更新日2015/07/31
ブラジル事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00404_ブラジル事務所


本部/国内機関






 


案件番号



1100364

プロジェクトID(旧)


 


200


北米・中南米地域




対象国名


ブラジル


31310












対象国(その他)







 





案件名(和)


交番システムに基づく地域警察活動コース

 





スキーム







名称(和)


個別案件(第三国研修)


Third-country Training

 



協力期間20110922日20140331日
 









分野課題1


ガバナンス-公共安全


分野課題2




分野課題3




分野分類


計画・行政-行政-行政一般

 





プログラム名


日本・ブラジルパートナーシッププログラム


プログラムID


3090000000007


援助重点分野


三角協力


開発課題


JBPPの推進






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)交番システムに基づく地域警察活動コース




(英)International Training Course on the Community Police Koban System

 





対象国名


ブラジル


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


サンパウロ市、ブラジル
 
協力期間20110922日201403月 31日
   


相手国機関名


(和)

サンパウロ州軍警察


相手国機関名


(英)

Sao Paulo State Military Police









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


サンパウロ州軍警察は2000年の「地域警察」導入から11年間の実践経験があり、また日本による協力(本邦研修、技プロ)も得て交番・駐在所を中心とした「日本モデル地域警察」活動がサンパウロ州において確立している。そこで、サンパウロ州における普及・定着を進め、またそれをモデルとして全国へ「地域警察」実践を拡大することを目的として「交番システムに基づく地域警察活動普及プロジェクト」が実施された。中米のコスタリカ、エルサルバドル及びグアテマラは同国の治安問題解決のために、交番システムを各国において導入しようとしているが、その実践例としてサンパウロ州軍警察の成功経験を学びたいとの要望があがっており、2005年より日本-ブラジル-中米諸国間の対話が開始されている。既に、サンパウロ州軍警察が実施している国際地域警察普及員研修にブラジル国際協力庁の予算で2010年3月までの間に同3カ国より43名の警察官を受け入れている。2010年5月末から6月上旬にかけて実施された中米地域に対する日伯合同プロジェクト形成調査では、前述の研修に参加した帰国研修員が研修経験を活かし、高いモチベーションで、各国での地域警察活動導入・推進を極めて活発に行なっていることが確認された。また同プロ形調査の際に各国から研修への引き続き高いニーズが確認されたことから、本協力は要請された。


上位目標


中米諸国の地域警察の理念、理論及び実践の統合と発展、普及に貢献する。


プロジェクト目標


受益国の警察官が公共の秩序の管理と交番システムの理念に基づいて、コミュニティリーダーとして行動するための知識を身につける。


成果


1.参加研修員は地域警察の理念、理論及び実践に基づいた知識を習得する。
2.参加研修員は地域警察の仕組みとその管理について知識を習得する。
3.参加研修員は問題、紛争の解決方法についての知識を習得する。
4.参加研修員は交番で使用されている図書、資料報告書の記載方法について知識を習得する。
5.参加研修員は地域警察の理念、理論及び実践に基づいた組織戦略について知識を習得する。
6.参加研修員は地域警察の国際ネットワーク構築を推進する。
7.参加研修員はアクションプラン作成の知識を習得する。

対象国:コスタリカ、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス(及びパナマ、ベネズエラ等その他関心のある国に拡大する可能あり)
     
コース数:1コース/年
初年度受け入れ人数:40名/コース


活動


本研修コースは理論、講義及び実習を通じた10日間、80時間のコースである。
以下の内容について研修を行い、継続的な対話を通じて各国に適切な地域警察モデルの構築を支援する。
1.地域警察の理論と実践。
2.計画に基づく、マクロな視点での警察活動管理の概念。
3.住民との関係構築、調停に関る技術。
4.活動の管理と管理報告書の作成、他資料の取り扱い。
5.地域の治安維持、地域社会貢献の実施方法。
6.交番システムに基づく地域警察国際会合の実施。
7.ブラジル協力庁(ABC)、サンパウロ州軍警察(PMESP)及びJICAによる研修後の活動モニタリング。


投入




日本側投入


2011年度 9,692千円相当
研修員受入経費(25名分の航空賃及び海外旅行保険。40名の日当・宿泊) 

2012年度 6,642千円相当
研修員受入経費(25名分の航空賃、海外旅行保険及び日当・宿泊)

2013年度 8,700千円相当
研修員受入経費(25名分の航空賃、海外旅行保険及び日当・宿泊)


相手国側投入


2011年度 4,220千円相当
研修員受入経費(15名分の航空賃、海外旅行保険及び空港送迎)
研修実施経費(日常交通費、消耗品、施設、通信費、開閉講式、交流活動、機材提供等)

2012年度 4,000千円相当
研修員受入経費(15名分の航空賃、海外旅行保険及び空港送迎)
研修実施経費(日常交通費、消耗品、施設、通信費、開閉講式、交流活動、機材提供等)

2013年度 4,000千円相当
研修員受入経費(15名分の航空賃、海外旅行保険及び空港送迎)
研修実施経費(日常交通費、消耗品、施設、通信費、開閉講式、交流活動、機材提供等)


外部条件


過去6年間にわたり技術協力プロジェクトを実施しているが特段問題はない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


サンパウロ州軍警察・地域警察人権司令部


(2)国内支援体制


警察庁

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


地域別研修「地域警察活動」(約30人)2000年から2003年
技術協力プロジェクト「地域警察活動」2005年から2008年
技術協力プロジェクト「交番システムに基づく地域警察活動普及プロジェクト」2008年から2011年
対エルサルバドル「地域警察活動マニュアル策定アドバイザー」(2008年度)
(対中米)国際地域警察普及員研修(2008年度~2009年度)※ブラジル政府予算


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jul.31,2015







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1100364


Title


International Training Course on the Community Police Koban System






Country


BRAZIL






Project Type


Third-country Training






Field 1


Governance-Public Safety


Field 2




Field 3








Sector


Planning/Government-Government-Government/General






Program Title


Japan-Brazil Partnership Program (JBPP)


Program Number


3090000000007


Cooperation Priority Area


Triangular cooperation


Development Issue


Promotion of JBPP






Project Site







Term of Cooperation2011/09 ~2014/03


Implementing Organization


Sao Paulo State Military Police


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

PDM(外部公開)2011/10/31
R/D(外部公開)2011/10/31

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


09/22/2011
03/31/2014