更新日2014/12/18
産業開発・公共政策部

プロジェクト基本情報







20225


























主管区分


本部


本部/国内機関


02144_産業開発・公共政策部


在外事務所






 


案件番号



0900409

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


ベトナム


11100












対象国(その他)







 





案件名(和)


基準認証制度運用体制強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20091126日20130425日
 









分野課題1


民間セクター開発-産業基盤制度


分野課題2




分野課題3




分野分類


商業・観光-商業・貿易-貿易

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


0279999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)基準認証制度運用体制強化プロジェクト




(英)Project on Strengthening the System and Operation on Standards and Conformance

 





対象国名


ベトナム


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2009/11/26
 


プロジェクトサイト


ハノイ市、ホーチミン市
 
協力期間20091126日201304月 25日
   


相手国機関名


(和)

科学技術省標準・計量・品質総局


相手国機関名


(英)

Directorate for Standards, Metrology and Quality, Ministry of Science and Technology









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


国際的な経済統合が進むなか、ベトナム国(以下「べ」国)が堅調な経済成長を持続していくためにはAPEC、ASEANといった地域枠組みにおける貿易の円滑化を進める必要がある。円滑な貿易を妨げる要因として、関税や輸出入の制限等の他、工業製品等の規格や、規格の適合性を評価する手続きに関連する技術的な阻害要因が問題視されており、WTOは、WTO/TBT協定によって、加盟国に対し基準認証制度整備の取り組みを求めている。「ベ」国政府は、2007年1月のWTO加盟に伴い、科学技術省(以下「MOST」)標準・計量・品質総局(以下「STAMEQ」)を中心に基準認証関連法令の整備を進めている他、貿易への技術障壁を除去し、海外市場、海外直接投資の要求を満たすために、基準認証分野の取り組みを強化する必要に迫られている。
 電気・電子製品(変圧器、ケーブル、絶縁体、照明器具、家電、IT機器等)は将来的に輸出の増加が期待されるとともに、消費者の安全配慮の観点からも重要な分野である。また、「ベ」国はWTO/TBT協定の他にASEAN電気電子機器相互認証協定の枠組みに参加しており、安全、環境面等への配慮を通じ2010年までに同協定の要件を満たすことが求められていた。しかし、本プロジェクト開始前の段階では同分野における基準認証制度(基準認証政策、規格開発、認定、認証、試験)は十分に整備されておらず、同協定の内容を満たすには至っていない。「ベ」国国家規格への国際電気標準化会議(以下「IEC」)等の国際規格の採用は十分ではなく、また、IEC規格が採用されているものであっても「ベ」国規格が定期的に見直されていないため、IEC規格最新版の適用が大幅に遅れている。また、本プロジェクト開始前に「ベ」国政府は、WTO/TBT通報により、家電13品目を強制基準対象とすることを検討していたが、「べ」国の認定機関は、電気電子製品認証機関を認定した経験が少なく、認証機関も電気電子製品の認証経験が不足しており、13品目に関する試験を「家庭用及び同種電気器具の安全性」に係るIEC60335に基づき実施するための技術インフラも整っていないため、13品目の強制認証制度が完全に施行される体制は整っていなかった(この点、2011年10月から13品目の強制認証制度が完全に施行されている)。これら問題点を改善するために、基準認証政策においては、ベトナム規格の整備や国際整合化のためのアクションプラン、体系的な試験能力(設備及び人材)整備計画の作成等が必要となっている。
 加えて、2009年10月に発効した「日本・ベトナム経済連携協定」(以下「日越EPA」)の中にTBT削減のための協力の推進が盛り込まれていることを受け、ベトナムで製造された電気・電子製品を対象として、基準認証制度関連の組織システム及び運営を強化することを目標とした本プロジェクトを行うこととした。
 尚、ベトナムにおける基準認証制度は、科学技術省 (以下「MOST」)傘下のSTAMEQおよびその傘下機関により運営されている。2009年10月より、MOST副大臣の決定に基づき、STAMEQ傘下のBOAがMOST直轄の機関に変更となる予定であるが、その他の組織変更は予定されていない。


