donors


None






Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

終了時評価(平成24年度) (外部公開)2013/05/30
終了時評価(平成24年度) (外部公開)2013/06/03
R/D(16/Oct/2008)(外部公開)2010/10/14
プロジェクトホームページ(日本語) 2010/06/08

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


03/01/2009
07/01/2012