更新日2018/09/07
人間開発部

プロジェクト基本情報







20200


























主管区分


本部


本部/国内機関


00138_人間開発部


在外事務所






 


案件番号



1200139

プロジェクトID(旧)


 


200


北米・中南米地域




対象国名


コスタリカ


31070












対象国(その他)







 





案件名(和)


コミュニティーに根ざしたインクルーシブな開発

 





スキーム







名称(和)


個別案件(第三国研修)


Third-country Training

 



協力期間20121207日20150331日
 









分野課題1


社会保障-障害者支援


分野課題2




分野課題3




分野分類


社会福祉-社会福祉-その他福祉

 





プログラム名


その他個別の案件


プログラムID


2150000000023


援助重点分野


その他(青少年育成等)


開発課題


その他






実施状況


終了


備考



 

案件概要表

詳細を隠す:案件概要表案件概要表




 





案件名


(和)コミュニティーに根ざしたインクルーシブな開発




(英)Regional Course on Community-based Inclusive Development

 





対象国名


コスタリカ


対象国名(その他)


 


署名日(実施合意)


 


プロジェクトサイト


エレディア、ブルンカ地方
 
協力期間20121207日201503月 31日
   


相手国機関名


(和)

国家リハビリテーション特殊教育審議会


相手国機関名


(英)

National Council of Rehabilitation and Special Education









日本側協力機関名


 


プロジェクト概要




背景


2012年3月に終了した技プロ「ブルンカ地方における人間の安全保障を重視した地域住民参加の総合リハビリテーション強化プロジェクト」(通称:カロイエプロジェクト)(2007~2012年)の活動成果の1つにCBR(Community-based Rehabilitation)戦略の実践が挙げられる。CBRとはWHO、UNESCO、ILOにより「地域開発におけるすべての障害者のためのリハビリテーション、機会の均等、社会への統合のための戦略である。CBRは障害者自身、家族、地域社会の共同の運動、そして適切な保健、教育、職業、社会サービスによって実践される」と定義されており、多くの発展途上国で活動が展開されている。
 コスタリカ国(以下「コ国」)では、上記プロジェクト活動の結果、3つのコミュニティ(テラバ、プエルト・ヒメネス、サンビート)において、障害当事者を中心メンバーとするCBR地域委員会が形成された。CBR地域委員会メンバーは、既存の開発委員会(地域水管理組合、地域保健委員会、教育改善委員会等)と共同しながら当該コミュニティ開発における意思決定プロセスに深く関わるようになるなど、障害者の社会参画が大きく促進された。
 プロジェクトで実践されてきたこのような活動は「コミュニティに根ざしたインクルーシブな開発(CBID:Community Based Inclusive Development)」とコ国に解釈された。その過程で得られた教訓とグッドプラクティスは、類似した開発ニーズを持つ域内諸国にとって有益であり、障害者支援分野における我が国の協力成果を域内諸国に普及することが、コ国周辺の中南米諸国から期待されている。


上位目標


中南米諸国において、コミュニティーに根ざしたインクルーシブな開発が行われ強化される。


プロジェクト目標


技プロ「カロイエプロジェクト」の経験と成果の共有を通じて、研修参加国関係者によるコミュニティに根差したインクルーシブな開発が行われ強化される。


成果


(1)コミュニティに根差したインクルーシブな開発アプローチに関する概念の理解が促進され、研修参加者により具体的な
   アクションプランが策定される。
(2)研修参加各国において、アクションプランに基づき、研修参加者により、障害者の社会参加を促す諸活動が展開される。
(3)研修参加各国との人的・組織的ネットワークを確立し、情報と経験の共有化が図られる。


活動


【第三国研修割り当て国】
ドミニカ共和国、エルサルバドル、ホンジュラス、パナマ、コロンビア、チリ、ペルー、エクアドル、ベネズエラ、ブラジル、ボリビア(11ヶ国、各国1~2名の参加を想定)

【研修対象者】
障害者支援分野やリハビリテーション分野において5年以上の実務経験を有し、コミュニティ開発に関し意思決定を行う職位にある行政官及びNGOスタッフ、民間機関、大学関係者。