上位目標


「ベ」国で製造された電気・電子製品の品質及び消費者の安全確保状況が改善される。


プロジェクト目標


STAMEQおよび他の関連機関の電気・電子分野における基準認証制度の運用体制が強化される。


成果


1. 電気・電子分野における基準認証政策の立案能力が強化される。
2. 電気・電子分野における基準及び規格を作成する能力が向上される。
3. 認定能力が向上される。
4. 電気・電子分野における認証能力が向上される。
5. 電気・電子分野における試験能力が改善される。


活動


1-1. 基準認証政策に関してSTAMEQ職員に研修や技術的なアドバイスを行う。
1-2. JICA専門家及び研修員によって基準認証政策に関するセミナーを開催する。
2-1. ベトナム基準及び規格を開発するための研修及び技術的なアドバイスを行う。
3-1. 電気・電子分野における認定のための研修及び技術的なアドバイスを行う。
4-1. 電気・電子分野における認証のための研修及び技術的なアドバイスを行う。
5-1. 電気・電子分野における試験のための研修及び技術的なアドバイスを行う。


投入




日本側投入


1)日本人専門家(チーフアドバイザー、業務調整員、関連分野専門家)
2)本邦研修
3)機器供与


相手国側投入


1)カウンターパート(プロジェクトダイレクター、プロジェクトマネージャー、カウンターパート、サポートスタッフ)
2)ハノイ及びホーチミンにおける専門家用執務室
3)その他プロジェクト関連必要経費
4)プロジェクトに必要な機器の設置


外部条件


・上位目標に対する外部条件:ベトナム政府の基準認証政策の優先順位が大きく変更しない。
・プロジェクト目標に対する外部条件:組織的な体制が大きく変更しない。
・成果に対する外部条件:STAMEQとその関連機関のトレーニングを受けたカウンターパートがプロジェクトの活動に残る。
・活動に対する外部条件:カウンターパートがSTAMEQとその関連機関を退職しない、又は適切に引き継がれる。
・前提条件:基準認証制度を強化する政策に変更がない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


合同調整委員会(委員長:STAMEQ総局長)
実施委員会:(プロジェクトダイレクター:STAMEQ副局長)
実施機関:STAMEQ及びその傘下にあるVSQI、QUACERT、QUATEST等の関連機関、BOA


(2)国内支援体制


経済産業省産業技術環境局基準認証政策課
一般財団法人電気安全環境研究所(JET)
一般財団法人日本品質保証機構(JQA)
独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1998年に「工業標準化・計量・検査・品質管理マスタープラン」開発調査を実施し、「べ」国における工業開発、標準化・品質管理、国際標準化等の現状と課題の分析、提言を行った。また、消費者保護に関しては「ベトナム消費者保護行政」プロジェクトが開始される予定であり、広い意味では関連する部分もあるが、アプローチ及び対象機関は異なる。


(2)他ドナー等の援助活動


UNIDO、EU、ドイツ、フランス、カナダ、デンマーク、韓国等が、STAMEQに対する技術協力を行っている。STAMEQ向け協力のうち、電気・電子分野では、韓国が”Project for the development of Electrical and Electronic safety Testing Laboratory”(1997-2000)により機材供与、技術指導を実施済みであり、UNIDOが電磁適合性 (以下「EMC」)強制基準化に係る法整備支援を実施中であるが、本プロジェクトとは対象スコープが異なっており、直接的な関係は無い。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
02144







Project Headquarters in charge

As of


Dec.18,2014







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0900409


Title


Project on Strengthening the System and Operation on Standards and Conformance






Country


VIET NAM






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Private Sector Development-Industrial Development Institution


Field 2




Field 3








Sector


Business/Tourism-Business/Trade-Trade






Program Title


-


Program Number


0279999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site







Nov.26,2009
Term of Cooperation2009/11 ~2013/04


Implementing Organization


Directorate for Standards, Metrology and Quality, Ministry of Science and Technology


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To




Jan.12,2009

 ~

Jan.16,2009




Aug.30,2009

 ~

Sep.12,2009






























































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成21年度) (外部公開)2012/10/31
終了時評価(平成24年度) (外部公開)2015/08/12

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


11/26/2009
04/25/2013