更新日2018/06/14
ボリビア事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00409_ボリビア事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0700539

プロジェクトID(旧)


 


200


北米・中南米地域




対象国名


ボリビア


31300












対象国(その他)







 





案件名(和)


地域保健システム向上プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20080401日20121031日
 









分野課題1


保健医療-保健医療システム


分野課題2


ジェンダーと開発-ジェンダーと開発


分野課題3


貧困削減-貧困削減


分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


保健医療システム強化プログラム


プログラムID


3060000000005


援助重点分野


社会的包摂の促進


開発課題


保健サービスの普及強化






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)地域保健システム向上プロジェクト




(英)Project for improvement of health service delivery at community level

 





対象国名


ボリビア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2007/03/31
 


プロジェクトサイト


サンタクルス県、コチャバンバ県、ラパス県、ベニ県、タリハ県、パンド県
 
協力期間20080401日201210月 31日
   


相手国機関名


(和)

保健スポ-ツ省,サンタクルス県、サンタクルス市


相手国機関名


(英)

Ministry of Health and Sports, Santa Cruz Prefecture, Santa Cruz Municipal









日本側協力機関名


国立国際医療センタ-
 


プロジェクト概要




背景


ボリビア国(以下ボ国)の妊産婦死亡率は290/10万出生、乳幼児死亡率は61/1000出生で、これは南米最悪の水準である。妊産婦死亡の大半は産科合併症によるものであるが、これらは一次医療レベルの適切な周産期ケアで大半は防ぐことができる。また、乳幼児死亡の多くは、急性呼吸器感染症(ARI)、乳幼児下痢症によるものであり、これに低栄養が続いているが、これらは早期受診とそれに伴う適切なケアによって防ぐことが可能である。しかしながら、ボ国では医療施設の配置が十分でないことに加え、医療従事者における管理能力や適切なケアを提供する能力の不足から、きちんとした処置が行えないことが多く、その結果、コミュニティの住民も保健医療施設に対する強い不信感から足を運ばないといったことが多い。
 ボリビア政府は2006年から新しい保健セクタ-プランを策定し、コミュニティレベルにおける包括的なケアや住民が保健医療活動に積極的に参加すること、さらに、低栄養や女性への家庭内暴力を撲滅することを重視している。特にコミュニティにおける保健医療サ-ビスの向上のため一次、二次レベルの医療施設の機能強化を重要視しており、これに基づき、各県、市レベルにおいて医療施設を管理し、医療従事者の能力向上に関する責任が増している。
 2001年より5年間実施された「サンタクルス県地域保健ネットワ-ク強化プロジェクト」においては、①保健医療サ-ビスの質の向上、②住民参加型保健活動、③レファラルシステムの整備、④医療器材保守管理システムの構築、⑤保健医療施設管理の5つについて集中的に活動が行われた結果、パイロット地区における住民の保健医療サ-ビスへのアクセスが向上し、地域保健システム向上のモデルとしてサンタクルス県だけでなく、中央政府にも広く認識されるにいたった。これらの成果をボリビア側の人材に広く普及し、地域保健システムの改善に関する基盤として育成することを目的とし、2006年、ボ国政府は日本に対し、さらなる協力を要請してきた。


上位目標


ミレニアムゴールにもとづきプロジェクト対象地域の住民の保健向上に貢献する。


プロジェクト目標


プロジェクト対象地域の住民が質の高い予防、プロモーション、診療を有すための保健サービスネットワークが強化される。


成果


成果1:保健施設の医療従事者および保健管区事務局の従事者が、習得した知識を活用し、提供するサービスの質が維持される。
成果2:情報を有し、組織化された住民が、保健の権利を行使し、保健ネットワークとの調整に積極的に参加する。
成果3:県および保健ネットワークレベルで、レファラル・カウンターレファラルシステムが適切に機能する。
成果4:保健医療施設に事務管理・財政管理システムが導入され機能する。
成果5:医学的な診断技術の信頼性が国家保健システムの項目に位置づけられる。
成果6:本プロジェクトの活動手法が保健スポーツ省、県保健局、市役所によって制度化される。


