更新日2018/03/08
産業開発・公共政策部

プロジェクト基本情報







20225


























主管区分


本部


本部/国内機関


02144_産業開発・公共政策部


在外事務所






 


案件番号



0800799

プロジェクトID(旧)


 


400


中東地域




対象国名


チュニジア


51210












対象国(その他)







 





案件名(和)


品質/生産性向上プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20091001日20130531日
 









分野課題1


民間セクター開発-産業技術


分野課題2




分野課題3




分野分類


鉱工業-工業-工業一般

 





プログラム名


産業育成・生産性向上・中小企業支援


プログラムID


4750000000004


援助重点分野


産業のレベルアップ


開発課題


産業競争力の強化






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)品質/生産性向上プロジェクト




(英)Project on Quality/Productivity Improvement

 





対象国名


チュニジア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2009/05/11
 


プロジェクトサイト


Tunis(首都)
 
協力期間20091001日201305月 31日
   


相手国機関名


(和)

国家品質事業管理ユニット


相手国機関名


(英)

Unite de gestion programme qualite









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


チュニジア国では、EUとのパートナーシップ協定締結に伴い、2008年1月には工業製品に係る関税が撤廃され、これまで保護政策の下に置かれてきた国内産業、特に中小企業の生産性をレベルアップし、国際競争力を確保・強化することが喫緊の課題となっている。この政策実現のため、1995年以来、国家開発戦略として「産業レベルアップ計画(Mise a Niveau)」を推進している。中でも、生産管理技術と製造技術の強化が急務となっており、この課題の対策として、産業業省傘下に、国家品質事業管理ユニット(以下「UGPQ」)が設置された。
 本ユニットは、これまで産業分野ごとに設立されていた8つの技術センターより推薦されたスタッフで構成される時限的組織であり、品質管理、生産性向上に向けた取り組みを指導することを目的としている。UGPQの活動により、総計1300企業がISO等の、品質・生産性を含むマネジメント国際規格を取得するとしている。
チュニジア政府は、このような背景の下、UGPQが品質/生産性向上活動の普及を行う上で必要な政策、実施体制への提言に係る包括的なマスタープラン及びアクションプランの策定を我が国に対し要請し、2006年から2008年にかけてJICAは開発調査「品質/生産性向上マスタープラン調査」を実施した。
 同開発調査では、パイロットプロジェクトとして電気・電子及び食品加工サブセクターにおける企業診断・指導をUGPQとともに行い、具体的な成果を挙げるとともに、品質/生産性向上にかかるマスタープランへの提言を引き出した。他方で、チュニジア側が診断・指導を行う人材を自律的に養成し、パイロットプロジェクトの対象セクター以外のセクターも含めて企業からの指導ニーズに応え、品質/生産性向上活動の普及を図っていく体制を構築するには至っていない。以上を背景に、今般、チュニジア政府より、上記開発調査の提言も踏まえて、品質/生産性向上について、他のサブセクターへの普及や政府における持続的な支援体制の構築を図る技術協力プロジェクトの実施が要請された。より具体的には、UGPQによる品質/生産性向上に係る体制整備や広報・普及活動の促進、技術センター(機械・電気産業技術センター(CETIME)及び包装技術センター(PACKTEC))による企業への現場指導能力の向上が求められている。


上位目標


優先セクターの中小企業において品質/生産性向上活動が普及する。


プロジェクト目標


UGPQ、CETIME、PACKTECの、優先セクター(電気・電子分野、機械分野、包装分野)における品質/生産性向上に係る普及・支援サービスを提供する能力が向上する。


成果


1 チュニジア政府内の品質・生産性向上支援にかかる組織・体制が整理される。
2 中小企業の品質・生産性向上活動に係るコンサルティング・サービスを提供するUGPQ、CETIME、PACKTEC内のコンサルタントが継続的に育成される仕組みが作られる。
3 UGPQを中心に、品質/生産性向上活動に係る情報発信能力が向上する。


活動


1 体制構築・整備
1) プロジェクト実施に係る戦略の策定(育成コンサルタントの数、コンサルティング、普及活動などの目標を含む)
2) 年間活動計画及びモニタリング・評価システムの策定
3) モニタリング・評価のフィードバック
4) 国内関係機関との連携構築・セミナー等による情報交換
5) 海外関係機関との連携構築
6) プロジェクト後の長期的な体制案の策定

