更新日2017/04/13
ラオス事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00388_ラオス事務所


本部/国内機関






 


案件番号



1002293

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


ラオス


11080












対象国(その他)







 





案件名(和)


JICA-ASEAN連携ラオスパイロットプロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20101029日20151028日
 









分野課題1


援助アプローチ-その他援助アプローチ


分野課題2




分野課題3




分野分類


計画・行政-開発計画-開発計画一般

 





プログラム名


都市環境整備プログラム


プログラムID


0240000000012


援助重点分野


経済・社会インフラ整備


開発課題


環境と調和した快適な社会の実現






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)JICA-ASEAN連携ラオスパイロットプロジェクト




(英)Laos Pilot Program for Narrowing the Development Gap towards ASEAN Integration (LPP)

 





対象国名


ラオス


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/09/15
 


プロジェクトサイト


首都ヴィエンチャン(LPP全体)
首都ヴィエンチャン、ルアンプラバン県、サヤブリ県(環境コンポネント)
チャンパサック県、カムアン県、サバナケット県(観光コンポネント)
首都ヴィエンチャン(農業コンポネント)
 
協力期間20101029日201510月 28日
   


相手国機関名


(和)

ラオス計画投資省


相手国機関名


(英)

Ministry of Planning and Investment, Lao P.D.R.









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


東南アジア諸国連合(以下ASEAN)加盟10カ国は、2008年12月に発効したASEAN憲章にて2015年までにASEAN共同体(ASEAN Communities)を設立するという目標を掲げている。共同体の設立に向けての最重要課題は、ASEAN原加盟6か国とASEAN新規加盟国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)との域内開発格差の是正である。
ラオス政府は現在策定中の第7次国家開発計画において、ASEAN統合への対応について検討しているところであるが、具体的な対応方策については今後の検討課題となっている。かかる状況の下、ラオス政府、JICAおよびASEAN事務局は、ラオスをパイロット国として、ASEAN新規加盟国のための格差是正に資する協力のモデル作りを行うことを確認し、三者による協議・意見交換を重ねてきた。その結果、ラオスがASEAN統合の利益を享受しつつさらに発展するために、ASEANの行動計画とラオスの開発計画との調和化をはかり、「環境と成長の両立」と「開発のための産業多角化」を目指すという戦略的方向性を共有した。この方向性は、貧困削減、開発と社会と環境のバランスを志向する第7次国家開発計画の方向性と軌を一にするものである。当該案件は、域内開発格差の是正を支援するための三者協力のモデル構築を目指すものであり、同時に、上記戦略的方向性の具体化のための取組みである。
そうした中で、LPPにおける具体的な協力対象分野については、これまでの情報収集及びラオス政府・ASEAN事務局との協議を通じて、①ASEAN統合ロードマップの実施に資すること、②ラオスの開発戦略・計画に整合的であること、③通常の二国間援助とは異なる三者協力事業としてASEANからの協力リソースの投入が可能かつ有効であること、④日本の対ラオス支援方針と合致していること等を主たる要素としてスクリーニングを行った結果、観光、農業、環境管理の3分野を対象とすることとなった。


上位目標


ASEANにおける域内開発格差是正のための取り組みが進展し、統合が促進される。


プロジェクト目標


ASEAN統合に向けた域内格差是正のためのラオス政府、ASEAN事務局、JICAによる三者協力のメカニズムが構築される。


成果


成果1:三者協力の下、ラオスにおいてASEAN域内格差是正に向けた施策を促進するための体制が確立する。
成果2:ASEAN及び日本からの協力リソースを活用した協力プログラムの実施・モニタリング・評価が適切に行われる。
成果3:ASEAN統合に効果的に対応するためのラオス政府の能力が強化される。


活動


1-0.三者協力実施のための三者協力ユニットがラオス政府、ASEAN事務局、JICAの三者により設置される。
1-1.三者協力により、ASEANの格差是正に向けた優先課題に対する実践的な計画策定を行う。
1-2.ASEAN及びJICAが年次計画に基づいて支援を実施するための資金と人材を適切に準備する。
1-3.格差是正の取り組みを促進するため、2-1から2-3の活動に関するASEAN域内のネットワークを強化する。
1-4.三者協力ユニットは、ASEANの格差是正に対する支援を実施するドナーと連携・調整を行う。

