更新日2015/05/15
南アフリカ共和国事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00468_南アフリカ共和国事務所


本部/国内機関






 


案件番号



1000625

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


アンゴラ


41470












対象国(その他)







 





案件名(和)


ジョシナ・マシェル病院及びその他保健機関の人材育成と一次医療の再活性化を通じた保健システム強化計画

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20111028日20141027日
 









分野課題1


保健医療-保健医療システム


分野課題2




分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


プログラム構成外


プログラムID


5579999999999


援助重点分野


-


開発課題


-






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)ジョシナ・マシェル病院及びその他保健機関の人材育成と一次医療の再活性化を通じた保健システム強化計画




(英)Project for Strengthening the Health System through Human Resources Development in Josina Machel Hospital and other Health Facilities and Revitalization of Primary Health Care in Angola

 





対象国名


アンゴラ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2011/07/01
 


プロジェクトサイト


ルアンダ市
 
協力期間20111028日201410月 27日
   


相手国機関名


(和)

保健省


相手国機関名


(英)

Ministry of Health









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


アンゴラ国(以下「ア」国)では長年に亘る植民地支配及び独立以降27年間続いた内戦の結果、2002年の内戦終結後10年となる現在においても、健康指標は劣悪な状態となっている。この要因として、公共医療サービスの質の低さ並びに公共医療システムの非効率な運用が挙げられる。前者については、医師・看護師・技師等の保健人材の絶対数の不足、技量・経験不足によるものであり、後者は1次医療機関から3次医療機関へのリファーラルが機能しておらず、第3次医療機関には本来第1・2次医療で受診するべき利用者が多く存在していることが指摘されている。現状、円滑な病院の運営及び効率的な公共医療機関の利用に支障を来している。「ア」国における公共医療サービスの質の根本的な改善、定着のためには、自立的かつ持続的な保健人材育成機能の確立とともに、公共医療サービスのリファーラル体制の確立が必要不可欠である。
 このような状況の下、我が国は「ア」国政府の要請を受け、ジョシナ・マシェル病院及び同病院が位置するルアンダ州の1次医療施設における人材育成機能強化、並びにルアンダ州における公共医療サービスのリファーラル体制の整備を目的とした技術協力プロジェクト「ジョジナ・マシェル病院・その他保健機関の人材育成と1次医療の再活性化を通じたアンゴラ国保健システム強化プロジェクト(ProFORSA)」の実施が開始された。


上位目標


アンゴラにおける保健医療の質が向上する。


プロジェクト目標


公共医療施設の協働体制の立ち上げ及び1次保健施設の再活性化を通じて、アンゴラ国の保健人材育成機能が強化される。


成果


1. 本プロジェクトの対象医療施設で構成される実施委員会が発足し機能し始める。
2. PROFORSAのアクションプラン(1次医療アクションプラン、3次医療研修計画)が作成され、アンゴラ保健省の人材育成計画の一環として公式に承認される。
3. 1次医療の再活性化に係るアクションプランが実施される。
4. 3次医療の人材育成に係るアクションプランが実施される。
5. 対象分野において保健医療関係者が獲得した技術と知識が活用される。


活動


1-1 対象医療機関による実施委員会の設立
 1-1-1 実施委員会を構成するキーパーソンの特定
1-2 実施委員会の開催

2-1 保健医療再活性化のための1次医療を中心にしつつ3次医療も併せたアンゴラ保健システムの実態把握
 2-1-1 アンゴラ保健システム、利用可能なデータ・情報の調査及びシステム化
 2-1-2 実施委員会における現状把握プレゼン、討論、承認
2-2 1次医療再活性化の研修計画のサブコンポーネントの討議及び準備
2-3 1次医療再活性化と統合した3次医療に関する研修計画のサブコンポーネントの討議及び準備
2-4 PROFORSAのアクションプランの準備
2-5 アンゴラ保健省によるアクションプランの公式化

