更新日2014/12/18
タイ事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00370_タイ事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0800119

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


タイ


11060












対象国(その他)







 





案件名(和)


バンコク都気候変動削減・適応策実施能力向上プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20090601日20120531日
 









分野課題1


環境管理-気候変動対策


分野課題2


貧困削減-貧困削減


分野課題3




分野分類


計画・行政-行政-環境問題

 





プログラム名


環境・防災プログラム


プログラムID


0180000000007


援助重点分野


社会の成熟化に伴う問題への対応


開発課題


環境管理体制支援






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)バンコク都気候変動削減・適応策実施能力向上プロジェクト




(英)Capacity Building on Climate Change Adaptation and Mitigation for Implementation in Bangkok

 





対象国名


タイ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2009/05/29
 


プロジェクトサイト


バンコク
 
協力期間20090601日201205月 31日
   


相手国機関名


(和)

バンコク首都圏庁環境局


相手国機関名


(英)

Department of Environment, Bangkok Metropolitan Administration (BMA)









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


バンコク都は1千万近くの人が住み、タイ全体の24%の温室効果ガスを排出している。また、バンコク首都圏から排出される温室効果ガスは、他の先進国の都市と比較しても高いレベルであり、アピラック知事のもと、削減に向けた積極的な取組みを展開してきた。バンコク都は2007年5月、気候変動問題に真摯に取組むことを宣言、2007-2012年の5年間で温室効果ガスを15%削減することを目指してアクションプランを採択している。
 しかし、バンコク都における気候変動問題への取り組みは始まったばかりであり、十分な知見・経験が不足していることから日本に対して支援の要請があり、2008年度新規案件として採択されたものである。なお、本件は国別研修として要請されたものであるが、気候変動対策の重要性等に鑑み、技術協力プロジェクトとして採択された。


上位目標


2012年までにバンコクにおける温室効果ガスの排出が、BAU(何も対策を行わなかった場合)と比較して15%以上削減される。


プロジェクト目標


BMAの気候変動対策アクションプランを実施する能力が向上する。


成果


1.気候変動対策に分野横断的・包括的に取組むBMAの組織能力が向上する。
2.各5分野(①大量輸送網、②省エネ・再生可能エネルギー、③ビル改造・効率化、④廃棄物・排水処理、⑤都市緑化)のアクションプラン実施に関係したBMA職員の能力が向上する。


活動


1.BMAの分野横断的取組み
1-1 分野横断的・包括的取組みに係る現状の問題点を整理する。
1-2 分野横断的・包括的取組みを推進するため、委員会(Steering Committee)の下にワーキンググループを設置する。
1-3 本邦研修のカリキュラムを作成する。
1-4 研修参加を通じ気候変動に対する日本の自治体の横断的・包括的取り組み事例を研究する。
1-5 研修成果物として、BMAの分野横断的・包括的取組みに係る計画を作成する。
1-6 専門家によるセミナー及びサポート活動を実施する。

2.各分野の職員能力向上
2-1 アクションプラン各分野に係る現状の課題分析を行う。
2-2 本邦研修のカリキュラムを作成する。
2-3 研修参加を通じ、課題解決に向けた各分野の計画を作成する。
2-4 課題解決に向け、専門家によるセミナー及びサポート活動を実施する。


投入




日本側投入


・本邦研修の実施 (3年間:1年に1回、1回で約20日間、10名の受入)
・短期専門家の派遣
その他


相手国側投入


プロジェクトC/Pの配置


外部条件


 


実施体制




(1)現地実施体制


バンコク首都圏庁環境局


(2)国内支援体制


環境省、国土交通省、横浜市、東京都、名古屋市、北九州市等が想定

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動




(2)他ドナー等の援助活動


・AFDがバンコク都に対して気候変動分野におけるローンの可能性を検討中
・AFDがバンコク都に対する次期案件においてJICAとの協調を計画中
・UNEPがバンコク都と協同で、バンコク都における気候変動影響及び対策案に係る報告書を作成

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Dec.18,2014







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0800119


Title


Capacity Building on Climate Change Adaptation and Mitigation for Implementation in Bangkok






Country


THAILAND






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Environmental Management-Climate Change


Field 2


Poverty Reduction-Poverty Reduction


Field 3








Sector


Planning/Government-Government-Environment Issue






Program Title


Program for Environment and Disaster Prevention


Program Number


0180000000007


Cooperation Priority Area


Development Issues in Maturing Society


Development Issue


Strengthening of Environmental Management System






Project Site


Bangkok





May.29,2009
Term of Cooperation2009/06 ~2012/05


Implementing Organization


Department of Environment, Bangkok Metropolitan Administration (BMA)


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

報告書(詳細計画策定調査)(外部公開)2009/06/01
R/D(外部公開)2012/01/05
プロジェクト・ドキュメント/PO(PO)(外部公開)2012/01/05
プロジェクトホームページ(日本語) 2011/03/04

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


06/01/2009
05/31/2012