活動


1-1母子保健に関する研修(小児科、産科) 
1-2 医療廃棄物・院内感染の予防と監視 
1-3 各保健管区での統合的なサービスの質向上委員会の結成 
1-4 保健ネットワークへの支援 
2-1 県ヘルスプロモーション委員会の結成:SEDES-PSIEC 
2-2 コミュニティが参加するFORSAモデル手法の導入
2-3 コミュニティが参加するFORSAモデル手法の保健施設のファシリテータへの研修
2-4 コミュニティ組織 (コミュニティファシリテータによる手法の普及)
3-1 レファラル・カウンターレファラルシステム(SRCR)の(患者ケア)組織化 
3-2 委員会メンバーと保健ネットワーク従事者に対するSRCR研修 
3-3 モニタリングと成果評価
3-4 SISME業務への支援
4-1 財務管理研修 
4-2 プロジェクト活動ネットワークの事務・財務情報システムの導入 
5-1 医療機材保守管理委員会の結成 
5-2 保守管理技術者の研修と医療機材の補修
5-3 医療機材のオペレーター研修 
6-1 小児・産科ケアの技術的ガイドの制度化
6-2 地域住民参加のFORSAモデルの制度化
6-3 レファラル・カウンターレファラルシステムの制度化


投入




日本側投入


1.短期専門家
2.ローカルコンサルタント(業務調整、住民参加型活動、財務管理)
3.機材供与


相手国側投入


地域保健サービス部門の立ち上げ(サンタクルス日本病院内)
研修実施に関する企画・モニタリング委員会の設置
研修実施に関する環境整備のための予算措置
医療施設管理システムを総合管理するための技術者をサンタクルス市が雇用


外部条件


担当者の人事交代
 


実施体制




(1)現地実施体制


合同調整委員会(保健スポーツ省、サンタクルス県、サンタクルス市)
研修成果モニタリング委員会(サンタクルス県人間開発局、サンタクルス市保健局、JICA)
研修フォロ-アップ委員会(サンタクルス日本病院、JICA、研修参加者及び所属先の長)


(2)国内支援体制


協力機関 国立国際医療センター、聖マリア病院

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1980-1982 国立公衆衛生専門学校設立計画(無償資金協力)
1981-1984 トリニダッド母子病院建設計画(無償資金協力)
1983-1985 サンタクルス総合病院建設計画(無償資金協力)
1982-1992 サンタクルス総合病院プロジェクト(プロジェクト方式技術協力)
1994-1999 サンタクルス医療供給システムプロジェクト(プロジェクト方式技術協力)
1994-2003 国別特設研修「南米地域・地域保健指導者」
2001-2006 サンタクルス県地域保健ネットワーク強化プロジェクト(技術協力プロジェクト)
2001-2005 現地国内研修「地域医療指導者研修」
2007-2011 権利、多文化、ジェンダーに焦点をあてた村落地域保健ネットワーク強化プロジェクト


(2)他ドナー等の援助活動


・PAHO 子供の栄養改善に関するIMCIの導入を全国展開
・Medicus Mundi(NGO) 医療施設管理システムを根幹病院に導入、人材育成を実施
・USAID PROSALUDを通じヘルスポストの建設、保健医療サービスの提供を実施
・USAID サンペドロ市、サーベドラ市にて地域保健システム向上のプロジェクトを実施
・サンタクルス県保健局 FORSA-サンタクルスフェ-ズIIを実施。住民参加、医療施設管理、レファラルシステム強化に関する活動を展開中。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Jun.14,2018







Overseas Office


JICA Bolivia Office


Headquarters
Domestic Office








Project Number


0700539


Title


Project for improvement of health service delivery at community level






Country


BOLIVIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-Health System


Field 2


Gender and Development-Gender and Development


Field 3


Poverty Reduction-Poverty Reduction






Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


Health System Strengthening


Program Number


3060000000005


Cooperation Priority Area


Promotion of social inclusion


Development Issue


Improvement of Health Service






Project Site


Santa Cruz, Cochabamna, La Paz, Beni, Tarija, Pando





Mar.31,2007
Term of Cooperation2008/04 ~2012/10


Implementing Organization


Ministry of Health and Sports, Santa Cruz Prefecture, Santa Cruz Municipal


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


04/01/2008
10/31/2012