3-1 4保健センターの研修参加者プロフィールの作成
3-2 カリキュラム・スケジュールの作成、教材の選定
3-3 各分野のマルチプリケータの選定
3-4 OJTを含むマルチプリケータのアンゴラ、ブラジル、日本でのトレーニング
3-5 OJTを含むアンゴラ、ブラジル、日本での保健人材向け研修コースの実施
 3-5-1 研修実施のための教材・機材の調達・供与
 3-5-2 1次医療人材に関する研修コースの開発
3-6 4保健センターにおける1次医療再活性化計画の実施

4-1 ルクレシア・パイム産科病院及びジョシナ・マシェル病院からの研修参加者のプロフィールの作成
4-2 カリキュラム・スケジュールの作成、教材の選定
4-3 各分野のマルチプリケータの選定
4-4 OJTを含むマルチプリケータのアンゴラ、ブラジル、日本でのトレーニング
4-5 OJTを含む保健人材向け研修コースの実施
 4-5-1 研修実施のための教材・機材の調達・供与
 4-5-2 3次医療に関する研修コースの開発

5-1 実施委員会による研修参加モニタリング・評価の実施
5-2 各コース終了後の報告書の作成、共有
5-3 専門家及びマルチプリケータによる研修参加者の実際の保健サービスにおける活動に対する指導監督


投入




日本側投入


・業務調整員の派遣
・現地国内研修等に係る短期専門家の派遣
・本邦研修の実施
・ブラジルでの研修実施に係るコスト(JBPPの枠組みによるコストシェア)
・再活性化対象保健センターでの活動に係る資機材等の調達
・アンゴラ国内での研修、トレーニング等の実施に係るコスト

※本プロジェクトはJBPP(日本ブラジルパートナーシップ)に基づくブラジルとの三角協力案件であり、上記に加えてブラジル政府負担による以下の投入を予定する。
・現地国内研修講師の派遣
・ブラジルでの研修・訓練実施に係るコスト(JBPPの枠組みによるコストシェア)


相手国側投入


・カウンターパートの設定
・プロジェクト実施に必要な施設・教材・情報等の提供
・日本側・ブラジル側専門家派遣に係る便宜供与
・マルチプリケータの活動に係る支援


外部条件


・アンゴラ保健省が保健人材育成に係る政策及び優先順位を変更しない。
・マルチプリケータが他の分野・課への異動もしくは退職等により、支援分野の業務から離れない。
・対象医療施設が平等かつ統合的にプロジェクト活動に参加する体制が維持される。
・日・伯・アンゴラが三角協力の枠組みでプロジェクトを実施することが確認される。
 


実施体制




(1)現地実施体制


アンゴラ国内における医療施設・担当省庁間の調整を先方実施機関(ジョシナ・マシェル病院)が行う。
アンゴラ国内における上記調整業務をアンゴラフィールドオフィスが支援する。
アンゴラーブラジル、アンゴラー日本間の調整を南ア事務所が行う。
ブラジル国内での援助機関との調整、ブラジル人専門家派遣、第三国研修の受入に係る調整をブラジル事務所が行う。
案件計画・評価、日本人専門家の派遣、本邦研修の受入について人間開発部が支援する。


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・現地国内研修「ジョシナ・マシェル病院機能強化研修」(2009年度終了案件):実施機関、研修対象者との連携
・フォローアップ協力「病院運営管理」「アフリカ地域(ポルトガル語圏)「医療器材維持管理・保守」」:協力裨益者との連携
・課題別研修「看護指導者育成」「アフリカ地域(ポルトガル語圏)「医療器材維持管理・保守」」:帰国研修員との連携


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


May.15,2015







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1000625


Title


Project for Strengthening the Health System through Human Resources Development in Josina Machel Hospital and other Health Facilities and Revitalization of Primary Health Care in Angola






Country


ANGOLA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-Health System


Field 2




Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


-


Program Number


5579999999999


Cooperation Priority Area


-


Development Issue


-






Project Site







Jul.01,2011
Term of Cooperation2011/10 ~2014/10


Implementing Organization


Ministry of Health


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


10/28/2011
10/27/2014