2-1.ASEAN GAP に沿った安全・安心な農産物振興のための事業を実施する(協力コンポーネント1)。
2-2.ラオスにおいて「環境的に持続可能な都市」づくりを促進するための事業を実施する(協力コンポーネント2)。
2-3.ラオスの自然、文化、歴史にまつわる観光資源を適切かつ持続的に活用した観光振興事業を実施する(協力コンポーネント3)。
2-4.三者協力ユニットは活動計画に対するASEAN及び日本からの協力リソースのマッチングと調整を行う。
2-5.三者協力実施ユニットは協力プログラムの進捗を管理・モニタリングする。
2-6.三者協力のもと、ラオスにおけるASEAN域内格差是正のための取り組みに対する評価・提言を行う。

3-1.ラオス政府機関におけるASEAN統合に関する認知と理解を高める。
3-2.ラオス政府は、ASEAN統合ロードマップとラオスの国家及びセクター開発計画の整合性を強化する。
3-3.ラオスの各省がASEAN域内格差是正を目的とした本プロジェクトと関連する施策を適切に実施する。
3-4.ラオス計画・投資省は、各省が実施するASEAN域内格差是正に資する活動を調整・促進する。


投入




日本側投入


1.長期専門家3名:プログラム共同マネージャー1名、業務調整/計画・評価1名、GAP導入・普及農業1名、業務調整/コミュニティ観光開発1名
2.短期専門家派遣:廃棄物管理(観光コンポーネント)、GAP農場評価(農業コンポーネント)他
3.プロジェクト活動費(モデル事業実施、ローカル・コンサルタント傭上費他)


相手国側投入


ASEAN事務局投入:
1.プログラム共同マネージャー1名
2.研修講師派遣(ASEAN各国)
3.プロジェクト活動費

相手国側投入:
1.カウンターパートの配置
2.施設(プロジェクト事務所)


外部条件


1.前提条件
・ASEAN加盟10カ国が、本プロジェクトの実施に反対しない。
2.外部条件(プロジェクト目標から上位目標へ)
・ASEAN諸国に影響を及ぼすような世界的な金融危機がおきない
・世界的な伝染性の疾病がASEAN諸国に蔓延しない
・ASEAN諸国にテロを含む深刻な治安問題がおきない
 


実施体制




(1)現地実施体制


ラオス政府においては、計画投資省(MPI)がLPPを所管し、外務省ASEAN局が調整役として関与する。また、プロジェクトが実施する観光、農業、環境分野の活動については、情報文化観光省(観光)、農林省(農業)、天然資源環境省及び公共事業・運輸省(環境管理)がカウンターパート機関となる。


(2)国内支援体制


特になし。

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1)我が国の援助活動
 「環境的に持続可能な都市における廃棄物管理改善計画」
 「東西回廊における実践的な観光開発プロジェクト」
 「サバナケット県及びサラワン県における一村一品プロジェクト」
 「ビエンチャン市水環境改善計画調査」
 「首都ビエンチャン都市開発マスタープラン策定プロジェクト」
 「有機農業促進プロジェクト」


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Apr.13,2017







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1002293


Title


Laos Pilot Program for Narrowing the Development Gap towards ASEAN Integration (LPP)






Country


LAOS






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Aid Approach-その他援助アプローチ
Other Aid Approach Issues


Field 2




Field 3








Sector


Planning/Government-Development Planning-Development Planning/General






Program Title


Urban Environment Improvement Program


Program Number


0240000000012


Cooperation Priority Area


Development of Economic and Social Infrastructure


Development Issue


Creation of an environmentally harmonious and comfortable society






Project Site







Sep.15,2010
Term of Cooperation2010/10 ~2015/10


Implementing Organization


Ministry of Planning and Investment, Lao P.D.R.


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

プロジェクトホームページ(日本語) 2012/01/10

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


10/29/2010
10/28/2015