更新日2018/01/19
地球環境部

プロジェクト基本情報







20210


























主管区分


本部


本部/国内機関


00153_地球環境部


在外事務所






 


案件番号



0900439

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


ベトナム


11100












対象国(その他)







 





案件名(和)


北西部水源地域における持続可能な森林管理プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20100815日20150814日
 









分野課題1


自然環境保全-持続的森林管理


分野課題2


貧困削減-貧困削減


分野課題3




分野分類


農林水産-林業-林業・森林保全

 





プログラム名


自然環境保全プログラム


プログラムID


0270000000052


援助重点分野


脆弱性への対応


開発課題


気候変動・災害・環境破壊等の脅威への対応






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)北西部水源地域における持続可能な森林管理プロジェクト




(英)Project for Sustainable Forest Management in the Northwest Watershed Area

 





対象国名


ベトナム


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/05/28
 


プロジェクトサイト


ディエンビエン省
 
協力期間20100815日201508月 14日
   


相手国機関名


(和)

農業農村開発省林業総局、ディエンビエン省農業農村開発局、ディエンビエン省人民委員会ほか


相手国機関名


(英)

Vietnam Administration of Forestry (VNFOREST), Ministry of Agriculture and Rural Development, etc.









日本側協力機関名


林野庁
 


プロジェクト概要




背景


ベトナムの森林地域に居住する住民の多くは少数民族を中心として貧困状態にあり、また適切な森林管理がなされていないことから、天然林の質や生物多様性は劣化を続けている。ベトナム政府は近年、1998 年に「500 万ヘクタール国家造林計画(661 プログラム)、2001 年に「森林開発戦略(2001~2010)」を作成し、各国援助機関の協力も得ながら、森林面積の増大、住民生活の向上等に取り組んできた。また、援助機関の考えも積極的に取り入れつつ、上記戦略を改訂し、より包括的かつ高度な内容の「森林開発戦略(2006~2020)」を策定し、森林の質・量の回復に取り組んでいる。さらに、「661 プログラムの一部見直し」(2007 年7 月)を行い、非木材林産物(NTFP:バイオ燃料やキノコのような非木質林産物)への特別な配慮をすることなどの指針を定めている。これらを始めとする各種の施策の結果、1995 年には28%まで低下したその被覆率を2005 年時点で37.8%にまで回復させている。しかしながら、特に、ホアビン、ソンラ、ディエンビエン、ライチャウの4 省からなる北西部地域の森林は、本来は豊富な木材・特用林産物資源と高い水源涵養機能を有していたが、貧困率の高さに起因する薪材の採取、焼畑や森林の農地転用などから、その劣化が依然として激しく対策が急務である。
 ディエンビエン省では、森林計画上は保全林が林地の約55%、生産林が約40%を占め、保全と利用の両立を目指している。しかし実際には生産林、保全林、特別利用林の3区分それぞれの境界、ならびにこれら林地と農地などの境界が不明瞭であり、さらに林地の半分近くが荒廃(森林被覆が減退)した状況にある。また北西部地域は全体的に他の地域に比べて各世帯への森林の分与が進んでいるものの、机上で進められた分与と少数民族が伝統的に利用している現地の状況とが必ずしも対応していないことが、森林所有・利用権の曖昧さを生んでおり、効果的な森林管理に多くの課題を抱えている。
 かかる北西部の状況に対し、技プロ「ベトナム北部荒廃流域天然林回復計画(RENFODA)」(2003 年10 月~2008 年9 月)は、天然林回復の適正な技術体系を整備することを目的として、ホアビン省において活動を実施し、現場で活用可能な農林畜産業技術の開発(研究及びオンファームトライアル )等について成果を上げてきた。北西部の森林回復を現実のものとし、森林による水源涵養機能の発揮を図るためには、(i)RENFODAの成果としてのオンファームトライアルの発展的活用・非木材林産物の導入を通じた農民の生計向上により森林破壊の抑制を図ること、(ii)分与された森林をコミュニティとして管理すること、(ⅲ) 上記の活動の主体となる北西部各省の農業農村開発局や保全林管理事務所の実施能力を強化すること、(ⅳ) 将来の普及展開戦略を策定することが必要である。
 以上の背景から、C/P機関であるベトナム農業・農村開発省森林総局(VNFOREST)は我が国に対し、北西部の持続可能な森林保全に係る技術協力を要請した。JICAは右要請を踏まえ、2010年5月28日、先方政府との間でR/Dの署名・交換を了した。また、2013年1月に中間レビュー調査を実施し、同省で実施中の技プロ「ディエンビエン省REDD+パイロットプロジェクト」の成果を本プロジェクトに統合する形でPDM/POを修正した。


