更新日2015/07/31
ブラジル事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00404_ブラジル事務所


本部/国内機関






 


案件番号



1000444

プロジェクトID(旧)


 


200


北米・中南米地域




対象国名


ブラジル


31310












対象国(その他)


ポルトガル語圏アフリカ諸国(アンゴラ、モザンビーク、ギニアビサウ、サントメプリンシペ、カーボベルデ)





 





案件名(和)


ポルトガル語圏アフリカ諸国対象結核対策コース

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20101013日20150331日
 









分野課題1


保健医療-結核


分野課題2


保健医療-HIV/AIDS


分野課題3


南南協力-南南協力


分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


3099999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)ポルトガル語圏アフリカ諸国対象結核対策コース




(英)Training Course on Tuberculosis Managing for PALOPSs

 





対象国名


ブラジル


対象国名(その他)


ポルトガル語圏アフリカ諸国(アンゴラ、モザンビーク、ギニアビサウ、サントメプリンシペ、カーボベルデ)
 


署名日(実施合意)


2010/07/30
 


プロジェクトサイト


リオデジャネイロ州リオデジャネイロ市
 
協力期間20101013日201503月 31日
   


相手国機関名


(和)

オズワルド・クルス財団エヴァンドロシャーガス研究院


相手国機関名


(英)

Evandro Chagas Clinical Research Institute









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


結核は、経済力の弱い国々において主要な死因となっており、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染率の高い地域において頻繁に発生しており、同地域においてその状況は極めて深刻である。ポルトガル語を公用語とするアフリカ諸国(PALOPSs)では、結核とHIV感染は健康を害する最も主要な要因となっており、これが低い平均寿命と経済活動人口の減少へと繋がっている。係る状況下でPALOPS諸国は、結核とHIV対策に特化したプログラムを通じ、国連や世界銀行などの国際機関に資金援助を申請し、それを受けている。調達した資金は、疾病の診断と治療のための医薬品と臨床検査試薬原料の購入、診療所・病棟・検査所の建設と整備、疫学監視システムの構築といったすべて結核対策にとって不可欠な行動に充てられている。しかし、結核の診断、治療及び予防は、専門的な知識と能力を必要とする処置を伴うことから、患者のケアに直接当たる専門人材の能力にも依存するためそれら人材の能力強化は今後の状況改善・問題解決のためには不可欠である。熱帯地域医療のレファレンスであるブラジルは、PALOPS諸国と言語が共通であり文化も類似しているほか、結核に対して国家政策を有し、同疾病の扱いに経験豊かな専門人材が多く存在するため、その能力向上を支援するのに優位な立場にいる。本件を要請したオズワルド・クルス財団エヴァンドロシャーガス研究院は、結核の診断、治療、予防及び能力向上を専門とするチームを有し、本分野におけるブラジルでの中心的な役割を果たしている。オズワルドクルス財団は90年代より様々な国際協力活動を開始しているが、我が国と長い協力関係にあり、今般本件協力について要請がなされた。


上位目標


PALOPS諸国において結核対策に関する国家計画(National Plan)が強化される。


プロジェクト目標


PALOPS諸国においてDOTS(直接監視下短期化学療法)を通じた結核の予防、検査・診断、治療という一連の管理と医療体制に関し、保健ケアシステムが改善される。


成果


1.結核診断に関する基本概念を理解する。
2.DOTSを通じた結核ケアについて習得する。
3.革新的結核予防・ケアのコンセプトも含む結核に関する公衆衛生ケアによる結核予防について理解する。
4.参加者所属機関に対する結核対策改善に関する提案書作成能力が身につく。


活動


1.モジュール1:診断
1.1クリニカル・ラボ・細菌学的診断について学ぶ。
1.2臨床症状、臨床所見、臨床像の基本的概念を学ぶ。

2.モジュール2:医療ケア
2.1結核/HIV重複感染に対する投薬手法、DOTSについて学ぶ。

3.モジュール3:予防と医療体制適応化
3.1 結核レスポンスのための公衆衛生ケアの医療体制について学ぶ。
3.2 結核及びHIV/AIDSとの重複感染に対する効果・効率的な対応について学ぶ。
3.3 疫学的監視、新しいワクチンについて学ぶ。
3.4 結核対策におけるバイオセキュリティについて学ぶ。
3.5 職場環境の適正化に関するプレゼンテーションの実施。

対象国:PALOPS諸国 対象人数:12名 対象期間:5年間(各回4週間)


投入




日本側投入


研修員受入費 (航空賃、日当、宿泊、保険、空港送迎)
研修実施経費の一部(交通費)


相手国側投入


研修員受入経費の一部(航空賃、保険)
研修実施経費(外部講師、教材、研修施設等)


外部条件


特に無し
 


実施体制




(1)現地実施体制


研修コーディネーター(1名)
複数分野の研修講師(25名)

国際部担当官


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1)我が国の援助活動
ミニプロジェクト:ワクチン製造 (1980-1983)
第三国研修:ワクチン品質管理(1988-1997)
ミニプロジェクト:労働衛生科学技術支援(1995~1998)
第三国研修:労働衛生(2001-2005)
第三国研修:公衆衛生(2001-2005)
JBPP共同プロジェクト:アンゴラジョシナマシェル病院機能強化研修(2007-2009)
JBPP共同プロジェクト:ジョシナ・マシェル病院及びその他保健機関の人材育成と一次医療の再活性化を通じた保健システム強化計画(2011-2014)
2)他ドナー等の援助活動
伯政府が実施している南南協力・三角協力(複数)


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jul.31,2015







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1000444


Title


Training Course on Tuberculosis Managing for PALOPSs






Country


BRAZIL PALOPS






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-Tuberculosis


Field 2


Health-HIV/AIDS


Field 3


South-South Cooperation-South-South Cooperation






Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


-


Program Number


3099999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


Rio de Janeiro City, Rio de Janeiro State





Jul.30,2010
Term of Cooperation2010/10 ~2015/03


Implementing Organization


Evandro Chagas Clinical Research Institute


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

R/D(外部公開)2010/08/10
PDM(外部公開)2010/08/10

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


10/13/2010
03/31/2015