更新日2014/02/22
ベトナム事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00362_ベトナム事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0601796

プロジェクトID(旧)


0275212E0
 


910


東南アジア




対象国名


ベトナム


11100












対象国(その他)







 





案件名(和)


水環境管理技術能力向上プロジェクトフェーズ2

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20080107日20120706日
 









分野課題1


環境管理-水質汚濁


分野課題2




分野課題3




分野分類


計画・行政-行政-環境問題

 





プログラム名


都市水環境管理プログラム


プログラムID


0270000000015


援助重点分野


環境保全


開発課題


都市環境管理






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)水環境管理技術能力向上プロジェクトフェーズ2




(英)Enhancing capacity of Vietnamese Academy of Science and Technology in Water Environment Protection (Phase 2)

 





対象国名


ベトナム


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2007/09/05
 


プロジェクトサイト


ハノイ市
 
協力期間20080107日201207月 06日
   


相手国機関名


(和)

ベトナム科学技術アカデミー/環境技術研究所


相手国機関名


(英)

Vietnamese Academy Science and Technology (VAST)/ Institute of Environemntal Technology









日本側協力機関名


環境省
 


プロジェクト概要




背景


ベトナムにおいては1986年に始まったドイモイ改革以降急速な経済発展が続き、2002年以降はGDP成長率7%以上の安定成長を継続している。今次社会経済開発五ヵ年計画(2006-2010)では、1人当たりGDP1000ドル達成を目標に、環境を新たな主要課題として取り上げ、持続可能な成長を目指している。一方、高成長率を支える急激な第二次産業及び第三次産業の成長及び急激な都市部の開発は、工業排水・生活排水による水環境の汚染、固形廃棄物の増加、大気汚染等として社会問題化している。このため、ベトナム政府は、1994年に制定した環境保護法を改正(2006年7月施行)し、同時に環境関連法制度の整備・改善を図るなどの取組みを進めているが、中央官庁及び地方行政組織における環境管理機能ともに、予算、人材、インフラ等が十分ではなく、実効的な環境管理体制が構築されているとはいい難い状況にある。
かかる状況を受け、JICAは2003年10月から、「水環境技術能力向上プロジェクト」をベトナム科学技術アカデミー(VAST)環境技術研究所(IET)をカウンタパート機関として実施し、水環境管理分野においてモニタリング能力、水処理能力を始めとする基礎的な水環境管理能力の向上を図り、天然資源環境省(MONRE)及び関係組織への環境保護活動に対する多くの貢献を行ってきた。
 ベトナム国は、上記プロジェクトの成果の発現を受けて、実質的な環境改善を促進するために、かつて多くの公害問題を克服してきた豊富な実績と経験を持つわが国に対し、技術協力プロジェクトによる支援を要請してきた。これに対しJICAは、同要請の具体的内容を検討するために2006年8月に事前調査を実施しプロジェクトの基本計画をベトナム側関係機関と合意した。その後、事前調査の結果を踏まえ、プロジェクトの基本計画、実施体制、双方の責任分担等について討議議事録(R/D)及びミニッツに取りまとめ、2007年9月に署名・交換を行った。


上位目標


ベトナムの関係機関における水環境保護に係る能力が向上する。


プロジェクト目標


水環境改善に係るVAST (IET)の科学技術基盤が更に強化される。


成果


[成果1]VAST(IET)本部と支部(ホーチミン、ダナン)を繋ぎ、全国の環境問題への対処するための組織間の相乗効果をもたらすVAST(IET)総合ネットワークシステム の構築と運用がなされる。
[成果2]総合ネットワークの効果的な運用を通じて水環境モニタリング/評価/対策に係るVAST(IET)本部と支部(ホーチミン、ダナン)の科学技術レベルが向上する。
[成果3]VAST(IET)の水環境分野での実践的な科学・技術サービス にかかる能力が強化される。


活動


[成果1]
1-1.総合ネットワークシステムで提供する科学技術サービスの品質を十分に考慮した同システム内部運用マニュアルを作成する。
1-2.支部へのトレーニングを含む支援活動を行いつつ、総合ネットワークシステムを機能的に構築し且つ的確に運用する。
[成果2]
2-1.既存モニタリングマニュアルのアップグレードを行う。
2-2.VAST (IET)職員のトレーニングを行い、標準ラボラトリー としての管理体制を整備する。
2-3.VAST (IET)職員へのトレーニングを行い、微量物質の高度分析能力を強化する。
2-4.標準ラボラトリーとして承認されるための認証登録を促進する。
2-5.既存排水処理ガイドラインのアップグレードを行う。
2-6.排水処理適正技術マニュアルを作成する。
[成果3]
3-1.政府機関やその他機関に対する科学技術サービス実行計画を作成する。
3-2.科学・技術サービスに係るVAST(IET)の制度体制を構築する。
3-3.水環境に関する実践的な科学技術サ-ビスを確実に実施する。