上位目標


ディエンビエン省内の追加パイロットサイトに類似した条件地において、省REDD+アクションプランの実施を通じて、参加型による森林管理と生計向上が進む。


プロジェクト目標


省REDD+アクションプランの実施を通じて、参加型による森林管理と住民の生計向上が進む。


成果


1.追加パイロットサイトにおけるREDD+アクションプランの有効性・実現可能性が検証される。
2.実施機関(中核機関、支援機関)の省REDD+アクションプラン実施のために必要な技術・制度的能力が強化される。
3.ディエンビエン省において、省REDD+実施のために必要な計画と技術資料が作成される。


活動


1-1.パイロットサイトを選定する。
1-2.社会経済調査を実施する。
1-3.土地利用と森林の使用権の現状を明確化し、利害関係者の合意を得る。
1-4.コンサルテーション会合を通じて、パイロット活動の導入と形成に向けて住民の参加を促す。
1-5.当初パイロットサイトにおいて参加型森林管理計画と生計向上計画を策定する。
1-6.当初パイロットサイトにおいて参加型森林管理計画と生計向上計画を実施する。
1-7.追加パイロットサイトにおいてREDD+アクションプランを策定する。
1-8.追加パイロットサイトにおいてREDD+アクションプランを実施する。
1-9.パイロット活動 の進捗をモニタリングする。
1-10.パイロット活動の結果を評価・分析する。

2-1.実施機関の役割を特定し、省REDD+アクションプランの実施体制と年間活動計画を策定する。
2-2.実施機関による省REDD+アクションプランの実施を支援する。
2-3.実施機関スタッフを対象に省REDD+アクションプラン実施のための技術研修を実施する。
2-4.実施体制の有効性及び実施機関の能力を評価し、改善に向けた提言を行う。

3-1.参加型による森林管理と住民生計向上についての既存の技術資料をレビューする。
3-2.省REDD+アクションプランの実施に利用可能な既存の政府資金ならびにその他の外部資金をレビューする。
3-3.必要に応じて、REDD+にかかるベトナム国内及び国際的な議論の現状を把握し、議論に貢献する。
3-4.既存の技術資料(活動3.1)、利用可能な資金情報(活動3.2)、国内及び国際的な議論(活動3.3)、パイロット活動を通じて得られたノウハウを整理統合して、技術ガイドラインを編纂する。
3-5.必要に応じ省REDD+アクションプランを改訂する。
3-6.提言を取り纏め、中央政府並びに他の関連機関に提出する。


投入




日本側投入


1. 専門家派遣
(1) 長期:チーフアドバイザー/省REDD+計画、業務調整、参加型森林管理、生計向上
(2) 短期:測定・報告・検証(MRV)、ジオデータベース構築・運用、生計向上、等
2. 機材供与:車両(4WD、ピックアップトラック、オートバイ)、GPS、OA機器、等
3. 研修員受入:森林計画、農村開発、地場産業開発等
4. 在外事業強化費:プロジェクト事務所運営費、ローカルコンサルタント委託費、パイロット活動費等
5. 調査団派遣:運営指導調査、中間レビュー調査、終了時評価調査


相手国側投入


1. カウンターパート人材の配置
プロジェクト・ディレクター、プロジェクト・マネージャー、そのほかのカウンターパート、事務管理職員
2. 施設、機器
DARD内のプロジェクト事務所スペース(執務用家具を含む)、会議室、電気・水道・通信インフラ
3. カウンターパート予算の確保


外部条件


1. アウトプット達成のための外部条件:
(1) 政府の林地政策に大きな変更がない。
(2) トレーニングプログラムへの参加者が、継続的に事業に関与する。

2. プロジェクト目標達成のための外部条件:
(1) 住民の森林管理への参加が制約を受けるほどに、政府の森林政策が大きく変更されない。
(2) 大規模な自然災害が発生しない。
(3) 経済条件が大きく変動しない。
(4) パイロットサイトの内部ならびに周辺の人口が急激に変化しない。

3. 上位目標達成のための外部条件:
(1) ディエンビエン省政府・中央政府が適切なレベルの予算を手当てし、参加型森林管理と生計向上を推進する。
(2) プロジェクトで確立された実施制度が維持される。
 


