更新日2016/11/29
社会基盤・平和構築部

プロジェクト基本情報







20190


























主管区分


本部


本部/国内機関


01685_社会基盤・平和構築部


在外事務所






 


案件番号



1002394

プロジェクトID(旧)


 


400


中東地域




対象国名


イエメン


51160












対象国(その他)







 





案件名(和)


海上保安能力強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20110301日20140228日
 









分野課題1


運輸交通-国際交通


分野課題2


ガバナンス-公共安全


分野課題3




分野分類


公共・公益事業-運輸交通-海運・船舶

 





プログラム名


海上保安能力向上


プログラムID


4510000000030


援助重点分野


社会・経済基盤整備


開発課題


テロとの闘い






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)海上保安能力強化プロジェクト




(英)Project of Capacity Building for the Yemen Coast Guard for Maritime Safety and Security

 





対象国名


イエメン


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/08/03
 


プロジェクトサイト


サヌア、アデン
 
協力期間20110301日201402月 28日
   


相手国機関名


(和)

イエメンコーストガード


相手国機関名


(英)

Yemen Coast Guard









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


アラビア半島の南西端に位置するイエメン国(以下「イ」国)の周辺海域は、アジアとヨーロッパを結ぶ国際航路の重要な海路となっており、年間約2万隻、うち日本関係船舶は約2,000隻が航行している。近年、同海域では、ソマリアにおける内戦・治安悪化に伴いソマリア海賊が勢力を拡大し、船舶の襲撃・略奪・拘束・殺害などの海賊行為の被害が急増している。2009年には200件を超える海賊事件が発生しているほか、密輸、不法入国、ソマリアからの難民などその他の多くの問題を抱えている。
 これらに対応するため「イ」国は2003年にイエメンコーストガード(YCG)を設立、また、国際社会では、YCGに対して英国による教育・訓練分野等への専門家派遣・技術指導、米国による27m級巡視艇2隻の供与(予定)、伊国によるVTS供与等の支援がなされている。各国はMLOをイエメンに派遣し、支援国会合を定期的に開催し、活動状況等の情報交換を行っている。
 しかし、YCGが現在所有する最大の巡視艇は22.5m級と領海内警備が限界であり、海賊事件が多発している「イ」国周辺海域まで渡航できないため、広域に渡る十分な海上警備が行われていない状態である。このような状況の中、イエメン政府はアデン湾の広域にわたって常時監視できる体制を構築するために、我が国に35m級の巡視艇の供与の要請を行った。これを受けJICAは、2010年4月に無償資金協力「海上保安能力向上計画」協力準備調査を実施し、巡視艇2隻が必要であるが、先ずは1隻の早期に供与することが妥当であるとした。また、2011年4月には米国から27m級の巡視艇2隻も予定されており、これら大規模巡視艇を前提とした巡視活動計画の策定や巡視活動の実施、また海上保安業務全体としての組織体制の強化が喫緊の課題となっている。
 このためJICAは、2010年7月にJICAはYCGに対するキャパシティビルディングを目的とした技術協力プロジェクト「イエメン国海上保安能力向上」詳細計画策定調査の調査団を派遣した。現地調査及び先方政府と協議の結果、技術協力プロジェクトの具体的な支援分野として、①プロジェクト立上げ②国際犯罪(海賊対策含む)対策③海上法令執行④大型巡視艇の運用・運航計画⑤その他海上保安分野、計5分野の協力を行うことについて合意した(2010年8月3日M/M署名)。


上位目標


主にアデン湾における海上の治安・安全等が向上する


プロジェクト目標


イエメンコーストガード(YCG)によるアデン管区水域における海上保安能力が強化される


成果


1.YCG職員の海上犯罪取締り等のための知識・技術が強化される。
2.アデン訓練センターの訓練内容、教材等が更新・強化される。


活動


1.国際犯罪(海賊含)対策に係る講義・訓練の開催
2.海上法令執行に係る講義・訓練の開催
3.大型巡視艇運航・運用に係る講義・訓練の開催
4.その他海上保安分野で必要となる分野に係る講義・訓練の開催