投入




日本側投入


1. 専門家派遣:13名
(チーフアドバイザー/水環境管理、ラボラトリー管理システム/QAQC、水質分析、排水処理、簡易CODメーター開発/設計、業務調整)
2. 機材供与
(水質分析機器等)
3. カウンターパート研修


相手国側投入


1. カウンターパート及びその他スタッフの配置:
・プロジェクト・ディレクター
・プロジェクト・マネージャー
・フルタイム・カウンターパート
・秘書
・事務員
2. 土地、建物、プロジェクト・オフィス、その他追加的な施設や機材
3. プロジェクト活動に必要な経費


外部条件


1)前提条件
・VAST (IET)が継続して国家アカデミーとして認知される。
2)成果(アウトプット)達成のための外部条件
・政府がVAST (IET)に対して適切な予算措置を行う。
3)プロジェクト目標達成のための外部条件
・政府機関やその他機関からの業務依頼が継続的になされる。
・関係機関がVAST (IET)と良好な関係を継続する。
4)上位目標達成のための外部条件
・政府機関がVAST (IET)との技術協力協定を継続する。
・水質保全の訓練を受けたVAST (IET)研究員が継続してVAST (IET)に従事する。
・政府が環境保護政策を継続する。
 


実施体制




(1)現地実施体制


合同調整委員会設置


(2)国内支援体制


国内支援委員会設置

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1)水環境管理能力向上プロジェクト(技プロ、2003-2006年)
2)個別専門家(環境管理)派遣(技プロ、2004-2010年)
3)河川流域水環境管理調査(開調、2008-2009年)
4)ダナン市都市開発マスタープラン調査(開調、2008-2009年)
5)ハロンにおける持続可能な観光のための環境保全プロジェクト(技プロ、2009-2012年)
6)ホーチミン市下水道維持管理能力向上プロジェクト(技プロ、2009-2012年)
7) 全国水環境管理能力向上プロジェクト(技プロ、2009-2012年)
8)ホーチミン、ハノイ、フエ等における下水・排水円借款案件


(2)他ドナー等の援助活動


1)Strengthening of the Environmental Protection Capacity in Some Key Industry in Vietnam (KOICA)
2)Vietnam-Canada Environment Project, Phase I and II (CIDA)
3)Environment Managenet in Thai Nguyen Province (DANIDA)
4)Environmetal Management in HCMC (UNDP)
5)Waste Water Management in Provincial Urban Centres (GTZ)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Feb.22,2014







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0601796


Title


Enhancing capacity of Vietnamese Academy of Science and Technology in Water Environment Protection (Phase 2)






Country


VIET NAM






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Environmental Management-Water Pollution


Field 2




Field 3








Sector


Planning/Government-Government-Environment Issue






Program Title


Program for Urban Environmental Management


Program Number


0270000000015


Cooperation Priority Area


Environmental Conservation


Development Issue


Urban Environmental Management






Project Site


Hanoi City





Sep.05,2007
Term of Cooperation2008/01 ~2012/07


Implementing Organization


Vietnamese Academy Science and Technology (VAST)/ Institute of Environemntal Technology


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities


(1)-1 To develop, taking due account of the quality issues, an internal operation manual for integrated network system
(1)-2 To operate integrated network system with supportive activities including trainings
(2)-1 To upgrade the monitoring manual
(2)-2 To develop management system of VAST(IET) as standardized laboratory
(2)-3 To strengthen the capacity for advanced analysis of trace substances
(2)-4 To facilitate registration for certification to be recognized as standardized laboratory
(2)-5 To upgrade the wastewater treatment guideline
(2)-6 To develop manuals for appropriate technologies on wastewater treatment
(3)-1 To develop implementation plan of scientific and technological services for MONRE, DONRE and other organizations
(3)-2 To develop institutional arrangement of VAST(IET) for scientific and technological services
(3)-3 To ensure practical scientific and technological services on water environment


Input Summary byJapanese Side


1. Dispatch of experts
1-1 Long-term experts
- Chief advisor / Water environmental management
- Water analysis
- Wastewater treatment
- Environmental engineering service facilitation / Coordinator
1-2 Short-term experts (as required)

2. Provision of equipment and machinery

3. Training in Japan






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To



Preparatory study mission

Aug.13,2006

 ~

Sep.17,2006




































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

R/D(R/D)(外部公開)2010/01/08
プロジェクト・ドキュメント/PO(外部公開)2012/02/09
PDM(外部公開)2012/02/09

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

PDM
FM0203XX05
PDM
案件概要表

2

01/07/2008
07/06/2012