更新日2016/09/06
南アフリカ共和国事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00468_南アフリカ共和国事務所


本部/国内機関






 


案件番号



0604916

プロジェクトID(旧)


5395030E0
 


500


アフリカ地域




対象国名


南アフリカ共和国


41430












対象国(その他)







 





案件名(和)


南部アフリカ医療機器保守管理能力向上プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20090607日20130306日
 









分野課題1


保健医療-保健医療システム


分野課題2


貧困削減-貧困削減


分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


5399999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)南部アフリカ医療機器保守管理能力向上プロジェクト




(英)Capacity building in Medical Equipment Maintenance and Management for Southern Africa

 





対象国名


南アフリカ共和国


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2009/03/03
 


プロジェクトサイト


東ケープ州
 
協力期間20090607日201303月 06日
   


相手国機関名


(和)

中央保健省、東ケープ州保健省


相手国機関名


(英)

National Department of Health, Eastern Cape Provincial Department of Health









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


旧南ア政府の長期に渡るアパルトヘイト政策により、保健医療サービスに関する人種間格差は拡大され続け、それは、ホームランドや黒人居住区の医療施設状況や住民の保健指標に反映される結果となっていた。1994年のアパルトヘイト政策撤廃後の新政府保健省は、社会的・経済的な発展のためには良質な保健医療サービスの提供に基づく健全かつ健康な国づくりが必要との基本理念を掲げて国家保健医療体制の再建に取り組んできた。人材育成を含む医療機器保守管理システムの強化は、保健医療サービスの質と量を確保する必要不可欠なものとして重要課題の一つである。しかしながら医療機器の保守管理は民間への外部委託への依存割合が高いことに加え、特に地方の貧困地域においてはワークショップが設置されていない医療施設が多く、医療サービスの質において依然として地域間格差が残っている。また、人材育成を含む医療機器保守管理システムの強化が国家保健政策の重要課題とされながらも、関連人材については、2002年には必要とされる人数の15%に留まっており(南ア保健省調査報告 [2002])、医療機器保守管理に関して十分な経験を有した人材が乏しいのが現状である。
 本プロジェクトは、パイロット州での活動を他州に拡大していく方法で実施することが中央保健省との間で合意され、東ケープ州がパイロット州として選定された。
 同州では、医療機器の総合的保守管理の状況が国平均を大きく下回っており(南ア中方保健省調査 [2006])、特に医療機器保守管理体制に関しては、中核病院のワークショップが州内の他の医療施設に対する医療機器保守管理を担うアウトリーチ体制が制度として存在するが、州の一部地域ではほとんど体制が機能していないため、現在の体制の見直しとシステムとして適切な運用が行われるための組織体制の強化、並びに、適切な人員配置のためのスタッフの能力強化が必要とされている。
 本プロジェクトで構築される研修モデルは、既存の研修コースではカバーしきれない実務レベルの技術向上までを補った研修モデルを策定することが中央保健省より要請されているが、近隣国における活動の成果を相互学習することを通じ、今後の南部アフリカ地域の医療機器保守管理能力の向上に貢献することが期待される。


上位目標


プロジェクトで収集された医療機器保守管理のグッド・プラクティス・モデルにより、南ア、および南部アフリカ地域の医療機器保守管理業務が改善する。


プロジェクト目標


南アのパイロット州以外に適用可能な、医療機器保守管理能力向上のための包括的モデルが作成され活用される。


成果


1. パイロット州においてその効果が立証された医療機器保守管理研修パッケージ・モデルが作成される。
2. パイロット州において医療機器保守管理に係る組織の実施体制が強化される。
3. 医療機器保守管理のための包括的モデルを他州で利用する環境整備が行われる。


