更新日2016/07/14
産業開発・公共政策部

プロジェクト基本情報







20225


























主管区分


本部


本部/国内機関


02144_産業開発・公共政策部


在外事務所






 


案件番号



1000207

プロジェクトID(旧)


 


910


東南アジア




対象国名


カンボジア


11070












対象国(その他)







 





案件名(和)


政府統計能力向上プロジェクトフェーズ3

 





スキーム







名称(和)


技術協力プロジェクト


Technical Cooperation Projects

 



協力期間20101001日20150930日
 









分野課題1


ガバナンス-統計


分野課題2




分野課題3




分野分類


計画・行政-行政-統計

 





プログラム名


法整備・行政機能プログラム


プログラムID


0210000000021


援助重点分野


ガバナンスの強化


開発課題


ガバナンスの強化






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)政府統計能力向上プロジェクトフェーズ3




(英)Project on Improving Official Statistics in Cambodia (Phase 3)

 





対象国名


カンボジア


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


2010/06/10
 


プロジェクトサイト


プノンペン市 計画省統計局
 
協力期間20101001日201509月 30日
   


相手国機関名


(和)

計画省統計局


相手国機関名


(英)

National Institute of Statistics, Ministry of Planning (NIS, MoP)









日本側協力機関名


総務省統計局
 


プロジェクト概要




背景


カンボジア国(以下、カ国)は内戦の影響により開発が遅れており、持続的成長と安定した社会を実現するため、グッド・ガバナンスの推進を重点分野に掲げ、開発政策の立案・モニタリングに活用可能な統計情報の整備を進めるべく政府統計の実施能力向上に取り組んできた。カ国の政府統計実施機関である計画省統計局(National Institute of Statistics:以下、NIS)は、人口センサスなど全数対象の政府統計調査実施経験が不足しており、能力向上が課題となっていたため、政府統計能力向上プロジェクトフェーズ1及び2では、2008年人口センサスの実施支援を通じてNISの人口センサス実施能力の向上を支援した。これら協力によりNISの能力は向上しつつあるものの、次回の人口センサス(2018年予定)まで、移転された技術・知識を維持することが課題である。
 カ国は、2011年に同国初の経済センサスを実施予定である。経済センサスは、カ国の事業所及び企業の経済活動の状態を調査し、全ての産業分野における事業所及び企業の従業者規模等の基本的構造を全国及び地域別に明らかにすること、各種統計調査実施のための基礎資料を得ることを目的とした調査である。人口センサスとは異なる専門技術・知識が必要であり、NISが経済センサスに必要な技術・知識を身につけることが喫緊の課題となっている。
 また、近年カ国は地方分権化を推進しており、州政府レベルでの政策立案・モニタリングのために統計情報の活用が期待されているが、州計画局の能力が低く州以下の行政単位の統計結果分析・提供が不十分なため、州政府レベル以下では政府統計情報が殆ど活用されておらず、州計画局の政府統計能力の向上に努める必要がある。
 こうした追加的課題に応えるため、カ国からの要請を受けて、我が国は2010年10月から、政府統計能力向上プロジェクトフェーズ3を実施している。


上位目標


NIS及び州計画局により有用な統計情報が提供され、中央省庁及び州政府の政策、計画、戦略等の立案・実施・モニタリングに活用される。


プロジェクト目標


NIS及び州計画局が、経済センサス、中間年人口調査、経済統計調査及びその他統計活動を実施する能力が向上する。


成果


1.NIS及び州計画局が経済センサスをはじめ政府統計調査に関する政府統計の計画、調査実施を行えるようになる。
2.NISが経済センサスをはじめ政府統計調査における集計・結果表作成を行えるようになる。
3.NISが経済センサスをはじめ政府統計調査における結果分析を行えるようになる。
4.NISが、経済センサスを始めとする政府統計調査結果の提供および政府統計に関する理解促進を行えるようになる。
5.NISが経済センサスに関する小地域統計を実施できるようになる。
6.州計画局が州レベル以下の行政単位における結果表の作成・公表を行えるようになる。
7.NIS及び州計画局が政府統計に必要な技術・知識を維持するための、仕組みが構築される。
8.NISおよび州計画局の調整能力が向上する。


