更新日2018/07/20
ウガンダ事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00729_ウガンダ事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0700929

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


ウガンダ


41080












対象国(その他)







 





案件名(和)


会計検査院能力向上支援プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20080213日20120630日
 









分野課題1


ガバナンス-行政基盤


分野課題2


貧困削減-貧困削減


分野課題3


平和構築-ガバナンス


分野分類


計画・行政-行政-財政・金融

 





プログラム名


公共財政管理強化


プログラムID


5450000000018


援助重点分野


その他


開発課題


その他






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)会計検査院能力向上支援プロジェクト




(英)The Capacity Development Project for the Office of the Auditor General

 





対象国名


ウガンダ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2008/01/24
 


プロジェクトサイト


Kampala and Local government level
 
協力期間20080213日201206月 30日
   


相手国機関名


(和)

会計検査院


相手国機関名


(英)

The Office of the Auditor General









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


ウガンダは1986年以来の現ムセベニ長期政権の下、世銀・IMF等のドナーにより80-90年代の構造調整政策(SAP)及び2000年代の貧困削減戦略文書(PRSP)の「優等生」として見做されてきた。近年は、PRSPのもと中期支出枠組(MTEF)が導入され、セクター財政支援や一般財政支援などが積極的に実施されており、ウガンダ共同援助戦略(UJAS)や、共同財政支援(JBSO)、共同評価枠組(JAF)など公共財政管理分野を中心にドナーによる援助協調と連携の動きが進みつつある。これらの潮流を受けて、適正な予算配分・執行を行い、かつ、公共支出の透明性と説明責任を強化するため、ウガンダ政府は2006年に「財政管理説明責任プログラム(FINMAP)」を策定した。これは、公共支出管理プロセスの効率性を向上させるため、「監視」を含めた6つのコンポーネントから成り立つ。この監視部門は、独立政府機関であるウガンダ会計検査院(OAG)が行政分野を一手に担っており、中央省庁や地方自治体、政府系機関などほぼ全ての政府機関の会計の監査を実施する。しかし、少人数(約300名)で構成されるウガンダ会計検査院が、これら全ての政府機関の会計監査に従事することは容易なことではなく、また監査においても、伝統的な財務監査に加えて、近年注目を浴びているValue for Money(VFM)監査やInformation Technologies(IT)監査など比較的新しいタイプの監査の需要にも対応しなければならないことから、ウガンダ会計検査院の早急な能力向上が求められている。以上のことから、ウガンダ政府は、ウガンダ会計検査院能力向上支援を我が国に対し要請してきた。これを受けて、JICAウガンダ事務所は2007年3月から8月にかけて事務所主導の予備調査を実施した。さらに、2008年1月にはプロジェクトの詳細を協議するための事前調査団を派遣し、2008年1月25日にR/Dに署名した。


上位目標


会計検査院の監査業務の質が改善される。


プロジェクト目標


会計検査院の監査スタッフの知識と技術が向上し、監査システムが改善される。


成果


1.VFM監査のキャパシティが強化される。
2.IT技術により監査レポートが標準化され、改善される。
3.公共事業監査の質が向上する。
4.人事およびマネジメントシステムが構築される。
5.環境監査システムの質が改善される。
6.歳入監査が強化される。


活動


1.VFM監査                      4.マネジメント 
(1)インド会計検査院との連携による先進的技術の取得  (1)人材管理研修の実施
(2)議会委員会への啓発活動              (2)業績管理および人事管理マニュアルの策定
(3)他国会計検査院へのスタディツアー         (3)組織変革マネジメント研修の実施
(4)国内外研修                    (4)年間業務計画の策定
(5)ピアレビュー                   (5)ジェンダーに関する活動実施
2.IT監査                       5.環境監査
(1)財務監査研修コースの開発             (1)地域環境監査ワーキンググループの研修参加
(2)TeamMateライブラリ更新および研修     (2)内部啓発ワークショップの実施
(3)IT戦略計画改定                  (3)合同環境監査の実施
(4)IT技術スタッフの能力強化             (4)最高会計検査機関国際組織による研修の参加
(5)国内外研修                    (5)国家環境管理機構との協力
(6)ITアセスメント
                            6.マネジメント能力の育成
3.公共事業監査                    (1)歳入監査戦略計画の策定
(1)公共事業監査戦略の策定               
(2)短期専門家によるワークショップ開催         
(3)内部研修の実施              
(4)本邦研修「政府会計検査セミナー」への参加
(5)パイロット監査の実施
(6)ピアレビュー


投入




日本側投入


1.長期専門家(プロジェクト管理/人材育成、VFM監査/業務調整)
2.運営指導調査団(我が国会計検査院職員OB)
3.研修(ウガンダ、日本、第三国)
4.機材供与(車両、ICT機器等)


相手国側投入


1.C/P配置
2.長期専門家の事務室の提供
3.会議室の提供
4.電気代、水代、ガス代、ガソリン代等各種ローカルコスト負担


外部条件


協力対象6分野を支える各コア・グループが機能する。
 


実施体制




(1)現地実施体制


・プロジェクト・ディレクター:OAG院長
・コンポーネント・マネジャー:OAG副院長
・タスク・マネジャー:
 (VFM監査)OAG政府関係機関監査局長
 (IT監査)OAG中央政府監査局長
 (QA)OAG地方政府監査局長
 (歳入監査)OAG中央政府監査局長
 (環境監査)OAG上級主任検査官
 (マネジメント)OAG人事担当主任
・カウンターパート:OAG中央政府監査局上級検査官


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


2009年8月まで公共財政管理分野の企画調査員が派遣されて、包括的公共財政管理改革プログラム(FINMAP)に関する情報収集を行うとともに、FINMAPに絡めた協力の進め方について検討を行なった。以降、同プログラムに関する情報収集を在外専門調整員が実施している。


(2)他ドナー等の援助活動


世銀と二国間ドナーによる包括的公共財政管理改革プログラムFINMAPが実施されている。本プロジェクトはFINMAPの一部としての実施されている。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jul.20,2018







Overseas Office


JICA Uganda Office


Headquarters
Domestic Office








Project Number


0700929


Title


The Capacity Development Project for the Office of the Auditor General






Country


UGANDA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Governance-Administrative Institutions


Field 2


Poverty Reduction-Poverty Reduction


Field 3


Peacebuilding-Governance






Sector


Planning/Government-Government-Banking/Finance






Program Title


Public Financial Management


Program Number


5450000000018


Cooperation Priority Area


Others


Development Issue


Others






Project Site







Jan.24,2008
Term of Cooperation2008/02 ~2012/06


Implementing Organization


The Office of the Auditor General


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To




Jan.12,2008

 ~

Jan.25,2008




































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


02/13/2008
06/30/2012