更新日2016/06/09
チュニジア事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00438_チュニジア事務所


本部/国内機関






 


案件番号



1000547

プロジェクトID(旧)


 


400


中東地域




対象国名


チュニジア


51210












対象国(その他)







 





案件名(和)


感染症対策のための研究能力向上

 





スキーム







名称(和)


個別案件(第三国研修)


Third-country Training

 



協力期間20130107日20130126日
 









分野課題1


保健医療-その他感染症


分野課題2




分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


4759999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)感染症対策のための研究能力向上




(英)Research for Health in Relation to Infectious Diseases of Poverty

 





対象国名


チュニジア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


チュニス
 
協力期間20130107日201301月 26日
   


相手国機関名


(和)

パスツール研究所、チュニジア技術協力事業団


相手国機関名


(英)

Tunis Pasteur Institute /Tunisian Agency for Technical Cooperation









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


マラリアや結核、HIV/エイズなどの感染症の蔓延は貧困が主な原因のひとつであると同時に、これらの感染症の発症により貧困を悪化させる悪循環にある。アフリカ諸国は貧困に起因する感染症の影響が最も深刻な地域であり、既存の感染症に対する対策と新興感染症対策双方を組み合わせた取り組みが必要である。
チュニスパスツール研究所(IPT)は貧困に起因する感染症対策に係る研究において長い経験を有しており、バイオインフォマティクス(生物情報科学)などの新しい研究分野において進んだ技術・能力を有している。バイオインフォマティックスの導入により大量のゲノム情報を科学知識に置き換えることができ、アフリカにおける感染症対策において有効な手段となりうる。
IPTは、アフリカ諸国の医療研究者の研究能力の向上をはかり、もってこれらの国々の感染症対策能力の強化を図ることに積極的である。チュニジア政府は本件第三国研修をチュニジア技術協力事業団(ATCT)を調整機関とし、IPT、WHO、日本の連携による南南協力の枠組みのもとに実施することを我が国政府に要請した。


上位目標


アフリカ諸国において、既存及び新興感染症対策の実施能力が向上する。


プロジェクト目標


アフリカ諸国において、医療・生物分野研究者の既存及び新興感染症対策に係る研究能力が向上する。


成果


①既存及び新興感染症対策の能力強化
②新しい診断法と処置のための研究技術の習得
③IPTの当該分野における研修実施能力の強化
④疾病の早期発見と治療のための知識の習得
⑤感染症の検知、同定、モニタリングを目的とした研究のデザイン、計画、実施、評価に係る技術の向上
⑥持続的な対応策策定のための、感染症の持続または発生を導く要因の理解
⑦当該分野の研究に関し、日本、チュニジア、アフリカ諸国の研究機関のネットワーク構築


活動


本件研修は3年のプログラムで、毎年、異なるサブテーマのもと実施される。現在想定されるサブテーマは以下のとおり。
 第1年目:「トランスレーショナル・バイオインフォマティックス」
 第2年目:「病原体検出と特性化へのゲノミクスと分子生物学の応用」
 第3年目:「分子生化学の保健への応用」

コースは理論と実践から構成される(約3週間)。理論については、「医薬品設計」に特に重点を置く。コースの導入として、LINUXシステムの操作、プログラミング言語、統計ツールに係る講義・実習を実施。その後、「配列分析ツール」、「データ抽出と統合」、「マイクロアレイデータ分析」、「システム生物学」、「医薬品設計」分野の講義・実習を実施。

対象者は以下の基準を満たすものとする。
 ①バイオインフォマティックス分野の基礎知識と病原体ゲノミクスへの関心があること。
 ②生物学、統計学、情報科学分野の知識があること。
 ③博士課程修了レベルの研究者
 ④毎年同じ研究機関からの参加が望ましい。

また、対象国は、アルジェリア、ベナン、ブルキナファソ、カメルーン、中央アフリカ、コンゴ、コンゴ民主共和国、エチオピア、ガーナ、ケニア、マリ、モロッコ、モーリタニア、ナイジェリア、セネガル、スーダン、タンザニア、ウガンダを想定。

なお、講義は英語にて実施するが、仏語のファシリテーターを配置予定。


投入




日本側投入


アフリカ諸国から参加する研修参加者の航空券経費、保険経費、日当、日本人講師派遣経費等(ゲノミクス研究分野講師0.5MM×3回、ゲノム注釈分野0.5MM×2回)


相手国側投入


IPT: 研修実施に必要な経費(含チュニジア人講師謝金等)
   研修施設の提供
   資料の提供
ATCT:チュニジア人講師の配置
   資料印刷経費
   関係各国へのGIの送付、連絡調整
WHO: 研修準備支援(特にプログラム詳細内容検討、参加者選定等)


外部条件


チュニジアにおける保健政策が大きく変更しない。
チュニジアにおける南南協力にかかる政策が大きく変更しない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


ATCTを主たる調整機関、IPTを実施機関、WHOをアドバイザリー機関として実施。


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jun.09,2016







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1000547


Title


Research for Health in Relation to Infectious Diseases of Poverty






Country


TUNISIA






Project Type


Third-country Training






Field 1


Health-Other infectious diseases


Field 2




Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


-


Program Number


4759999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site







Term of Cooperation2013/01 ~2013/01


Implementing Organization


Tunis Pasteur Institute /Tunisian Agency for Technical Cooperation


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


01/07/2013
01/26/2013