更新日2017/06/06
エチオピア事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00446_エチオピア事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0702153

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


エチオピア


41020












対象国(その他)







 





案件名(和)


地下水開発・水供給訓練計画プロジェクトフェーズ3

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20090106日20131130日
 









分野課題1


水資源・防災-総合的水資源管理


分野課題2


水資源・防災-地方給水


分野課題3


貧困削減-貧困削減


分野分類


公共・公益事業-社会基盤-水資源開発

 





プログラム名


安全な水へのアクセス向上と都市衛生対策プログラム


プログラムID


5060000000011


援助重点分野


インフラ


開発課題


安全な水へのアクセス向上と都市衛生対策






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)地下水開発・水供給訓練計画プロジェクトフェーズ3




(英)The Ethiopian Water Technology Center Project Phase-3

 





対象国名


エチオピア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2008/10/16
 


プロジェクトサイト


アジスアベバ
 
協力期間20090106日201311月 30日
   


相手国機関名


(和)

水資源省


相手国機関名


(英)

Ministry of Water Resources









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


エ国の村落部の安全な水へのアクセス率の現状は34%と、サブサハラ平均の49%(2010年UNICEF/WHO)と比較しても極めて低い数値に留まっており、特に人口の83%が居住する村落部住民は、生活用水の確保に多大な時間と労力を費やさざるを得ず、安全な水の供給は基礎教育・保健医療・農村開発等と密接に関連する横断的な課題となっている。一方で1994年から始まったエチオピア現政権の地方分権化政策により、地方給水事業は各州政府に移管され、郡レベルの水事務所が事業実施主体となるべく改革が進められている。しかし、地方行政の予算確保、人材育成は遅れ、各州政府が独自に給水事業を展開するためには技術者の育成と適切な維持管理が急務となっている。2005年からエ国の水セクター最上位計画である「Universal Access Plan」(UAP)が制定され、2011年に改訂された。新UAPでは2015年までに約2万人の技術者の育成が必要としている。
 これに対し、エチオピア政府と我が国は、1998年1月から技プロ「地下水開発・水供給訓練センタープロジェクト」(以下、プロジェクト)(フェーズ1)を実施し、アディスアベバ訓練センター(現在名:エチオピアウォーターテクノロジーセンター(以下、EWTEC))新設支援、常設訓練コースの設立・実施支援等を行い、結果、エチオピアにおける中心的な給水人材育成機関としての機能が定着した。これに続いて2005年3月から開始されたフェーズ2では基本5コースの自立化、アフリカ向け研修の開始を含むセンター機能拡充及び調査研究活動を通じた研修教材開発等を行い、プロジェクト終了時点でのべ約1900名もの人材が研修を修了するに至っている。これら活動の結果、EWTECは連邦政府のみならず、州、他ドナー等幅広いステークホルダーからエ国における水資源開発に携わる人材育成の中核機関として認知されるようになった。その後、エ国の政策・行政面、法的根拠等に基づいたEWTECがUAPにおいて重要な人材育成機関として位置付けられ、2012年6月に首相府より正式にパブリックインスティチュートとなる事が決定した。このような中、EWTECがUAPの達成をめざし継続的に求められる地下水開発および維持管理に係る人材育成ニーズに持続的に応えていくためには、①州レベル技術者に加え、県、郡水事務所技術者等の行政関連人材、給水衛生職業訓練校教官、民間/NGO関連技術者等多様なニーズに的確に対応すること、②研修の質を確保した上で我が国支援からパブリックインスティチュートとして自立することが最も重要な課題となっている。


上位目標


持続的な給水施設の建設及び維持管理を行うために地下水管理、水供給管理を行う全国の人材が増加する。


プロジェクト目標


エ国における給水人材育成にかかる中核機関としてのEthiopian Water Technology Center(EWTEC)の機能が確立される。


成果


(1)研修の質を持続的に確保するための研修マネジメントシステム(計画-実施-モニタリング-評価)が強化される。
(2)研修を通じ、公的セクター(政府関係者)、民間、NGOの技術者及びTechnical and Vocational Education and Training College(TVETC)の教員、並びに近隣アフリカ諸国の受講生の地下水開発・水供給にかかる技術力が向上する。
(3)研修事業を実施するEWTEC職員(研修講師/コーディネーター)の指導能力が向上する。
(4)EWTECの組織、財務、会計、人材、マーケティング、ワークショップ管理の自立的な組織運営能力が強化される。


