更新日2014/06/12
産業開発・公共政策部

プロジェクト基本情報







20225


























主管区分


本部


本部/国内機関


02144_産業開発・公共政策部


在外事務所






 


案件番号



1000175

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


フィリピン


11040












対象国(その他)







 





案件名(和)


指紋採取・活用能力向上プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20100714日20130713日
 









分野課題1


ガバナンス-公共安全


分野課題2




分野課題3




分野分類


計画・行政-行政-行政一般

 





プログラム名


行財政改革


プログラムID


0120000000033


援助重点分野


雇用機会の創出に向けた持続的経済成長


開発課題


ビジネス・投資環境の整備






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)指紋採取・活用能力向上プロジェクト




(英)Project on Enhancing the Capacity for Collection and Application of Fingerprints

 





対象国名


フィリピン


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/06/18
 


プロジェクトサイト


マニラ
 
協力期間20100714日201307月 13日
   


相手国機関名


(和)

フィリピン国家警察


相手国機関名


(英)

Philippine National Police









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


フィリピン政府は大量に保管されている指紋のデータベース化を目指し、被疑者および犯罪者指紋と現場遺留指紋とを自動で照合することで、被疑者の特定を迅速かつ効率的に行なうことを目的として「指紋自動識別システム整備計画」を策定した。同計画のためのシステム整備については、我が国政府が無償資金協力の要請を受け、2003年度「指紋自動識別システム整備計画」(9.75億円)により供与された。
 しかし、同システムの有効活用には、指紋電子データ化の際の、オペレーターによる遺留指紋トレース技術、指紋照合時の照合、鑑定技術の向上が必要不可欠であることから、フィリピン政府から我が国に「指紋自動識別装置(AFIS)運用強化プロジェクト」が要請され、2006年7月から計4年間の協力が実施された。
 同協力により、遺留指紋と押なつ指紋の登録・照会にかかる基礎技術が習得され、指紋照会の合致数(ヒット数)も増加した。しかし、犯罪現場からの被疑者押なつ指紋や遺留指紋の送付数が限定されているため、AFISの機能を十分活用し切れていない問題があった。そのため、押なつ指紋および遺留指紋の採取・送付体制を強化することを通して、AFIS活用能力を向上させる協力案件が新たにフィリピン政府から要請された。


上位目標


被疑者検挙に向けてAFISの運用能力が向上する。


プロジェクト目標


被疑者押なつ指紋および犯罪現場からの遺留指紋の採取・送付体制を強化することと通じて、AFISの活用が強化される。


成果


1.モデル方面本部等からの被疑者押なつ指紋および遺留指紋の採取・送付体制が強化される。
2.CLにおいて送付された押なつ指紋・遺留指紋のAFISによる登録、照合、鑑定体制が強化される。


活動


1-1.押なつ指紋・遺留指紋採取・送付のためのモデル方面を選定する。
1-2.モデル方面の警察署およびCLから本部CLへの押なつ指紋・遺留指紋の採取・送付のための各種制度・手続きを整備する。
1-3.モデル方面における被疑者押なつ指紋および犯罪現場遺留指紋の採取・送付のための技術的・手続き的支援をする。
1-4.モデル方面管内における遺留指紋保存のための写真撮影にかかるセミナー・OJTを実施する。
1-5.モデル方面警察署およびCLから本部CLへの指紋情報の採取・送付にかかる進捗状況をモニタリングする。
1-6.モデル方面活動の成果および教訓を取りまとめ、全国展開するための行動計画を策定する。

2-1.指紋情報入力・照会および余罪照会にかかる上級セミナー・OJTを実施する。
2-2.CLにおける現行および新規採用分のAFISオペレーターの能力向上プログラムを計画・実施する。
2-3.モデル方面CLから本部CLに送られた遺留指紋情報の保存のための写真撮影にかかる上級セミナー・OJTを実施する。
2-4.AFISによる指紋情報にかかる日報、週報、月報を更新し、関係部署に報告する。
2-5.AFISの効率性向上のためのCL内の各種手続きを改定する。


投入




日本側投入


1.長期専門家(業務調整/人材育成、指紋採取・活用指導)、短期専門家(AFIS運用指導)
2.供与機材(必要に応じて)
3.本邦研修および現地セミナー


相手国側投入


1.犯罪捜査局(DIDM)および犯罪研究所におけるカウンターパート人員、行政的役割の人員
2.オフィススペースおよび設備
3.経常費


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


犯罪捜査局および犯罪研究所の職員、長期専門家、短期専門家


(2)国内支援体制


警察庁

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動



・長期専門家: 警察科学捜査(鑑識)
・鑑識技術向上のための現地国内研修
・長期専門家: 捜査能力向上
・長期専門家: プログラムマネージャー/長官アドバイザー


(2)他ドナー等の援助活動


・米国による、麻薬対策に係る研修等の支援
・豪州による、犯罪研究所における爆発物鑑定の機材供与および研修等の支援
・EUによる、刑事司法分野への支援(EPJUST)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
02144







Project Headquarters in charge

As of


Jun.12,2014







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1000175


Title


Project on Enhancing the Capacity for Collection and Application of Fingerprints






Country


PHILIPPINES






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Governance-Public Safety


Field 2




Field 3








Sector


Planning/Government-Government-Government/General






Program Title


Administrative and Fiscal Reform


Program Number


0120000000033


Cooperation Priority Area


Sustainable Economic Growth Aimed at Creating Employment Opportunities


Development Issue


Improvement of Business and Investment Environment






Project Site


Manila





Jun.18,2010
Term of Cooperation2010/07 ~2013/07


Implementing Organization


Philippine National Police


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

R/D(外部公開)2011/01/31

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


07/14/2010
07/13/2013