更新日2016/06/18
地球環境部

プロジェクト基本情報







20210


























主管区分


本部


本部/国内機関


00153_地球環境部


在外事務所






 


案件番号



0800122

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


タイ


11060












対象国(その他)







 





案件名(和)


環境汚染物質排出移動量登録制度(PRTR制度)構築支援プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20110306日20160314日
 









分野課題1


環境管理-大気汚染・酸性雨


分野課題2




分野課題3




分野分類


計画・行政-行政-環境問題

 





プログラム名


環境・気候変動対策


プログラムID


0180000000023


援助重点分野


持続的な経済の発展と成熟する社会への対応


開発課題


環境・気候変動対策






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)環境汚染物質排出移動量登録制度(PRTR制度)構築支援プロジェクト




(英)The Development of Basic Schemes for PRTR System in Kingdom of Thailand

 





対象国名


タイ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/07/08
 


プロジェクトサイト


ラヨン県
 
協力期間20110306日201603月 14日
   


相手国機関名


(和)

天然資源環境省公害規制局


相手国機関名


(英)

Pollution Control Department, Ministry of Natural Resources and Environment(PCD)









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


タイ国では、工業化や都市化の進行を背景に深刻な大気汚染問題を抱えている。この問題に対しタイ国天然資源環境省公害規制局(PCD)では、硫黄酸化物や浮遊粒子状物質などの伝統的な大気汚染物質について環境基準値を設け、バンコク首都圏を中心に全国でモニタリングを行い、大気汚染対策に取り組んでいる。
 また、光化学オキシダントの生成の原因となる物質の一つとして知られている揮発性有機化合物への対策として、先般JICAが実施した「環境基準・排出基準設定支援プロジェクト(揮発性有機化合物::VOCs)」(2006年2月~2008年2月)では、対象となる大気汚染物質の体系的なモニタリングを実施し、環境基準の設定を図った。このプロジェクトによりVOCs対策は一定の成果を挙げたことから、現在タイ国は対策の次のステップである、化学物質のリスクの包括的管理や環境情報の提供、普及について取り組み始めた状況にある。
 一方、石油化学コンビナートが中心となるマプタプット工業団地では、原因不明の大気汚染で隣接する小学校の児童・教師数十人が緊急入院するという事件(以下マプタプット問題)が起きている他、地域住民から悪臭に対する苦情が多発しており、行政および工業団地内企業に対して地域住民が訴訟を起こすなど、環境政策に対して強い社会的圧力がある。しかしPCDは、タイ国内の化学物質排出量・移動量を把握できず、策定した環境基準に基づき化学物質対策を継続的に実施できるような状況にはない。
 以上の背景からタイ国政府は、事業者による化学物質の自主的な管理の改善を促進し、化学物質による環境保全上の支障を未然に防止するため、社会、文化等の類似点が多く、Pollutant Release and Transfer Register(PRTR)制度の経験・知見が豊富な我が国に対して、PRTR制度構築支援に関する技術協力プロジェクトを要請し、わが国政府は本要請を採択した。詳細計画策定調査の協議議事録(M/M)の署名は2010年4月1日に、討議議事録(R/D)の署名・交換は2010年7月8日に行われ、2011年3月6日からプロジェクトは開始された。


上位目標


環境汚染物質排出移動量届出制度が確立され、実施される。


プロジェクト目標


PCD及びDIWスタッフの能力が、PRTR調査をプロジェクト対象地域で実施する上で必要な水準まで強化される。


成果


【成果1】タイにおけるPRTR制度の基本設計が立案される。
【成果2】事業所の排出量届出制度が策定される。
【成果3】点源の排出量・移動量集計のための能力が強化される。
【成果4】非点源の排出量推計のための能力が強化される。
【成果5】初期評価を含めたPRTRデータ利用の重要性が理解される。
【成果6】リスクコミュニケーションの重要性が理解される。


活動


1-1.基本設計の作成(基礎調査、サンプル調査、パイロット調査の実施に向けた対象化学物質及び業種の選定、パイロット調査の実施計画レポート)
1-2.プロジェクトのための情報収集
1-3.プロジェクトのアクションプラン策定
1-4.PRTR制度の基本設計作成
1-5.パイロット調査の実行
1-6.PRTR制度の推進に向けた実行計画策定
1-7.最終セミナーの準備・発表
1-8.成果1のサマリーレポート作成

2-1.点源の対象となる対象業種、事業規模の選定
2-2.準備段階の届出書式、届出制度の構築
2-3.届出書式、届出制度に関する啓蒙セミナー
2-4.届出書式の送付
2-5.パイロットエリアにおける届出制度の適用
2-6.届出データの収集、整理
2-7.外部公表方法の決定
2-8.タイ国全土に適用するための書式案、届出制度案の策定
2-9.成果2のサマリーレポート作成