活動


1-1 各コース実施後に、コース内容についてモニタリング・評価し、次回コースへの改善点を具体化する。
1-2 各分野の、研修カリキュラム、教材等を定期的にモニタリング・評価し、必要に応じて改訂する。
1-3 研修講師計画を改善する。
1-4 モニタリング・評価・改善及び技術ノウハウを蓄積する。
1-5 インパクト調査と今後求められる研修コースについての調査を行う。
1-6 ナレッジマネージメントの能力強化(教材収集、インストラクターの知識の共有)を行う。
2-1 中長期研修計画を策定する。
2-2 実技研修のための研修カリキュラム、モジュール、配布資料等を改定する。
2-3 新コースの教材を作成、モジュール化する。
2-4 研修コースの実施を支援する。
2-5 収入活動につながるアドバンスコースのコーディネーターへの技術移転を行う。
3-1 研修コースを通じた教授法を含む技術の指導を行う。
3-2 EWTECコーディネーター及びインストラクターの能力向上のための実地研修を行う。
3-3 研修機材にかかる機材保守能力強化研修を行う。
4-1 プロジェクトの進捗及び問題点を共有するカウンターパートとJICA専門家の定期的なミーティングを実施する。
4-2 ビジョン、ミッション、役割、位置づけ、実施計画を含むEWTECの中長期戦略を策定する。
4-3 戦略及び実施計画のステークホルダーへの普及(ドナー、民間、NGO等)を行う。
4-4  EWTECの戦略に基づいた予算計画を策定する。
4-5 マーケティング戦略の策定及びマーケティング活動を実施する。
4-6 EWTEC運営に必要な予算及び人員確保のため水エネルギー省と協調する。
4-7 EWTECの位置づけに関する調査委員会の活動を支援するため財務及び組織計画を立てる。
4-8 EWTECの情報発信能力強化のため、ホームページ作成、その他必要な広報活動を行う。


投入




日本側投入


専門家派遣:総括、組織運営、評価計画、水理地質、掘削技術、機械/電気機械、情報管理/研修管理、地下水モデル

機材:必要に応じて検討する

現地業務費:アフリカ諸国向け上級研修の実施経費、EWTEC研修講師実地研修経費、その他円滑な研修実施のために必要な経費等


相手国側投入


カウンターパートの配置
専門家執務室の配備
研修用機材及び施設整備
プロジェクト実施に必要な情報の提供
ローカルコスト(外部委託講師経費、基本コース運営費等)


外部条件


エチオピア政府の地下水開発・水供給にかかる政策が大幅に変更しない。
EWTECの研修担当職員が勤務を続ける。
州、県、郡政府における地下水開発・維持管理のための予算が確保され、水供給事業が継続する。
研修修了生が地下水開発・水供給事業に継続的に従事する。
WASHプールファンドをはじめとする他の援助機関の人材育成支援が継続する。
水資源に悪影響を与える異常気象に見舞われない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


プロジェクトダイレクター:水エネルギー省セクターサポート局局長
プロジェクトマネージャー:EWTEC所長(組織運営、研修管理、情報管理に対応)
コースコーディネーター:5分野(給水技術、掘削技術、掘削機械整備、電気機械整備、地下水管理)
その他:インストラクター4名、アシスタント3名、チーフドリラー2名


(2)国内支援体制


課題部(地球環境部)からの支援を適宜得る。

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1)我が国の援助活動
 ・開調 「ジャラル渓谷及びシェベレ川流域水資源開発計画策定・緊急給水プロジェクト」(2013年度終了予定)
・技プロ「飲料水用ロープポンプの普及による地方給水衛生・生活改善プロジェクト」(2013年3月開始)
 ・技プロ「地下水開発・水供給訓練計画フェーズ2」(水資源開発関連の人材育成)(2007年度終了)
・技プロ「南部諸民族州給水技術改善計画」(適正技術普及、スペアパーツ普及に係るモデル構築、2012年終了)
・無償 「アムハラ州給水計画」(協力準備調査)(2012年終了)
 ・無償 「オロミア州給水計画」(2012年終了)
 ・無償 「ティグライ州給水計画」(2013年終了予定)
 ・無償 「南部諸民族州給水計画」(終了)
 ・無償 「緊急給水計画(環境プログラム無償)」(終了)


