更新日2016/12/23
社会基盤・平和構築部

プロジェクト基本情報







20190


























主管区分


本部


本部/国内機関


01685_社会基盤・平和構築部


在外事務所






 


案件番号



1100527

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


マラウイ


41390












対象国(その他)







 





案件名(和)


都市計画・開発管理にかかる人材強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20121115日20150331日
 









分野課題1


都市開発・地域開発-都市開発


分野課題2




分野課題3




分野分類


計画・行政-行政-行政一般

 





プログラム名


運輸交通インフラ整備プログラム


プログラムID


5240000000010


援助重点分野


インフラ開発


開発課題


運輸交通インフラ整備






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)都市計画・開発管理にかかる人材強化プロジェクト




(英)Project for Urban Plan and Development Management

 





対象国名


マラウイ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2012/08/30
 


プロジェクトサイト


リロングウェ市
 
協力期間20121115日201503月 31日
   


相手国機関名


(和)

地方自治・農村開発省、リロングウェ市役所


相手国機関名


(英)

Ministry of Local Government and Rural Development, The Lilongwe City Council (LCC)









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


マラウイ国は1975年にゾンバ市からリロングウェ市への遷都を行い、1968年にリロングウェ市マスタープランで首都開発の基本構想が示された。1969年には土地利用基本計画が策定され、リロングウェ市の首都としての土地利用の方向性が示され、その後、1986年に改訂された。
 2008年の国勢調査ではリロングウェ市の面積は約465㎞2、人口は約66万人で、他のアフリカの諸国と同様、都市化の進展、人口増が続いている。都市化に伴う様々な問題が顕在化するなかで、土地利用計画に関して策定後20年以上改訂されず、実態と計画との乖離が大きく、無秩序な開発を抑制し、計画的な都市移設の整備を誘導するための都市計画の策定が急務であった。
 このような背景のなか、マラウイ政府の要請に基づき、JICAは「マラウイ国リロングウェ市都市計画マスタープラン調査」を2009年6月から2010年9月に実施し、この調査の結果、リロングウェ市役所が良い統治(ガバナンス)を発揮し都市計画を実現するためには、リロングウェ市役所の都市計画・開発規制に関する能力強化が必要であると提言された。
 それを受け、マラウイ国はリロングウェ市役所の都市計画・開発規制に関する能力強化の必要性を認識し、マスタープランで提案された都市計画プロジェクトを実施するための必要な能力向上に資する技術支援の要請に至った。


上位目標


リロングウェ市都市計画マスタープランに基づいた都市計画・開発管理が促進される。


プロジェクト目標


リロングウェ市の都市計画・開発管理の能力が強化される。


成果


1: リロングウェ市都市構造計画が作成される。
2: 特定地区での詳細土地利用計画が作成される。
3: 土地・住宅・都市開発省で策定されている新土地利用計画・開発管理ガイドラインの活用方法が提案される。
4: リロングウェ市都市計画マスタープランをベースとした適正な都市計画・開発管理のためのリロングウェ市の新しい開発ガイドラインが策定される。
5: リロングウェ市役所の効率的な計画連携・開発許可手順に向けた改善方策が提案及び試行される。
6: リロングウェ市職員の都市計画関係の知識が向上する。


活動


1-1: リロングウェ市都市計画マスタープラン(2010)のレビュー
1-2: リロングウェ市都市構造計画1986のレビュー、新構造計画の項目の確認
1-3. 新しい都市構造計画の項目について関係機関と共有
1-4: 新しい都市構造計画案の提案
1-5: 都市構造計画案の協議・修正
1-6: 都市構造計画案、図の最終案の作成

2-1: リロングウェ市土地利用計画2030の電子データの確認及びレビュー
2-2: 詳細地区土地利用計画の必要性の協議
2-3: リロングウェ市土地利用計画2030をもとにした簡易型地区土地利用計画の作成
2-4: リロングウェ市役所及び関係機関と詳細土地利用計画の構成、内容の協議
2-5: 詳細地区土地利用計画策定エリアの特定
2-6: 対象エリアの現況調査、土地利用現況、都市問題の把握
2-7: 情報収集、地元意向把握のためのワークショップ開催
2-8: 詳細地区土地利用計画案の策定
2-9: 関係者会議の開催
2-10: 詳細地区土地利用計画最終案の策定

