更新日2012/12/20
モンゴル事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00386_モンゴル事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0800310

プロジェクトID(旧)


 


915


東アジア




対象国名


モンゴル


12050












対象国(その他)







 





案件名(和)


ウランバートル市廃棄物管理能力強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20091001日20120921日
 









分野課題1


環境管理-廃棄物管理


分野課題2




分野課題3




分野分類


公共・公益事業-社会基盤-社会基盤一般

 





プログラム名


ウランバートル市の都市機能強化プログラム


プログラムID


0450000000013


援助重点分野


経済活動促進のためのインフラ支援


開発課題


ウランバートル市のインフラ整備






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)ウランバートル市廃棄物管理能力強化プロジェクト




(英)Strengthening the Capacity for Solid Waste Management in Ulaanbaatar City

 





対象国名


モンゴル


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2009/08/06
 


プロジェクトサイト


ウランバートル市
 
協力期間20091001日201209月 21日
   


相手国機関名


(和)

ウランバートル市市長事務局環境汚染・廃棄物管理部


相手国機関名


(英)

Environmental Pollution and Waste Management Department (EPWMD) , Municipality of Ulaanbaatar









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


ウランバートル市には、モンゴル国(以下「モ」国)の人口約270万人の4割にあたる約110万人が居住している。近年人口の急増とともに市場経済への移行に伴う消費生活の変化に伴い、排出されるごみ量が増加し、廃棄物に係る問題が深刻化している。増加するごみ量に対して収集運搬サービスが追いつかず、特に地方から流入してきた遊牧民等が移動式テントを用いて定住し始めたゲル地区を中心に、ごみの不法投棄が大きな問題となっていた。また、ウランバートル市のごみの約9割を受け入れていたウランチュルート処分場(2009年6月閉鎖)においても、容量が限界に近づきつつある一方、覆土などの適切な処理が行われておらず、周囲の環境に与える悪影響が指摘されていた。
 このような状況の下、2004年から約2年間、我が国により開発調査「ウランバートル市廃棄物管理計画調査」が実施され、2020年を目標とするウランバートル市の廃棄物管理マスタープランが作成された。同調査を踏まえ、ウランバートル市では、マスタープランの達成に向け、主に①廃棄物処理システム改善(廃棄物処理会計の見直しと廃棄物サービス基金の設立、ごみ排出ルールの制定など)、②衛生埋立の実施、③3R の推進、④関連諸制度・組織体制等の改善、といった取組を推進していく計画である。また、2008年度には無償資金協力による関連資機材の投入、新規最終処分場(ナランギンエンゲル処分場)の建設等が行われた。
 他方、開発調査以降、システムの改善が急速に行われてきているものの、マスタープラン基本目標である「環境保全と調和する廃棄物管理体制の構築」の達成に向けては取り組みが不十分な点も多く、また、組織やシステムの改編、リサイクル等の新規概念導入等が急速に進んだため、関係機関においてすらそれらを理解している人材は少数であり、引き続きウランバートル市の廃棄物管理体制の強化に向けた人材・組織の強化が急務となっていたことから、本プロジェクトが2009年10月より開始された。
 2011年5月には中間レビュー調査が実施され、案件の進捗状況が確認された。また、成果4については、ターゲットである廃棄物サービス基金(WSF)の組織改編が行われ、活動が停滞していたが、モンゴル側との協議の結果、活動の修正が行われた。


上位目標


不適切な廃棄物処理によって悪影響を受けているウランバートル市の都市環境と公衆衛生が改善される。


プロジェクト目標


人材育成を通じて、ウランバートル市の廃棄物管理能力が強化される。


成果


1.廃棄物管理事業の政策・計画立案にかかるEPWMDの人材が育成される。
2.ごみ収集車と重機の維持管理に係るCMPUAとEPWMDの人材が育成される。
3.ナランギンエンゲル処分場の適切な運営に係るCMPUAの人材が育成される。
4.廃棄物管理の総合的財務管理に係るEPWMDとWSFの人材が育成される。
5.市民啓発活動に係るEPWMDと区役所の人材が育成される。
6.ウランバートル市に適したごみ分別リサイクル計画が提言される。


活動


【成果1】
 ・EPWMD職員の能力評価。
 ・研修計画・教材の作成と研修の実施(e-Wasteについてセミナー含む)。
・廃棄物管理事業の規則・ガイドライン策定支援。
・M/Pの見直しと更新作業の支援。
・EPWMDの組織強化とアクションプランの策定支援。
 ・ごみ量調査の実施。
【成果2】
 ・CMPUAの機材維持管理に係る能力評価。
 ・研修計画・教材の作成と研修の実施。
 ・CMPUAの整備工場スタッフに対する実習指導。
 ・CMPUAの整備工場の運営管理計画に関する提言。
 ・CMPUAとEPWMDがUB市のごみ収集運搬計画について見直しと提言の取りまとめ。
 ・民間収集業者に対する機材維持管理のセミナー実施
【成果3】
 ・CMPUAの埋立管理能力に係るベースライン評価。
 ・研修計画・教材の作成と研修の実施。
 ・CMPUAの技術スタッフに対して埋立管理に関する実習指導
 ・最終処分場で受け入れるごみ量・ごみ質の調査支援
 ・最終処分場でのガス発生状況調査の実施支援。
 ・最終処分場の環境モニタリングレポートの作成支援
【成果4】
 ・EPWMDのごみ収集組織の管理能力とWSFの財務/行政管理に関するベースライン評価
 ・財務管理に係る研修計画と教材の作成、研修の実施
 ・各WSFの財務分析
 ・財務管理システムに対する提言とりまとめと実施支援
 ・EPWMDとCMPUAに対する総括的廃棄物管理についての指導。
 ・ごみ収集サービス料金の計算にかかる指導。
 ・ごみ収集業者の入札、契約管理にかかる指導。
【成果5】
 ・市民啓発活動能力に係るEPWMDと区役所のベースライン評価
 ・研修計画と教材の作成、研修の実施
 ・市民啓発活動に関するパイロットプロジェクトと社会満足度調査の計画・実施支援
 ・市民啓発活動に関する提言とりまとめの支援
【成果6】
 ・3Rについてのセミナー・ワークショップ実施
 ・ごみ分別リサイクルについてのパイロットプロジェクトの計画・実施・モニタリング・評価支援
 ・適切なごみ分別リサイクル計画についての提言取りまとめの支援