(2)他ドナー等の援助活動


2)他ドナー等の援助活動
・世銀、DFID、アフリカ開銀、UNICEF等が、郡ベースの給水事業を展開。
・給水・衛生セクターを含むセクターワイドアプローチによるOne WASH National Program (OWNP)を策定予定。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jun.06,2017







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0702153


Title


The Ethiopian Water Technology Center Project Phase-3






Country


ETHIOPIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Water Resources / Disaster Risk Reduction-Comprehensive Water Resources Management


Field 2


Water Resources / Disaster Risk Reduction-Rural Water Supply


Field 3


Poverty Reduction-Poverty Reduction






Sector


Public Works/Utilities-Social Infrastructure-Water Resources Development






Program Title


Improvement of Access to Safe Water and Sanitation Program


Program Number


5060000000011


Cooperation Priority Area


Infrastructure


Development Issue


Improvement of Access to Safe Water and Sanitation






Project Site


Addis Ababa





Oct.16,2008
Term of Cooperation2009/01 ~2013/11


Implementing Organization


Ministry of Water Resources


Background


The coverage rate of water supply in Ethiopia remains to be one of the lowest in the world and moreover the lowest among sub-Sahara African countries, i.e. 24% in Ethiopia and 57% in average of sub-Sahara countries. Groundwater is the prime source of water supply schemes in Ethiopia for both rural and urban communities as it is estimated that 90% of water supply is covered by groundwater.
Capacity Development in the fields of groundwater development and water supply is crucial issue for Ethiopian Ministry of Water Resources (MoWR) as a managing authority while the regional governments or government enterprises in the regions retain substantial number of drilling crews and drilling machineries. Therefore the "Groundwater Development and Water Supply Training Project (hereinafter reffered to as "Phase 1" was established in 1998 and "Etiopia Water Technology Center Project (hereinafter reffered to as "Phase 2")" by the coordinated efforts of MoWR and Japan International Cooperation Agency (JICA).
Capacity of the EWTEC has to be established as a core training centre for water supply technicians
and engineers of Central and Regional Government, Woredas, Private Sector and NGOs in Ethiopia, in the next step "Phase 3".


Overall Goal


The number of human resources who deal with groundwater/water supply management for sustainable water supply construction and maintenace increases in Ethiopia.


Project Purpose


Capacity of the EWTEC as a core training centre for water supply technicians and engineers of Ethiopia is established.


Output


(1) Mechanisms to sustain constant quality improvements in EWTEC's training activities are fully
established
(2) Technical knowledge and skills on water supply and management are improved for technicians and
engineers from Regional Water Bureaus, woredas, private sector and NGOs, and TVETC instructors
(3) Capacities are developed to provide technical instructions of course coordinators, instructors,
mechanics and drillers who conduct training at EWTEC
(4) Sustainable institutional management capacity of EWTEC is strengthened
<<Project Activities>>
1-1 Conduct of monitoring and evaluation for each training course to make necessary improvement
1-2 Conduct of regular monitoring and evaluation of curriculum and teaching materials


Project Activities


1-3 Conduct of regular (annually) improvement of deployment plan of instructors
1-4 Conduct of regular (annually) monitoring and evaluation of EWTEC activities, cooperation
with relevant stakeholders
2-1 Conduct training for Regional Water Bureaus 2-2 Conduct training for Woreda Water Office
2-3 Conduct training for technicians and engineers of the Private Sector and NGOs
2-4 Conduct training for TVETC instructors 3-1 Provide pedagogical training through OJT
3-2 Provide instructions on specialized technical subjects through OJT
3-3 Improve practical skills and knowledge through field activities
3-4 Improvement in maintaining training equipment and machineries
3-5 Strengthen advanced knowledge and pedagogical skill through implementation/participation of
international training
4-1 Support articulation of EWTEC's mandate, vision, mission and strategies to reach a consensus
among relevant stakeholders (i.e RWB, donors, NGOs)
4-2 Support development of Medium-to-Long-term Plan
4-3 Support developing capacities in planning budget and diversity funding sources in cooperation
with relevant stakeholders (i.e other donors, RWB, Woreda and private sector)
4-4 Support development of capacities to establish strong collaborations with donors (i.e WASH
pooled fund) 4-5 Develop and manage of database on training participants
4-6 Implement PR and knowledge management activities through publicizing EWTEC annual report, H/P and
other necessary activities


Input Summary byJapanese Side


1.Dispatch of Japanese Experts
2.Provision of Machinery and Equipment
3.Training of Ethiopian Personnel in Japan






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


01/06/2009
11/30/2013