投入




日本側投入


1.長期専門家(直営)
 総括/海上保安
2.短期専門家(契約)
 海上保安/海事(プロジェクト立ち上げと言う位置付け)
3.短期専門家(直営)
 国際犯罪(海賊含)対策、海上法令執行、大型巡視艇運航・運用計画、その他海上保安分野に係る短期専門家派遣を予定。
4.国別研修の実施
 国際犯罪(海賊含)対策、海上法令執行、大型巡視艇運航・運用計画、その他海上保安分野に係る本邦研修を予定。


相手国側投入


1.カウンターパートの確保
2.イエメン国内におけるセミナーに係る費用
3.実施研修に要する費用(燃料費、サヌアーアデン間の旅費、宿泊費など)
4.執務室(YCG本部、アデン管区)のスペース及び家具、インターネット設備
5.その他、技術協定に基づく便宜供与事項


外部条件


米国巡視艇2隻が2011年4月にYCGに引き渡される。
また、日本の無償資金協力による巡視艇供与が予定どおりになされる。
 


実施体制




(1)現地実施体制


所管機関:内務省
実施機関:YCG
YCGは、サヌアに本部を置き、紅海沿岸(ホデイダ管区)インド洋沿岸(ムカッラ管区)アデン湾沖(アデン管区)の3管区で海上保安業務を行っている。総要員:約2700人
船舶維持管理体制:アデン基地に保守・修理設備を有し、また同基地に併設された訓練施設で船舶機械・電気機器、航海術、通信などの訓練を行う。

また、英国、米国、仏の専門家(海軍出身者等)が常駐する他、米・英・仏・独・伊などが、各種技術協力、機材支援、助言等を行っている。


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1) 我が国の援助活動
課題別研修「東アジア海上犯罪取り締まり」にYCG職員を受入(2008年2名、2009年国別研修として6名受入、2010年6名受入。)
集団研修「海難救助・海上火災」(2010年1名受入)
無償資金協力「海上保安能力強化計画」(協力準備調査実施中、2011年前半E/N締結予定))


(2)他ドナー等の援助活動


●英国:YCG本部に専門家5名派遣、リーディングドナーとしてYCGを支援。アデンの訓練所に12名の専門家を派遣し、機材の修理及び研修とカリキュラム作成を実施。日米が供与する予定の巡視艇が停留できる浮きブイを2010年5月設置予定●米国:小型船舶8艇を供与、本部に専門家が1名適宜助言・指導、機材の修理及び研修を実施。アデン研修所にミニバス4台、5台車両等を供与。2011年4月に27m艇2隻供与予定●仏:本部に1名専門家派遣。小型船舶数隻、機材提供及び実施訓練を行っている。●伊:本部に1名専門家派遣。トラッキングシステム(VTS)を供与。2010年第1フェーズ終了。第3フェーズまでには全イエメンをカバーできる予定。●独:協力調査団をイエメンに派遣。アデン訓練センターにメディカルセンターの設置、教官のトレーニング、ジェッティの建設などを検討中●オマーン:海上保安基地整備資金●UAE:小型船舶および機材供与

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
01685







Project Headquarters in charge

As of


Nov.29,2016







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1002394


Title


Project of Capacity Building for the Yemen Coast Guard for Maritime Safety and Security






Country


YEMEN






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Transportation-Inter-national/-regional Transportation


Field 2


Governance-Public Safety


Field 3








Sector


Public Works/Utilities-Transportation/Traffic-Water Transport/Ships






Program Title




Program Number


4510000000030


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Aug.03,2010
Term of Cooperation2011/03 ~2014/02


Implementing Organization


Yemen Coast Guard


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


03/01/2011
02/28/2014