更新日2016/01/29
モロッコ事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00444_モロッコ事務所


本部/国内機関






 


案件番号



1200097

プロジェクトID(旧)


 


400


中東地域




対象国名


モロッコ


51200












対象国(その他)







 





案件名(和)


零細漁業普及振興フェーズ3

 





スキーム







名称(和)


個別案件(第三国研修)


Third-country Training

 



協力期間20120604日20150331日
 









分野課題1


農業開発-水産


分野課題2


南南協力-南南協力


分野課題3




分野分類


農林水産-水産-水産

 





プログラム名


仏語圏アフリカ支援プログラム


プログラムID


4690000000009


援助重点分野


南南協力の促進


開発課題


仏語圏アフリカ支援






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)零細漁業普及振興フェーズ3




(英)Promotion of Artisanal Fisheries Phase3

 





対象国名


モロッコ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2012/06/04
 


プロジェクトサイト


 
協力期間20120604日201503月 31日
   


相手国機関名


(和)

ララシュ漁業技術訓練所(ITPMララシュ)


相手国機関名


(英)

Institut de Technologie des Peches Maritimes de Larache (ITPM-Larache)









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


西アフリカ沿岸諸国では、貧困層を形成する零細漁民が十分な社会サービスを受けられないことが問題となっている。一方、モロッコも近年までは零細漁民に対して十分なサービスが提供されていなかったが、わが国の協力のもと技術協力プロジェクト「零細漁業改良普及システム整備計画」(2001~2006年)を実施し、それまで存在しなかった普及員制度を導入した。現在では普及員が現地と政府の繋ぎ役となり、零細漁民の生活改善に取り組んでいる。モロッコ政府は、この成果を西アフリカ沿岸諸国に紹介すべく、普及員の活動拠点であるララシュ漁業技術訓練所(ITPMララシュ)で第三国研修「零細漁業普及振興フェーズ1」(2004~2008年)、フェーズ2(2009~2011年)を実施してきた。研修参加者からは研修の質、講師陣の能力に対して高い評価を得ており、参加国から研修継続の要望が高いことから、フェーズ3が要請されることとなった。


上位目標


西アフリカ沿岸諸国における零細漁民の生計が向上する


プロジェクト目標


西アフリカ沿岸諸国における零細漁民に対するサービスが改善される


成果


西アフリカ沿岸諸国の零細漁民の生計向上に従事する人材の知識・技術が向上する


活動


2012年度:零細漁民の技術再教育と識字教育(安全管理、救急救命、火災対策、衛生、質、救助と応急手当)
2013年度:水産加工従事女性の技術再教育と識字教育(加工、付加価値付け、流通、衛生と質、応急手当、水産小規模企業の管理)
2014年度:零細漁民の普及啓蒙の新システム(トップダウン、ボトムアップ・アプローチ)

【対象国】
アンゴラ、ベナン、カメルーン、カーボヴェルデ、コートジボワール、ガボン、ギニア、赤道ギニア、コモロ、モーリタニア、セネガル、トーゴ(12か国)


投入




日本側投入


1.第三国集団研修受入諸費、研修実施経費負担(全体の70%)
  
2.在外研修講師派遣

3.研修指導調査団派遣


相手国側投入


1.研修実施経費負担(全体の30%)

2.研修施設、機材の提供

3.研修講師による講義


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


ITPMララシュによる講義


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1)我が国の援助活動(我が国の他スキームの援助活動、我が国が支援を行っている政策的イニシアティブの下での援助活動との連携・関係について、案件名のみではなく、連携内容等についても言及する)
・個別案件(専門家)「零細漁業資源管理」:研修対象国のニーズからの吸い上げ、研修カリキュラムへの助言、講義の実施など、専門家のTORの一つとして第三国研修の実施をフォロー。

2)他ドナー等の援助活動(関連する他ドナー等の援助活動の内容及び連携・関係について記述する)


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jan.29,2016







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1200097


Title


Promotion of Artisanal Fisheries Phase3






Country


MOROCCO






Project Type


Third-country Training






Field 1


Agricultural Development-Fisheries


Field 2


South-South Cooperation-South-South Cooperation


Field 3








Sector


Agriculture/Forestry/Fisheries-Fisheries-Fisheries






Program Title


Assistance for Francohone African Countries


Program Number


4690000000009


Cooperation Priority Area


Promotion of South South Cooperation


Development Issue


Assistance for Francophone African Countries






Project Site







Jun.04,2012
Term of Cooperation2012/06 ~2015/03


Implementing Organization


Institut de Technologie des Peches Maritimes de Larache (ITPM-Larache)


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


06/04/2012
03/31/2015