更新日2015/06/06
モロッコ事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00444_モロッコ事務所


本部/国内機関






 


案件番号



1100464

プロジェクトID(旧)


 


400


中東地域




対象国名


モロッコ


51200






500, 500, 500, 500, 500, 500, 500,


アフリカ地域, アフリカ地域, アフリカ地域, アフリカ地域, アフリカ地域, アフリカ地域, アフリカ地域, 全世界


569, 575, 578, 603, 609, 642, 651, 999


対象国(その他)


カメルーン, 中央アフリカ, チャド, ジブチ, ガボン, セネガル, コンゴ民主共和国, 他




41300, 41320, 41330, 41010, 41140, 41240, 41270, 90002

 





案件名(和)


上水・下水道技術

 





スキーム







名称(和)


個別案件(第三国研修)


Third-country Training

 



協力期間20111026日20140331日
 









分野課題1


水資源・防災-都市給水


分野課題2


水資源・防災-地方給水


分野課題3




分野分類


公共・公益事業-公益事業-上水道

 





プログラム名


仏語圏アフリカ支援プログラム


プログラムID


4690000000009


援助重点分野


南南協力の促進


開発課題


仏語圏アフリカ支援






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)上水・下水道技術




(英)Training for Water Supply and Sewage Water Technic

 





対象国名


モロッコ


対象国名(その他)


カメルーン, 中央アフリカ, チャド, ジブチ, ガボン, セネガル, コンゴ民主共和国, 他
 


署名日(実施合意)


2011/10/26
 


プロジェクトサイト


ラバト
 
協力期間20111026日201403月 31日
   


相手国機関名


(和)

国営水電気公社


相手国機関名


(英)

National Office for Water and Electricity









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


モロッコでは1995年、水法が施行され、同年、国家計画として地方給水事業計画(PAGER)が実施されたことにより2006年には安全な水へのアクセス率が都市部で96パーセント、農村部で86パーセントへと急速に改善した。また、2005年、国家下水計画が策定され都市部での下水システムへのアクセス率は、2006年には85パーセントに達している。モロッコ政府の国家的な取組により上水・下水分野における著しい成果が現れる一方で安全な水へのアクセス率が未だに低い状態にとどまっているサブ・サハラ・アフリカ諸国では、2015年を目標年とするミレニアム開発目標の達成が困難な状況にある。
 モロッコにおいて上水・下水事業を所掌する国営水電気公社(Office National de l'Eau Potable et de l'Electricte: ONEE)は、飲料水供給分野でWHOの協力機関の認定を受け、国内外の研修者向けに上下水国際研究所を擁し、上下水分野での研修を積極的に実施している。また、モロッコ政府としてもTICADの枠組みでサブ・サハラ・アフリカ諸国に対する協力を積極的に推進する姿勢を示している。これまでONEEでは2001年度から2005年度までJICAの協力により上下水道分野での研修を第三国研修として実施しており、この経験も踏まえて本件の要請がなされ、実施の運びとなった。


上位目標


対象国の上水・下水分野におけるキャパシティ・デベロップメントに貢献する。


プロジェクト目標


対象国の上水・下水道サービスの管理・保守技術に関する知識・能力が強化される。


成果


1.上水・下水道管理技術能力が向上する。
2.上水・下水道計画、管理、運営、及び事業監理に必要な技術を習得する。
3.研修を通じて上水・下水道サービスに関する効果的管理に関するグッド・プラクティスの伝達・習得に貢献する。


活動


2011年~2013年度の3年間に、以下5コースを実施する。(年2コース実施、2011年度のみ1回実施)

1.漏水検知技術
1-1上水道網の漏水検知方法
1-2水圧計算
1-3上水道網診断
1-4漏水検知に関する実地研修
1-5漏水検知総括

2.下水システム運営・管理
2-1下水システム技術
2-2下水網管理
2-3下水運営
2-4下水管理・点検
2-5実地研修
2-6下水衛生・安全

3.上水道システム運営
3-1上水供給サービスの構造
3-2配水ネットワーク計画と重要性
3-3水圧計算
3-4上水道ネットワーク構築技術
3-5パフォーマンス指標の定義
3-6上水配水ネットワークの生産性向上
3-7研究手法及び漏水補修
3-8上水配水ネットワークの復旧
3-9衛生と安全

4.飲料水生産管理
4-1飲料水源開発
4-2飲料水の伝統的取扱過程
4-3上水の質管理及びモニタリング
4-4飲料水生産施設における衛生と安全

5.上水の質管理及びモニタリング
5-1上水の伝統的取扱及び特殊取扱
5-2上水の物理化学分析
5-3上水の細菌学分析
5-4実験室管理の構造及び管理
5-5上水の質のモニタリング


投入




日本側投入


-研修プログラム・内容に関するアドバイス
-航空賃その他の費用負担
-研修開催費用
-日本人専門家の派遣 等


相手国側投入


-研修実施に必要な場所、機材等の提供
-研修プログラムの策定
-研修講師の配置
-研修概要の準備・参加国への発送
-研修員の選考・受入 等


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


ONEE、及び上下水国際研究所


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


地方給水分野における協力効果の増大支援有償資金協力専門家派遣による地方給水分野での調査
技術協力プロジェクト「地方飲料水供給計画支援」
無償資金協力「南部地域飲料水供給計画」、「ベンスリマン地区飲料水供給計画」等
有償資金協力「地方給水事業III」、「下水道整備事業I」、「下水道整備事業II」等


(2)他ドナー等の援助活動


ドイツKfW、ベルギーCTB等による地方給水分野での協力

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jun.06,2015







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1100464


Title


Training for Water Supply and Sewage Water Technic






Country


MOROCCO CAMEROON; CENTRAL AFRICAN REPUBLIC; CHAD; DJIBOUTI; GABON; SENEGAL; DEMOCRATIC REPUBLIC OF THE CONGO; OTHER






Project Type


Third-country Training






Field 1


Water Resources / Disaster Management-Urban Water Supply


Field 2


Water Resources / Disaster Management-Rural Water Supply


Field 3








Sector


Public Works/Utilities-Public Utilities-Water Supply






Program Title


Assistance for Francohone African Countries


Program Number


4690000000009


Cooperation Priority Area


Promotion of South South Cooperation


Development Issue


Assistance for Francophone African Countries






Project Site


Rabat





Oct.26,2011
Term of Cooperation2011/10 ~2014/03


Implementing Organization


National Office for Water and Electricity


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

R/D(外部公開)2012/09/06

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


10/26/2011
03/31/2014