更新日2017/06/20
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



1103575

プロジェクトID(旧)


 


915


東アジア




対象国名


中華人民共和国


12010












対象国(その他)







 





案件名(和)


労働保障監察プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20130117日20160116日
 









分野課題1


社会保障-労働・雇用関係


分野課題2




分野課題3




分野分類


社会福祉-社会福祉-労働

 





プログラム名


中央におけるガバナンスの強化プログラム


プログラムID


0330000000025


援助重点分野


改革・開放支援


開発課題


健全な社会発展の実現






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)労働保障監察プロジェクト




(英)Project for Labor and Social Security Inspection

 





対象国名


中華人民共和国


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2012/11/21
 


プロジェクトサイト


北京
パイロットサイトは、陝西省、湖北省、黒竜江省、山東省、雲南省、天津市
 
協力期間20130117日201601月 16日
   


相手国機関名


(和)

人力資源・社会保障部労働監察局


相手国機関名


(英)

Ministry of Human Resources and Social Security









日本側協力機関名


厚生労働省
 


プロジェクト概要




背景


中華人民共和国(以下「中国」)では、全面的な市場メカニズム導入を契機とする1992年以降の急速な経済発展に伴い、企業は国内および国際社会における競争に対応する必要に迫られるようになった。そのような状況の中、従来の硬直的な労働管理制度(固定工制度)から労働契約制度への転換が求められ、中国政府は1994年に労働法を制定した。しかしながら同法制定以降、労働紛争の増加が顕著となり、近年は主に以下①~③の面における、労働監察制度の強化に取り組んでいる。
①法制度整備(労働契約法、雇用促進法、労働社会保障監察規則などの法規則。労働保障の法的責任、監察管轄、監察手続、報告申立、雇用者報告審査などの制度など)
②執行の強化(定期監察、報告申立調査、雇用者報告審査など)
③組織体制の整備(省・地級市・県の各レベルの労働社会保障監察署計3291ヶ所の設置、常勤監察官2万3千人及び非常勤監察官2万8千人の雇用など)

 著しい経済発展の最中、今後はさらに積極的・予防的な監察姿勢への移行、農村部小規模企業への監察対象拡大、雇用形態多様化に伴う権利侵害の複雑化などへの対処が求められているが、監察情報システムの整備、監察官採用予算の手当、監察員に対する研修内容等は地方ごとに大きなばらつきがあり、労働監察基準の統一化等、労働監察制度の更なる強化の必要に迫られている。

 上記の課題に対し、中国政府は監察情報管理のパイロット事業、重大侵害対策、監察官の監督、組織間チーム構成、セミナー、研修などに取り組んでいるが、更なる改善を目指す中で、中国政府(人力資源・社会保障部労働監察局)は我が国に、労働保障監察(日本の労働基準行政に該当)に係る協力を要請した。


上位目標


中国の労働保障監察能力が強化される。


プロジェクト目標


労働保障監察能力を向上する基盤が強化される。


成果


1労働保障監察に関する研修を実施するための基盤が強化される。
2.パイロット省の労働保障監察員の業務能力が向上する。
3.労働保障監察の業務運営能力が向上する。


活動


1-1 中国の労働保障監察の現状を把握する。
1-2 日本の労働基準監督に関する勉強会を開催する。
1-3 行政官研修を実施する。
1-4 研修講師のための研修を行う。
1-5 研修体系を改善する。
1-6 特定分野の研修カリキュラムを整備する。
1-7 特定分野の研修教材を整備する。
2-1 労働保障監察員資格研修を実施する。
2-2 労働保障監察員在職者研修を実施する。
2-3 職務執行能力向上に関する勉強会を開催する。
3-1 各級労働保障監察機関の責任者に対する研修を実施する。
3-2 パイロット省にて業務改善施策を試行する。
3-3 活動の成果を全国展開するための勉強会を開催する。