3-1: 土地・住宅・都市開発省策定の新土地利用計画・開発管理ガイドラインのレビュー
3-2: 市レベルでの国の新土地利用計画・開発管理ガイドライン活用方策の検討
3-3: 国の新土地利用計画・開発管理ガイドラインのリロングウェ市での適用における課題の分析

4-1: リロングウェ市役所の開発管理の現状分析
4-2: リロングウェ市の都市計画・開発管理にかかる市の開発ガイドラインの項目案の協議
4-3: リロングウェ市開発ガイドラインの主要項目(住宅開発・公共施設、交通、水供給・排水)の策定
4-4: リロングウェ市開発ガイドラインと関係するパイロットプロジェクト案の提案
4-4-1: リロングウェ市役所及び関係者とパイロットプロジェクトの実現化方策について協議
4-4-2: パイロットプロジェクト実施準備のためのワークショップ開催
4-4-3: パイロットプロジェクトの実施準備
4-4-4: パイロットプロジェクトの実施、管理、評価
4-5: パイロットプロジェクト結果を踏まえてリロングウェ市開発ガイドラインの作成
4-6: リロングウェ市開発ガイドライン普及のためのワークショップ開催

5-1: 計画連携・開発管理プロセスのレビュー
5-2: リロングウェ市役所の効率的な計画連携・開発許可プロセス改善方策の提案
5-3: 上記5-2:の改善方策の試行

6-1: 都市計画研修プログラムの作成
6-2: 本邦研修の実施
6-3: 都市計画・開発管理に関するワークショップ・セミナーの実施


投入




日本側投入


長期専門家:都市計画
短期専門家:都市開発管理、住宅開発、交通、上下水・衛生
コンサルタント(業務実施簡易型):住宅・施設計画、交通・道路計画、上下水・衛生計画、都市整備/パイロットプロジェクト
公募:業務調整/情報管理(投入の必要性の是非はプロジェクト開始半年後を目途に活動レビューを行い決定する。)


相手国側投入


執務室、会議室、関係使用機材


外部条件


・リロングウェ市都市構造計画はリロングウェ市都市計画マスタープランの方向性に基づいて策定されることの承認
・詳細地区土地利用計画作成に関して、リロングウェ市都市計画マスタープランの方向性を踏まえて作成され、また、既存の地図データを活用して作成することの承認
・伝統的居住区でのパイロットプロジェクト実施に関し、治安面での問題が発生せず、また、市計画・開発局が地元有力者等の関係者との調整を行い、実施に対して合意が得られること
・効率的な計画連携・開発許可プロセスの改善方策の提案に対して、市都市計画委員会が協力して、試行のための調整が進められること
 


実施体制




(1)現地実施体制


リロングウェ市役所、地方自治・農村開発省、土地・住宅・都市開発省


(2)国内支援体制


国土交通省、神戸市役所

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


「リロングウェ市都市計画マスタープラン調査」(2009~2010)


(2)他ドナー等の援助活動


・ヨハネスブルグ市(南アフリカ)の協力のもと都市開発戦略(CDS: City Development Strategy)を策定。
・ビル&メリンダ・ゲイツ財団が未計画居住区で生活改善プログラムを実施中。
・土地・住宅・都市開発省ではGIZ(ドイツ国際協力公社)が国レベルでの土地利用計画・開発管理ガイドラインなどの策定協力を実施中。(なお、リロングウェ市を対象とした首都レベルでの都市計画能力強化の支援は行われていない。)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
01685







Project Headquarters in charge

As of


Dec.23,2016







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1100527


Title


Project for Urban Plan and Development Management






Country


MALAWI






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Urban/Reginal Development-Urban Development


Field 2




Field 3








Sector


Planning/Government-Government-Government/General






Program Title


Transport Infrastructure Development Programme


Program Number


5240000000010


Cooperation Priority Area


Infrastructure Development


Development Issue


Transport Infrastructure Development






Project Site


Lilongwe City





Aug.30,2012
Term of Cooperation2012/11 ~2015/03


Implementing Organization


Ministry of Local Government and Rural Development, The Lilongwe City Council (LCC)


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


11/15/2012
03/31/2015