更新日2017/02/08
セネガル事務所

プロジェクト基本情報

































主管区分


在外事務所


在外事務所


00456_セネガル事務所


本部/国内機関






 


案件番号



1000734

プロジェクトID(旧)


 


500


アフリカ地域




対象国名


セネガル


41240












対象国(その他)







 





案件名(和)


タンバクンダ州及びケドゥグ州保健システムマネジメント強化プロジェクト

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20110301日20140228日
 









分野課題1


保健医療-保健医療システム


分野課題2




分野課題3




分野分類


保健・医療-保健・医療-保健・医療

 





プログラム名


ユニバーサルヘルスカバレッジ支援プログラム


プログラムID


6420000000004


援助重点分野


基礎的社会サービスの向上


開発課題


ユニバーサルヘルスカバレッジ支援






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)タンバクンダ州及びケドゥグ州保健システムマネジメント強化プロジェクト




(英)Enforcement of Management of Health System in Tambacounda and Kedougou

 





対象国名


セネガル


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/12/24
 


プロジェクトサイト


タンバクンダ州・ケドゥグ州
 
協力期間20110301日201402月 28日
   


相手国機関名


(和)

保健予防公衆衛生省


相手国機関名


(英)

Ministery of Health, Prevention and Public Hygiene









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


セネガル共和国(以下、「セ」国)は後発開発途上国(LDC)、低位人間開発国(144位/169国) に位置づけられ、貧困削減戦略文書(DSRPII 2006-2010)及び現在策定中の国家保健開発計画(PNDS 2009-2018)においては、ミレニアム開発目標(MDGs)の達成と貧困層への支援が重要視されている。タンバクンダ州及びケドゥグ州は「セ」国の東南部に位置し、約20万km2の国土の約1/3を占める広大な州であり、また貧困州の1つである(貧困率全国平均49%、タンバクンダ州・ケドゥグ州56%)、主要な保健指標は総じて悪い(例:5歳未満時死亡率(出生1,000対)では全国平均121に対して旧タンバクンダ州121 )。
日本は、2005年に「セ」国側とともに同2州を日本の保健分野の協力の重点地域と設定して、2007年から保健予防省とともに「タンバクンダ州及びケドゥグ州保健システム強化プログラム(2007-2011)」を実施している。これまで無償資金協力、技術協力プロジェクト、フォローアップ協力、専門家派遣、機材供与、本邦及び在外研修、青年海外協力隊派遣等の案件形成・実施を行ってきた。
プログラムの中でアクセス向上やお産の質の向上、住民への啓発活動が進められているが、同2州の限られた資金・人材リソースを効率的に活用して「保健サービス」を持続的に向上させるためには、医療施設を効果的・効率的に運用する必要があるとして、保健予防省から保健マネジメントの強化の重要性が指摘されていた。これを受け、2009年度は短期専門家派遣(計3名)を行い、計画策定にかかる研修等を実施したが、より効率的・効果的にマネジメント強化を行うには、技プロで実施する必要があるとして、2009年度要望調査時に「セ」国保健予防省より「タンバクンダ州及びケドゥグ州保健行政マネジメント強化プロジェクト」の要請が上げられた。


上位目標


タンバクンダ州及びケドゥグ州の住民の健康状態が向上する。


プロジェクト目標


タンバクンダ州及びケドゥグ州の州医務局及び保健区において、成果重視マネジメント能力が強化される。


成果


・州医務局及び保健区における計画策定及びモニタリング評価(M&E)の能力が向上する。
・州医務局及び保健区のリソース管理能力が向上する。
・プロジェクトの経験がタンバクンダ州及びケドゥグ州内外で共有される。


活動


1-1.州医務局及び保健区における保健情報システムのマネジメントを整理する。
1-2.州医務局及び保健区のPTA実行のための運営管理能力を強化する。
1-3.モニタリング評価結果に基づいて、保健区による現実的なPTAの策定を支援する。
2-1.5S-KAIZEN-TQM の導入を通して、保健区の人材の意識向上を図る。
2-2.各保健区の運営管理能力を強化する。
3-1.エンドライン調査を実施し、保健システムマネジメント能力向上に対するプロジェクトの介入効果を検証する。
3-2.プロジェクトの経験に関する文書類(ガイドライン類、マニュアル類及び必要な資材類を含む)を改訂・更新する。
3-3.プロジェクト成果の対象州内外への共有に向けた広報活動(中央レベルでのプロジェクト活動の発表、メディアの利用、ニュースレター発行等)を実施する。