活動


1-1 医療機器保守管理パイロット研修案作成チームを編成する。 
1-2 医療機器保守・修理に携わるスタッフのレベル、取り扱い機材、および必要研修項目を分類し、具体的な研修ニーズを把握する。 
1-3 既存の医療機器保守管理研修(技術研修、および管理研修)の内容を調査する。 
1-4 パイロット地域における医療機器保守管理実施状況のギャップ調査、およびSWOT分析を行い、調査・分析の結果を文書化する。
1-5 活動1-2から1-4をまとめ、パイロット研修案作成に先立ち(医療機器保守管理部門代表者に対する)ワークショップを開催する。 
1-6 既存の研修プログラムを基盤としたパイロット研修用のカリキュラム、教材等のパッケージを策定する。 
1-7 研修実施体制を確立する(トレーナー研修も含む)。
1-8 パイロット研修を実施する。 
1-9 パイロット研修を評価し、必要な修正を行う。 
1-10 研修後のフォローアップ指導(OJT)を実施する。 
1-11 パイロット研修評価結果、および研修修正案を全国協議会で検討する。 
1-12研修内容をさらに修正してモデル研修プログラムを完成させる。

2-1 持続可能な医療機器保守管理システムのフレームワーク案(模範的基準、および(機材リファラルの)手順規約、評価ツール、指標を含む)をパイロット州で作成する。 
2-2 パイロット州において、医療機器保守管理に関する政策決定体制を確立させる。 
2-3 持続可能な医療機器保守管理システムのフレームワーク案を試運用する。 
2-4 システム・フレームワークの機能をモニターし、報告書を作成する。 
2-5 (モニター結果を踏まえ)システム・フレームワーク案に必要な修正を行う。 
2-6 システム・フレームワーク案を他州に紹介する。 
2-7 パイロット州で医療保守管理地域協議会を開催し、プロジェクト(パイロット研修、医療機器保守管理システムのフレームワーク案構築等)に関するディスカッション・フォーラムを実施する。 
2-8 (活動2-7、2-8を通し)他州の経験を収集する。 
2-9 医療機器保守管理地域協議会を開催し、各国の医療機器保守管理実施情報と知見の共有を図る。 
2-10 持続可能な医療機器保守管理システムのフレームワークに必要な修正を加えて完成させる。

3-1 南ア国内他州の医療機器保守管理システムの状況を調査する。 
3-2 プロジェクトで作成される、また収集される研修、および医療機器保守管理体制に関する情報公開のためのウェブ・サイトを構築する。 
3-3 プロジェクトで作成される研修カリキュラム等が他州でも広く利用できるよう、知的財産権を明確にする。


投入




日本側投入


・長期専門家:1名(医療機器保守管理)
・現地専門家:2名(政策アドバイザー、技術アドバイザー)
・機材(車輌、専門家用PC、データベース・ソフト、医療機器保守管理関連機材等)
・研修、ワークショップ経費
・ウェブ構築経費
・その他、在外事業強化費


相手国側投入


・カウンターパート人員:プロジェクト管理者、研修講師、技術移転対象スタッフ
・施設:専門家事務所、研修施設、ワークショップ施設
・ローカル・コスト:研修・ワークショップ経費、管理費
・その他:ガイドライン、研修教材


外部条件


1. プロジェクト成果を全国普及させるため中央保健省のコミットメントを持続できる。
2. 南ア各州の医療機器保守管理マネージャーがプロジェクト成果を全国普及させるための活動に協力的である。
3. パイロット地域の研修対象者の多くが、研修後に国外流出しない。
4. 政府のヘルス・テクノロジー・システムに関する政策に大きな変化が生じない。
5. プロジェクト終了後に中央保健省が国の医療機器保守・修理リファラル・システム構築のための取り組みを継続する。
 


実施体制




(1)現地実施体制


・中央保健省
・東ケープ州保健省


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


無償資金協力による医療機材供与(1999年~2004年)


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Sep.06,2016







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0604916


Title


Capacity building in Medical Equipment Maintenance and Management for Southern Africa