【研修内容案(各年)】
1.ICF(国際生活機能分類,International Classification of Functioning, Disability and Health)に基づいた、障害者の基礎的データシステム構築のための、情報収集用フォーマットである「連携ツール(Nucleo Basico) 」の活用
1-1. ICFの概要、特徴
1-2. 人権に配慮した障害者の統計システム構築に向けた省庁間・セクター間連携の取組み
1-3. コ国における連携ツールの活用事例:障害者の統計データ国家登録システムの導入                                                                         
2.人権を重視したコミュニティーに根ざしたインクルーシブな開発手法
2-1. 社会的弱者を含めた戦略としてのコミュニティー開発
2-2. コミュニティーに根ざしたプロジェクトの持続性:コミュニティーグループの参加と自立発展性
2-3. 人権に重きを置いた障害者のエンパワメント支援
2-4. JICA技プロ「カロイエプロジェクト」の成果:障害者の社会参加におけるインパクトの好事例

3.コミュニティーに根ざしたインクルーシブな開発に向けた障害行政
3-1. 障害者権利条約の適用
3-2. 関係省庁の役割分析と政策への反映
3-3. 障害者の社会参加と障害行政に対するインパクト
3-4. 他国における障害行政の成功事例のケーススタディー
3-5. 障害行政の発展プロセス


投入




日本側投入


【受入諸費(Invitation Expeses)】
- 航空賃(Air Fares)
- 宿泊費(Accomodation)
- 日当(Per-diem)
- 保険料(Medical Insurance)

【研修諸費(Training Expenses)】
- G.I.印刷費(G.I. Printing)
- 教材費 (Textbook)
- 現地交通費(Transportation)
- 消耗品購入費(Expendable Supplies)
- 開・閉講式の経費(Expenses for Opening & Closing Ceremonies)
- その他雑費(Others)

【在外研修講師】
研修講師派遣に係る:航空賃、日当、宿泊費、所属先補てん費(必要に応じて)、その他雑費


相手国側投入


CNREEスタッフ・講師配置に係る:人件費、国内交通費、宿泊費、教材作成費、保険料、通信費、文具費、会場借り上げ費、資機材費(パソコン、プリンター等)


外部条件


治安に関しては、通常の注意を怠らなければ特に問題はない。
 


実施体制




(1)現地実施体制


国家リハビリテーション特殊教育審議会(CNREE)が主体となって実施。


(2)国内支援体制



 





関連する援助活動




(1)我が国の援助活動


(1)技プロ「ブルンカ地方における人間の安全保障を重視した地域住民参加の総合リハビリテーション強化計画
プロジェクト」(通称:カロイエプロジェクト)(2007~2012年)の活動成果の域内普及を目指す後継案件にあたる。

(2)地域別研修「障害者自立生活」

(3)障害者支援分野における協力隊派遣(1979年~)職種:作業療法士、言語聴覚士、作業療法士、ソーシャルワーカー
   シニア海外ボランティア(バリアフリー建築)

(4)草の根技協パートナー型「コスタリカ自立生活推進プロジェクト」(2012年4月26日 ~ 2017年4月25日)
 本事業は、カロイエプロジェクトの成果5「障害者のエンパワメントを促進する」を深化させ、「自立生活推進」に焦点を
 絞り、カロイエプロジェクトの後継案件として実施中である。本第三国研修は一方で、障害者のエンパワメントに限らず、
 CBR戦略の促進も含めた、カロイエでプロジェクトで達成された成果全体を周辺の中南米各国に広げる取り組みである。
 従って、プロジェクト間で相互補完的な連携が望まれる。


(2)他ドナー等の援助活動



 

Project Outline / Aperçu du Projet
詳細を隠す:Project Outline / Aperçu du ProjetProject Outline / Aperçu du Projet
Human Development Department00138Human Development Department







Project Headquarters in charge

As of


Sep.07,2018







Overseas Office




Headquarters
Domestic Office


Human Development Department






Project Number


1200139


Title


Regional Course on Community-based Inclusive Development






Country


COSTA RICA






Project Type


Third-country Training






Field 1


Social Security-Support for Persons with Disabilities


Field 2




Field 3








Sector


Social Welfare Services-Social Welfare Services-Other Welfare Services






Program Title


Others


Program Number


2150000000023


Cooperation Priority Area


Others


Development Issue


Others






Project Site


Heredia, Brunca Region





Term of Cooperation2012/12 ~2015/03


Implementing Organization


National Council of Rehabilitation and Special Education


Background




Overall Goal




Project Purpose




Output




Project Activities




Input Summary byJapanese Side








Consultant Name








Dispatch of Study Team(s)

Team

From


To










































































Related Project




(1)Japanese side




(2)Collaboration with Other Donors








Remarks







 


詳細を隠す:レファレンスプロジェクトレファレンスプロジェクト




フラグ




コメント



 







各文書へのリンク


 

- 先頭へ戻る -

Copyright© Japan International Cooperation Agency

案件概要表


12/07/2012
03/31/2015