※詳細はPDMのとおり。


投入




日本側投入


(1)日本人専門家(116.75MM):
・チーフアドバイザー/成果マネジメント/保健計画策定
・業務財務管理
・5S-KAIZEN-TQM
・モニタリング評価(M&E)
・保健情報システム
・他の必要な専門性を有する専門家
(2)供与機材:プリンター、コンピューター、コピー機、カメラ付き携帯電話機、プロジェクター等のプロジェクト活動に必要な資機材等、プロジェクト車輛
(3)研修:国外研修、「セ」国国内研修、その他必要な研修
(4)現地業務費


相手国側投入


カウンターパートの配置、業務スペースの確保


外部条件


・成果レベル:①トレーニングを受けたカウンターパートがプロジェクト成果達成に影響を及ぼすほど離職しない。
・プロジェクト目標レベル:①「セ」国側が適切にプロジェクト活動のための予算措置・人員配置を行う、②「セ」国側が、PTA実施に必要な予算措置を行う
・上位目標レベル:①「セ」国側が、プロジェクト成果を維持・発展するための予算措置・人員配置をタイミングよく行う、②国家保健開発計画(PNDS)及び中期支出枠組み(CDSMT)が変更されない、③保健人材開発計画(PNDRHS)が実践される。
 


実施体制




(1)現地実施体制


プロジェクトダイレクター:保健局長
プロジェクトマネージャー:タンバクンダ州医務局長、ケドゥグ州医務局長


(2)国内支援体制


なし

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・「保健システム強化プログラムフェーズ2(2012-2016)」の1コンポーネントとして実施中。
・保健社会活動省官房技術顧問として派遣中の保健行政アドバイザー専門家及び2012年11月より実施中の「母子保健サービス改善プロジェクトフェーズ2」と連携しながらプロジェクトを実施中。
・無償資金協力「タンバクンダ・ケドゥグ州保健施設整備計画フェーズ1」で建設した保健センターへのプロジェクト成果の普及。
・UNICEFマルチバイ連携
 H23イヤーマーク「Reduce child mortality through the implementation of a package of high impact interventions in two regions of Senegal:Tambacounda and Kedougou」
 H24イヤーマーク
「Implementation of a package of high impact interventions to improve maternal and child Health in the regions of Tambacounda and Kedougou(Senegal)」
 H24補正予算アフリカ災害対策人道支援「マラリア対策」「Reduce maternal, neonatal, infant and child mortality through Malaria Control in Senegal」
 保健情報システムマネジメント研修、計画立案・モニタリング評価能力向上研修、OGRIS研修等を連携して実施予定。


(2)他ドナー等の援助活動


・PAGOSAN/CTB、USAID、グローバルファンド
 PARSSが支援する2州を除く12州にてPTA研修及び2013年度PTA策定支援を実施済。
・PAODES/CTB(保険システム導入を支援)
 5州18保健区に5Sを導入予定。OGRIS導入についても将来的に検討。
・Abt/USAID(FBR導入を支援)
 7保健区で5Sを導入予定。
・FHI/USAID
 2州内の対象保健区で5Sの導入を将来的に検討。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet







Project Under Country Office's Control

As of


Feb.08,2017







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1000734


Title


Enforcement of Management of Health System in Tambacounda and Kedougou






Country


SENEGAL






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Health-Health System


Field 2




Field 3








Sector


Health/Health Care-Health/Health Care-Health/Health Care






Program Title


Universal Health Coverage Support Program


Program Number


6420000000004


Cooperation Priority Area


Improvement of Basic Social Service


Development Issue


Support for Universal Health Coverage






Project Site







Dec.24,2010
Term of Cooperation2011/03 ~2014/02


Implementing Organization


Ministery of Health, Prevention and Public Hygiene


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成22年度) (外部公開)2012/03/16
中間レビュー(平成24年度) (外部公開)2014/03/06
終了時評価(平成25年度) (外部公開)2015/01/30
報告書(詳細計画策定調査報告書)(外部公開)2013/08/20
報告書(中間レビュー調査報告書)(外部公開)2014/04/01
報告書(業務完了報告書(和・仏))(外部公開)2014/07/11
報告書(終了時評価調査報告書)(外部公開)2015/02/12

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


03/01/2011
02/28/2014