活動


1.【計画・調査実施】
1-1 経済センサスおよびその他統計調査の企画及び調査の実施
1-2 経済センサスの統計調査の調査区設定の実施
1-3 経済センサスの統計調査の調査区の維持・管理
2.【集計、審査】
2-1 NISにおける経済センサスに関する統計調査の集計システムの構築
2-2 統計調査の集計の実施
2-3 統計調査の個別データの審査
2-4 統計調査の結果表の作成及び審査
3.【分析】
3-1 調査集計結果の分析
4.【結果提供】
4-1 経済センサス報告書の編集
4-2 経済センサス結果のCDの作成
4-3 経済センサス結果のウェブコンテンツの作成
4-4 経済センサス結果に基づく統計地図の作成
4-5 経済センサス結果に基づくセンサスアトラスの作成
4-6 主要関係省庁および州政府(計画局含む)に対する経済センサスの結果利用・分析に係る研修
4-7 2011年経済センサス結果公表時にワークショップを開催
4-8 2013年中間年人口センサス結果公表時にワークショップを開催
4-9 2014年経済統計調査結果公表時にワークショップを開催
4-10プロジェクト広報のためのセミナー開催
5.【小地域統計】
5-1 経済センサスのVillage別詳細集計システムの構築
5-2 中央省庁および州政府(計画局を含む)を対象とした、経済センサスのVillage別詳細集計結果の利用・分析に係る研修実施
6.【州計画局に対する研修】
6-1 NISのリージョナル・オフィサーを対象とした、州計画局研修のインストラクターになるための研修実施
6-2 2008年人口センサス及び2011年経済センサス(2009年事業所リスティング含む)データに関する結果表作成の研修実施
6-3 2008年人口センサス及び2011年人口センサス(2009年事業所リスティング含む)に関する結果提供についての研修実施
7.【ナレッジマネージメント】
7-1 政府統計調査詳細手続関連の文書の作成および維持・管理
8.【調整】
8-1 統計調査実施上必要とされる各種会議への参加


投入




日本側投入


1.専門家派遣 短期:7分野(チーフアドバイザー、集計/プログラミング、集計/審査、センサス/調査計画策定、結果分析、地図作成、小地域統計/業務調整)
2.供与機材:パソコン、プリンター、プロジェクター、コピー機等
3.研修員受け入れ:年間2~3名×1ヶ月


相手国側投入


1.カウンターパート人件費
2.施設・土地手配
3.統計調査実施経費一部


外部条件


・カンボジア政府が、2011年経済センサス、2013年中間年人口調査、2014年経済統計調査を延期または中止しない。
・必要な予算が確保される。
・プロジェクト目標達成のための外部条件
・カウンターパートが定着する。
・政策立案者が、統計情報の重要性を認識する。
 


実施体制




(1)現地実施体制


計画省統計局(NIS)職員 約300名
全24州の計画局統計担当職員 約150名


(2)国内支援体制


総務省統計局、総務省統計研修所、独立行政法人統計センター

 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


・「カンボジア政府統計能力向上計画フェーズ1」を実施。(2005年8月~2007年3月)
・「カンボジア政府統計能力向上計画フェーズ2」を実施。(2007年4月~2010年9月)


(2)他ドナー等の援助活動


・SIDA:社会経済調査(家計調査)支援。
・UNFPA:人口センサス支援は既に終了しているが、分析レポート慣行のため、短期専門家の派遣が時折行われている。
・WB: SIDAの家計調査結果を活用しつつ計画省計画局に対し貧困プロファイルの作成支援を実施している。
・UNDP: 最末端の行政レベル(村・地区-コミューン・サンカット)の毎年の行政データ(Commune Data Base)の収集、及び小地域でのとりまとめ支援を実施している。
・FAO:農業センサス(2013)の実施。

 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
02144







Project Headquarters in charge

As of


Jul.14,2016







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office








Project Number


1000207


Title


Project on Improving Official Statistics in Cambodia (Phase 3)






Country


CAMBODIA






Project Type


Technical Cooperation Projects






Field 1


Governance-Statistics


Field 2




Field 3








Sector


Planning/Government-Government-Statistics






Program Title


Program for Legal and Judicial Reform and Improving Function of the Public Administration


Program Number


0210000000021


Cooperation Priority Area


Strengthening of Governance


Development Issue


Strengthening of Governance






Project Site


Phnom Phen





Jun.10,2010
Term of Cooperation2010/10 ~2015/09


Implementing Organization


National Institute of Statistics, Ministry of Planning (NIS, MoP)


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク

事前評価(平成22年度) (外部公開)2012/05/16
中間レビュー(平成24年度) (外部公開)2014/10/08
終了時評価(平成26年度) (外部公開)2015/01/21
R/D((PDM、プロドク/PO含む))(外部公開)2012/11/19

 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


10/01/2010
09/30/2015