投入




日本側投入


1) 専門家
 長期:チーフアドバイザー/労働基準監督行政 36MM
 短期:必要に応じてその他の専門分野
2) 通訳/秘書
3) 本邦研修
   行政官研修 10人×2回
   講師研修  15人×3回
4) 現地研修開催費用の一部
5) カリキュラム・教材作成費用の一部
6) 中国国内勉強会開催費用の一部


相手国側投入


1) 人員配置
 プロジェクト・ダイレクター(人力資源・社会保障部国際合作司司長級幹部)
 プロジェクト・執行ダイレクター(人力資源・社会保障部労働監察局局長級幹部)
 人力資源・社会保障部、労働科学研究所、パイロット省の労働保障監察機関の職員
2) 施設:専門家執務スペース
3) 経常経費:プロジェクトに関係する職員の人件費、国内旅費、光熱・水道費等
4) 現地研修開催費用の一部  (中央:責任者研修、地方(6カ所):資格研修、在職者研修)
5) カリキュラム・教材作成費用の一部
6) 中国国内勉強会開催費用の一部


外部条件


1)プロジェクト目標達成の外部条件
・省級労働保障監察機構が労働保障監察員資格研修と労働保障監察員在職者研修を継続して行う。
・人力資源・社会保障部が労働保障監察機関の責任者に対する研修を継続して行う。
2)成果達成の外部条件
・省級労働保障監察機構が研修や業務の改善に取り組む。
・労働保障監察の業務量・範囲を大きく増大するような法制度の改正や経済的事象が起きない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


人力資源・社会保障部(人社部)が実施機関となり、人社部国際合作司司長級幹部が総括責任者(プロジェクト・ダイレクター)に、人社部労働監察局局長級幹部が実施責任者(プロジェクト・執行ダイレクター)としてプロジェクトの運営にあたる。
さらに、上述機関の他、労働科学研究所、パイロット省・市の労働保障監察機関の職員がカウンターパートとしてプロジェクトを実施する。
 パイロットサイトは陝西省、湖北省、黒竜江省、山東省、雲南省、天津市とし、研修実施にあたっては、各省・市の人力資源・労働保障庁、労働保障監察機関が日本人専門家や人社部等の協力を得つつ主体的に事業を実施する。


(2)国内支援体制



厚生労働省
社会保障分野課題別支援委員会

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


中国では労働分野で粉じんや有機溶剤等による職業病に対する作業環境管理・健康管理を強化することを目的に「職業衛生能力強化プロジェクト」を実施している(2011年3月から2016年3月)。同案件の実施機関は国家安全生産監督管理総局や衛生部であり、本プロジェクトの実施機関とは異なるが、同じく労働者の権利保護のためのプロジェクトであり、相乗効果が期待できる


(2)他ドナー等の援助活動


ILO及び米国が以下のプロジェクトを実施済であり、本プロジェクトは他ドナーが実施したプロジェクトの成果(研修カリキュラム等)をさらに発展させることが望まれる。

ILO:労働監察サービス強化プロジェクト(期間:2010.1-12、拠出国:ノルウェー、対象:中国を含む五か国、内容:研修モジュールの開発、省レベルの労働監察員向け研修の講師育成(TOT)、ILO国際研修センター(イタリア・トリノ)、フランス、スペインでの研修等。)
米国労務省:U.S.-China Labor Law Cooperation Project(期間:2002-2007年、対象:中国人社部、内容:労働監察研修カリキュラム作成、省向け研修(2回)、労働保障監察条例制定にあたり米国へのスタディツアー、中国でのワークショップ開催、長期専門家派遣)

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00138







Project Headquarters in charge

As of


Jun.20,2017







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1103575


Title


Project for Labor and Social Security Inspection






Country


CHINA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Social Security-Labour and Employment


Field 2




Field 3








Sector


Social Welfare Services-Social Welfare Services-Labor






Program Title




Program Number


0330000000025


Cooperation Priority Area




Development Issue








Project Site







Nov.21,2012
Term of Cooperation2013/01 ~2016/01


Implementing Organization


Ministry of Human Resources and Social Security


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

報告書(詳細計画策定調査報告書)(外部公開)2014/04/01
報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2016/05/16

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


01/17/2013
01/16/2016