3-1.点源排出量集計マニュアル(素案)の作成
3-2.政府関係者及び関係機関を対象にした、点源排出量の集計能力強化
3-3.政府関係者及び関係機関向けワークショップによる、集計マニュアルのための能力強化
3-4.届出データの収集、整理、データベース作成
3-5.パイロットエリアにおける点源排出量の集計
3-6.点源排出量集計マニュアル(改訂版)の作成
3-7.排出量集計能力強化のための工場ワークショップ
3-8.成果3のサマリーレポート作成

4-1.非点源排出量推計対象カテゴリーの選定
4-2.排出係数及び活動量データの基本情報収集(例、自動車交通量、塗料統計、農薬統計)
4-3.非点源排出量推計マニュアル(素案)の作成
4-4.政府関係者及び関係機関を対象にした、非点源排出量の推計能力強化
4-5.パイロットエリアにおける非点源排出量の推計
4-6.非点源排出量推計マニュアル(改訂版)の作成
4-7.政府関係者及び関係機関を対象にした、非点源排出量推計ワークショップの実施
4-8.成果4のサマリーレポート作成

5-1.初期評価を含むPRTRデータ利用に関する、国内外のケーススタディ紹介
5-2.PRTRデータ活用に向けたモデル(例、濃度モデル)やツールの利用及び可能な開発
5-3.PRTRデータを活用した(対象業種の初期評価を含む)ケーススタディの実施
5-4.政府や民間を対象にした、初期評価を含むPRTRデータ利用のためのモデルトレーニング
5-5.成果5のサマリーレポート作成

6-1.政府関係者及び関係機関を対象にした、リスクコミュニケーション手法の能力強化
6-2.政府関係者及び関係機関を対象にした、リスクコミュニケーション・ワークショップの実施
6-3.成果6のサマリーレポート作成


投入




日本側投入


-以下の分野の専門家の派遣
1. 総括/環境汚染物質排出移動量届出制度の設計
2. 化学物質管理
3. 点源排出量推計/点源排出量届出システム構築
4. 非点源排出量推計
5. 社会配慮及びリスクコミュニケーション

-「環境汚染物質排出移動量届出制度」に関する本邦研修の実施(2~3名/年)


相手国側投入


事務所スペースの提供及びプロジェクト実施に必要なローカルコストの負担
カウンターパートの配置


外部条件


パイロットプロジェクトを実施するエリアの地方自治体、工場、業界団体からの協力が維持されること。
 


実施体制




(1)現地実施体制


プロジェクトダイレクター
 天然資源環境省公害規制局(PCD)及び工業省工業局(DIW)の局長

プロジェクトマネージャー
 天然資源環境省公害規制局(PCD)、工業省工業局(DIW)及び工業団地局IEATの副局長

それぞれの組織からC/Pが配置される予定


(2)国内支援体制


環境省及び経済産業省から助言やコメント等がされる支援体制を構築

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


1)我が国の援助活動
 JICAの技術協力プロジェクト「環境基準・排出基準設定支援プロジェクト(揮発性有機化合物VOCs)」(~2008年2月)において、優先取組揮発有機化合物の環境基準及び排出基準の設定にかかる支援が行われた。

2)他ドナー等の援助活動
 JETROは、タイ産業連盟に所属する企業約120に対して、チュラロンコン大学と共同で、化学物質等安全データシート (MSDS)を紹介し、啓発ワークショップを実施した。JETROの同活動は、PRTR制度の導入に向けて相乗効果が期待できるものである。


(2)他ドナー等の援助活動


GTZの協力により、DIWでは、工業団地を除いた全国の事業所に対して有害大気汚染物質を対象とした届出システムを構築している。多くの化学物質が同届出システムの対象となっているものの、PRTR制度の対象と想定される化学物質は網羅されておらず、有効性が限定されると判断される。
 UNITARは、ASEANを対象にPRTR制度の基本概念・導入手続き、排出量データに関する啓蒙セミナー等を実施している。この協力は、PRTR制度の概要や手続きに関する、関係機関へのPRTR制度の理解を深める活動を支援するものであり、本プロジェクトによる技術移転効果を更に高めるものである。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
00153







Project Headquarters in charge

As of


Jun.18,2016







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


0800122


Title


The Development of Basic Schemes for PRTR System in Kingdom of Thailand






Country


THAILAND






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Environmental Management-Air Pollution/Acid Rain


Field 2




Field 3








Sector


Planning/Government-Government-Environment Issue






Program Title


Environment and climate change


Program Number


0180000000023


Cooperation Priority Area




Development Issue


Environment and climate change






Project Site


Rayong Province





Jul.08,2010
Term of Cooperation2011/03 ~2016/03


Implementing Organization


Pollution Control Department, Ministry of Natural Resources and Environment(PCD)


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

PDM(外部公開)2009/02/08
R/D(外部公開)2010/07/08
プロジェクトホームページ(日本語) 2011/09/06
プロジェクトホームページ(英語) 2011/09/06

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


03/06/2011
03/14/2016