実施体制




(1)現地実施体制


1. 責任機関:ディエンビエン省人民委員会
2. 実施機関:ディエンビエン省農業農村開発局、保全林管理事務所、郡人民委員会、コミューン人民委員会
3. ローカルリソース:タイバック大学、ベトナム林業大学、NGO等


(2)国内支援体制


・林野庁による協力

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・技プロ「ベトナム北部荒廃流域天然林回復計画(RENFODA)」(2003年10月~2008年9月):北西部で天然林回復の適正な技術体系を整備することを目的として、流域天然林の疲弊が激しい北西部のホアビン省において、現場で活用可能な農林畜産業技術の開発(研究及びオンファームトライアル)を実施。
・円借款「保全林造林・持続的管理事業」(2011年EN署名済み):厳しい自然・経済社会条件と脆弱な実施体制を勘案し、北西部は事業対象としなかったが、実施機関の能力強化と参加型森林管理・生計向上推進のための普及戦略及び技術指針の策定を実施予定。
・技プロ「造林計画策定・実施能力強化プロジェクト」(2010年3月~2013年2月):生産林及び保全林における造林計画策定担当者(地方行政官が中心)の能力を研修を通じて向上させる目的で、北西部4省も対象地域となっている。
・「北西部山岳地域開発協力プログラム」:農村振興、小規模インフラ開発、人材育成面を協力。特に「北西部山岳地域農村開発プロジェクト」では農業セクターの付加価値増大(NTFP含む)、地方政府の開発計画改善、能力向上を目標とする。
・開発調査「気候変動対策の森林分野における潜在的適地選定調査」(2009年9月~2012年3月):ディエンビエン省において、将来的なREDD+活動の実施に向け、森林現況に係る基礎情報を収集の上、REDD+の基本戦略案を策定する。
・有償技プロ「ディエンビエン省REDD+パイロットプロジェクト」(2012年3月~2013年9月):ディエンビエン省において、省REDD+制度の構築を行う。本プロジェクトの成果はSUSFORM-NOWに統合する。


(2)他ドナー等の援助活動


・ドイツKfW「ソンラ省及びホアビン省における森林整備プロジェクト (KfW7)」(2006年合意):無償及び借款総額1200万ドルで2014年までに22,000haを造林、GTZ「Capacity Building for Sustainable Forest Management and Biodiversity」(2007-2014)による森林資源管理分野への協力などを実施。
・デンマークDANIDA「Agriculture and Rural Development Sector Programme Support ARD SPS 2007-2012」:農業農村開発分野へのセクター財政支援的内容。総額3000万ドル強で、北西部4省ではライチャウ省(5.4百万ドル)とディエンビエン省(6百万ドル)を対象としている。
・世銀:Forest Sector Development Project (2005-2011)で制度整備、植林促進、資金メカニズム確立、管理能力向上を支援。
・UN-REDD フェーズ2 : フェーズ1からの継続支援として、中央におけるREDD+制度構築支援と、地方6省(Bak Kan, Lao Cai, Ha Tinh, Lam Dong, Binh Thuan, Ca Mau)におけるパイロット実施支援。2013~2015年にかけての能力強化ステージを受けて、2015年以降の成果支払いステージを予定。
・その他:ディエンビエン省ではTrust Fund for Forest(TFF)による小規模な農産品・観光振興を実施中。WB、ADB、EUは北部(北西部含む)地域の総合的な農村インフラ整備を実施。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00153







Project Headquarters in charge

As of


Jan.19,2018







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0900439


Title


Project for Sustainable Forest Management in the Northwest Watershed Area






Country


VIET NAM






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Nature Conservation-Sustainable Forest Management


Field 2


Poverty Reduction-Poverty Reduction


Field 3








Sector


Agriculture/Forestry/Fisheries-Forestry-Forestry/Forest Preservation






Program Title


Protecting the Natural Environment


Program Number


0270000000052


Cooperation Priority Area


Responding to Vulnerabilities


Development Issue


Responding to the Threats of Climate Change, Disaster, Environmental Destruction, etc.






Project Site


Dien Bien Province





May.28,2010
Term of Cooperation2010/08 ~2015/08


Implementing Organization


Vietnam Administration of Forestry (VNFOREST), Ministry of Agriculture and Rural Development, etc.


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

R/D(外部公開)2010/08/20
プロジェクトホームページ(日本語) 2010/11/10
プロジェクトホームページ(英語) 2010/11/10

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

事業事前評価表
FM0203XX06
案件概要表

2

08/15/2010
08/14/2015