2 コンサルタント育成
1) コンサルタント育成計画の策定(到達が期待されるレベル、モデル企業の選定を含む)
2) コンサルタント育成活動の実施(コンサルティングサービス(OJT)を含む)
3) コンサルタント育成活動の評価とフィードバックによる改善案の策定
4) コンサルティング・データの蓄積
5) 各種マニュアルの作成・改訂メカニズムの確立

3 広報・普及活動
1) 広報・情報発信戦略の策定
2) セミナー、広報活動の改善(年間4回程度の企業向けセミナー及び4回程度の職業訓練校・民間コンサルタント向けワークショップを含む)


投入




日本側投入


1 日本人専門家
 1)総括/組織・普及
 2)電機・電子
 3)機械
 4)包装
 5)その他必要性に基づく技術分野
2 機材供与
 1)巡回用車両 
 2)巡回用ノートPC 
 3)巡回用ビデオカメラ 
 4)セミナー・研修用プロジェクター
5)モデル企業コンサルティング活動用デジタルカメラ
 6)モデル企業コンサルティング活動用ストップウォッチ 
 7)ワークステーション、ストール
3 カウンターパート研修
4 現地活動費


相手国側投入


1 カウンターパート人員
 1) プロジェクトダイレクター
 2) プロジェクトマネージャー
 3) UGPQ職員
 4) CETIME職員
 5) PACKTEC職員
 6) 秘書
 7) 必要に応じて管理業務職員
2 施設
 日本人専門家およびカウンターパートのための事務所スペースと業務に必要な設備(UGPQ、CETIME、PACKTEC)
3 車輌及び機材の保守管理
4 ローカルコストと管理費
 1) C/P人件費・活動諸手当
 2) 施設・設備・機材の維持管理費
 3) その他運営管理費


外部条件


上位目標及びプロジェクト目標達成のための外部条件は、下記のとおりである。
・政府の品質・生産性向上普及に係る方針が大きく変更しない
・優先セクター企業の品質/生産性向上のニーズが変わらない。
・品質・生産性向上支援活動の実施や体制維持に必要な予算・人員が適切に配置される。
・C/Pの他の組織への大幅な異動がない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


産業省傘下のUGPQ、CETIME、PACKTECの3機関を実施機関とし、また、他の6分野の技術センター、UTICA(産業・商業・工芸連盟) 、CSNEECF(研究・コンサルティング・研修企業組合) からもセミナー、ワークショップへの参加、合同調整委員会メンバー参加等という形での協力を得て実施する。


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


開発調査「品質/生産性向上マスタープラン」 2006.7~2008.6
円借款「民間投資支援計画(ツーステップローン)」 2007.7 L/A締結
シニア・ボランティア


(2)他ドナー等の援助活動


産業省内ではEUのイニシアチブの下で産業近代化プログラム(UGPMI)という起業支援、コーチング、品質向上を支援するプログラムが実施されている。UGPQはそのうちの品質向上を担当するユニットとなる。
 EUはUGPMIを窓口に資金支援及び技術支援を行っており、認証取得に係る部分について700万ユーロの支援を表明している。ただし、チュニジア企業経営者は、認証の取得は国際市場参入のための最低限の資格でしかなく、必ずしも製品の国際競争力向上を意味するものではないとの危惧を抱いている。それに対し本件協力は、従来日本の強みとされる実践的な品質/生産性向上技術を企業に導入することで、製品の品質及び生産性を向上し、国際市場における製品の競争力を強化することを目的としており、EUの支援と相互補完性を持つものとなっている。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
02144







Project Headquarters in charge

As of


Mar.08,2018







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0800799


Title


Project on Quality/Productivity Improvement






Country


TUNISIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Private Sector Development-Industrial Technology


Field 2




Field 3








Sector


Mining and Manufacturing-Industry-Industry/General






Program Title


Developing industries, improving productivity, supoprting small and medium companies


Program Number


4750000000004


Cooperation Priority Area


Upgrading Industries


Development Issue


Strengthning Industrial Competitiveness






Project Site







May.11,2009
Term of Cooperation2009/10 ~2013/05


Implementing Organization


Unite de gestion programme qualite


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To




Feb.01,2009

 ~

Feb.15,2009




































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

詳細計画策定調査報告書 2009/12/04

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


10/01/2009
05/31/2013