Country


SOUTH AFRICA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-Health System


Field 2


Poverty Reduction-Poverty Reduction


Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


-


Program Number


5399999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site


Eastern Cape Province





Mar.03,2009
Term of Cooperation2009/06 ~2013/03


Implementing Organization


National Department of Health, Eastern Cape Provincial Department of Health


Background


In 1999, the Minister of Health together with the nine Provincial members of Executive Committees for health and representatives of local government adopted the Ten Point Plan as the Health Sector Strategic Framework for 1994-2004. The vision is "a caring and humane society in which all South Africans have access to affordable, good quality health care"
During 2000, the Department of Health (DOH) and other stakeholders began a process of aligning the Health Goals, Objectives and Indicators with the Ten Point Plan. The DOH has realized that transformation of the health system and resulting improvements in health status will not be accomplished easily and quickly. To extend access to primary health care services to all South Africans, a decision was taken to build some of 500 new clinics and promoting comprehensive primary care at clinic level.
In 2001 the DOH, based on the thinking of the National Planning Framework, decided to pool and channel funds as part of an integrated planning approach; addressing all the health technology components relating to hospital services delivery. A national conditional grant was created and called the "Hospital Revitalization Grant" in which all components i.e. health technology, infrastructure, quality and human resources had to be addressed if they were to be accepted for funding. Donor funds also would be subjected to the same criteria and the focus of any donor projects now would include management development and skills enhancement.
In 2006, new national development policy called ASGISA (Accelerated and Shared Growth Initiative for South Africa) was launched and JIPSA (Joint Initiative for Priority Skills Acquisition) initiative, which supports ASGISA from the point of human resouces development, indicated the importance of capacity development in the field of health industry including health infrastructure management.
The latest "Strategic Plan 2007/08-2009/10" for health sector published in 2007 describes clinical engineering and infrastructre improvement and relating capacity building as one of the ten priority areas for "Health Sector Strategic Framework 2000-2004".


Overall Goal


Good practice models in South Africa make an impact on the improvement of MEM&M practices in the country


Project Purpose


A holistic provincial model to improve MEM&M is developed, which is applicable for the other Provinces in South Africa


Output


1. MEM&M training package is developed in the pilot area based on evidence of the effectiveness of a training package model.
2. The organizational structure of MEM&M in the pilot province is reinforced.
3. Enabling environment is prepared to disseminate the MEM&M improvement model


Project Activities


1-1 Establish a team for MEM&M pilot training course development
1-2 Categorise levels and subjects for target groups and types of equipment
1-3 Study on the existing training courses for MEM&M
1-4 Conduct a Gap and SWOT analysis, and document the analysis results
1-5 Carry out a Consultative Workshop
1-6 Refine the existing training curricula; Develop training packages (TUT, UCT, UNISA etc)
1-7 Develop the training programmes including resource person/s and supporting institute/s - (train the trainers)
1-8 Conduct pilot project training
1-9 Evaluate pilot project training and modify the course content (ongoing)
1-10 Carry out OJT as the post-training follow-up
1-11 Conduct a Consultative Workshop – The Way Forward
1-12 Finalize a provincial MEM&M training package model

2-1 Develop a draft framework for a sustainable MEM&M system (including normative standards / protocol where possible and an assessment tool and indicators) for the province
2-2 Establish an appropriate decision making structure for MEM&M in the pilot province
2-3 The framework for a sustainable MEM&M system is in place (as a trial)
2-4 Monitor the function of the framework and generate a monitoring report
2-5 Modify the framework for a sustainable MEM&M system
2-6 Disseminate a draft framework to the other provinces
2-7 Conduct a Consultative Workshop on site – Discussion Forum on project
2-8 Gathering experience and evidence from other Provinces
2-9 Organise a regional workshop to report on comparative MEM&M assessments
2-10 Finalize a model of an MEM&M organizational structure

3-1 Conduct research on MEM&M systems in non pilot areas programme information and materials)
3-2 Website development, hosting and content discussion for the dissemination of project
3-3 Clear IPR (Intellectual Property Rights) for broader utilization of the training model


Input Summary byJapanese Side


1. Long-term Expert
2. Local Consultants
3. Equipments
4. Local Operation Costs (workshops, trainings, studies, etc.)






Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side


Grant Aid Projects for "Improvement of Medical Equipment for Primary Health Care Institutions in Eastern Cape Province" 1999-2005


(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

報告書(中間レビュー調査報告書)(外部公開)2013/11/05
報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2013/11/05

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


06/07/2009
03/06/2013