投入




日本側投入


1.短期専門家6分野(総括/廃棄物管理、収集運搬・機材整備、衛生埋立、財務管理、市民啓発、分別リサイクル)
2.本邦研修の実施
3.機材供与(ごみ手分別パイロット施設、携帯ガス計、埋立用重機スペアパーツ等)
4.プロジェクト運営経費(現地研修に係る費用、教材作成費等)


相手国側投入


1.カウンターパートの配置
2.執務室及びパイロット施設建設のための土地の確保(基礎インフラ含む)
3.その他ローカルコスト


外部条件


・ウランバートル市の廃棄物管理における基本政策、制度、責任機関が変更されないこと。
・プロジェクト期間中、実施機関及び協力機関のカウンターパート人材が継続的に配置されること。
 


実施体制




(1)現地実施体制


実施機関:ウランバートル市環境汚染・廃棄物管理部(EPWMD)
協力機関:土地整備公共施設庁(CMPUA)、廃棄物サービス基金(WSF)、区役所


(2)国内支援体制


委託先:国際航業株式会社

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


ボランティア派遣(環境教育、環境行政、ゴミ収集車修理、廃棄物処理 等)
ウランバートル市廃棄物管理計画調査(開発調査 / 2005年~2007年)
ウランバートル市廃棄物管理改善計画(無償資金協力 / 2007年~2008年)


(2)他ドナー等の援助活動


韓国政府(KOICA)によるリサイクル工場(RPF工場)建設事業が2011年度から開始。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Dec.20,2012







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0800310


Title


Strengthening the Capacity for Solid Waste Management in Ulaanbaatar City






Country


MONGOLIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Environmental Management-Solid Waste Management


Field 2




Field 3








Sector


Public Works/Utilities-Social Infrastructure-Social Infrastructure/General






Program Title


Institution and Human Resource Development in Infrastructure


Program Number


0450000000013


Cooperation Priority Area




Development Issue


Sustainable Infrastructure Development






Project Site


Ulaanbaartar City





Aug.06,2009
Term of Cooperation2009/10 ~2012/09


Implementing Organization


Environmental Pollution and Waste Management Department (EPWMD) , Municipality of Ulaanbaatar


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities


[OUTPUT1]
- Capacity assessment of EPWMD
- Implementation training (including preparation of training program and materials)
- Advise on formulation of regulation(s) and guidelines(s) of SWM
- Seminar on hazardous waste and e-waste management involved in urban waste stream
- Assistance on reviews and updates the Master Plan
- Advise on action plan for the organizational development of EPWMD
[OUTPUT2]
- Capacity assessment of CMPUA on operation and maintenance
- Implementation training (including preparation of training program and materials)
- Recommendations for management system of maintenance workshop in CMPUA
- Assistance on review and recommend the waste collection plans of UB City
- Advise on seminar(s) for TUKs about operation and maintenance of vehicles
[OUTOUT3]
- Capacity assessment of CMPUA on landfill management
- Implementation training (including preparation of training program and materials)
- Assistance on waste composition survey of landfill-incoming waste and gas emission survey
- Advise on the environmental monitoring report of the Landfill
[OUTPUT4]
- Capacity assessment on financial management of WSFs
- Implementation of training (including preparation of training program and materials)
- Analysis of financial situation of WSFs
- Recommendations for appropriate financial management system including revenue plan
[OUTPUT5]
- Capacity assessment of EPWMD and District Officers for promoting public awareness
- Implementation of training (including preparation of training program and materials)
- Assisstance on planning, implementation, and monitoring of pilot project on public awareness
raising campaign and social satisfaction level survey
- Recommendations for promoting public awareness and participation
[OUTPUT6]
- Seminar and workshop on waste separation, recycling and 3R strategy
- Assisstance on planning, implementation, monitoring and evalution of pilot project for trial
implementation of waste separation and recycling
- Recommendations for appropriate system of waste separation and recycling


Input Summary byJapanese Side


1. Short-term Experts
Leader/Solid Waste Management, Landfill Management, Public Awareness,
Operation & Maintenance of Waste Collection Vehicles & Heavy Machineries, Financial Management,
Waste Separation and Recycling
2.Equipment for waste manual separation facility in landfill site
3.Landfill gas monitor
4.Oversea training
5.Local cost for JET activities
6.Interpreters






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



1st Detailed Planning Survey

Nov.30,2008

 ~

Dec.13,2008



2nd Detailed Planning Survey

Apr.05,2009

 ~

Apr.11,2009






























































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成21年度) (外部公開)2011/11/08
中間レビュー(平成23年度) (外部公開)2012/03/23
終了時評価(平成24年度) (外部公開)2012/10/02
プロジェクト・ドキュメント/PO(外部公開)2009/08/06
PDM(外部公開)2009/08/06
R/D(外部公開)2009/08/06
報告書(事業完了)(外部公開)2013/01/28
プロジェクトホームページ(日本語) 2010/03/31

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


10/01/2009
09/21/2012